HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
新開発の金属切削用冷却装置(セミドライカットシリーズ)で“地球にやさしく”
株式会社 上野鉄工所 平成16年
企業概要
 1958年の創業以来、自動化、省力化設備の設計・製作を手がけてきた当社は、上野社長の進取性と卓越した設計技術力により顧客の信頼を得て度重なる不況期を乗り切ってきた。

 近年、地球環境の保護について世界的に関心が高まる中、切削加工におけるオイルミストや切削屑に付着して排出される切削油の軽減対策としてドライカッティングが普及し始めてきた。しかし、この方法では冷凍エアの使用等で設備が大がかりになりやすく、中小零細企業では採用が困難な面があり、また、既設の工場や設備への後付での変更が困難等の問題があった。

 折しも、関連の商社から人体無害の特殊な植物性オイルの潤滑効果を紹介された上野社長は、このオイルの潤滑性能と圧縮エア吹きつけによる冷却効果を組み合わせて、ドライカッティングに近い効果が得られるのではないかと考えて新しい装置の開発を進め、日本および米国における特許の取得にも成功した。

 開発された装置は各種展示会への出展や工作機械大手へのOEM(相手先ブランド製造)供給の開始などにより引き合いも増え、2004年度上期では18百万円(前年比2倍)の売り上げを見込んでいる。
代表取締役
上野 一氏
 
セミドライカット
その他の写真一覧

支援内容
 当社の今回の新開発に関し、次の支援を行なった。(2003年度)

 (1)事業可能性評価事業への評価申請を進め、所定の手続きにより「A」評価と認定され、マスコミ、金融機関等に紹介した。

 (2)BtoBドリームプロモーター制度(販路開拓・技術応用等を支援する要員の派遣)を活用し、同装置の販売先を紹介した。

 (3)大手自動車部品メーカーでの新技術展示会への出展をサポートした。

 (4)同装置の改良についてのアドバイスを実施した。

企業者の声
代表取締役
上野 一氏
 事業可能性評価で「A」評価をいただき新聞にも掲載されたことは、経営者である私はもとより全社員のモチベーション向上につながり、たいへん嬉しく思っています。また、企業評価の向上や実際の引き合い増加など、企業活動としてもたいへんプラスになっており感謝しています。

 BtoBドリームプロモーター派遣や展示会への出展等は営業力の乏しい小企業にとって力強い支援であり、県支援センターによるこのような支援は今後もぜひ継続して実施していただきたいと思います。

担当者の声
 当社のような地味ではあるが先進的な開発意欲や開発能力を持った中小企業はたくさんあると思う。これらの技術や製品を発掘し、市場とのマッチングを図ることも県支援センターに期待された役割と思う。当社のような好事例が増えるよう願っています。

企業基本データ
代表 代表取締役 上野 一
住所 岐阜県岐阜市六条北2−8−6
電話 058-272-7222
e-mail
URL
従業員 8名
業種 機械器具製造業
主要製品 各種仕上げ加工専用機、セミドライ切削補助装置