HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
日本一の保冷材メーカーの挑戦 〜非食品分野への新たな展開〜
株式会社 トライ・カンパニー 平成16年
企業概要
 当社は、生鮮食品や洋菓子などの鮮度保持に利用される「保冷材」関連で、全国シェアの3割を占めるトップメーカーである。

 設立は1990年。水産加工品用の保冷材製造からスタートした当社は、青果・果実・洋菓子など水産加工品以外の市場開拓を進めると同時に、保冷ベスト・ボディーケア商品などの非食品分野への応用製品も開発し、売上は順調に拡大していった。また、「温度管理」をする食品用保冷材を開発していく過程で、「抗菌」について研究するのは自然の流れであった。この分野でも、ワサビの抗菌効果を利用した保冷材や、光触媒により長期保存を可能とした防災用飲料水タンクを商品化しており、現在、医療関係製品も開発途上にある。

 当社の強みは、顧客ニーズや市場ニーズの収集・分析力とそれを商品化する開発力にあり、前述の商品群も、こうした「マーケットイン」の発想で開発されている。また、サービスにおいても同様であり、従来は未凍結で出荷していた保冷材を、凍らせた状態で納入先の指定時間に届ける「ジャスト・イン・タイム」サービスはその一例である。その他にも、消費者の環境問題への声に応え、表裏抗菌フィルムに水だけを充填した保冷材も開発した。更に、高機能化・高性能化を追求し、その結果、保冷性能を格段に向上させた保冷材専用水を充填することで、省資源化にも成功している。

 今後の課題は、生産量の拡大と商品アイテムの増加などにより、現在の工場・倉庫は既に手狭になっており、今後の事業拡大に向け、工場の移転・集約化が急務となっていることである。
防災用飲料水タンク「メデタンク」・・・阪神淡路大震災の被からの声を受け開発した。
その他の写真一覧

支援内容
 (1)中小企業の開発した新製品等を展示し、県内企業とバイヤー等とが出会う、「しずおか夢起業/新製品メッセ(1997〜1999年)」や「しずおか新産業技術フェア2004」による販路開拓の支援を行なった。

 (2)1996年と2002年の2度「中小企業創造活動促進法」の認定を受けている。特に、2002年の認定計画を進める上で不可欠な資金調達や共同開発について、ベンチャーキャピタル、金融機関、商社等とのビジネスマッチングの場である「しずおか夢起業プラザ」の発表者に選定し、ビジネスパートナーとの交流を支援した。

 (3)2003年、将来の株式公開に向け経営管理体制の指導を行なう「ベンチャー企業アドバイザー事業」により専門家の派遣を実施し、組織作りの強化等についてアドバイスを行なった。

 (4)2004年2月には、資本参加の形態により安定資金を供給し、研究開発・事業化の推進を支援する「スタートアップ資本整備事業」の対象企業として、当社に対し直接投資による支援を行なった。

企業者の声
営業担当の水田裕文副社長、高安るみ子社長、事業開発担当の山梨博郎専務
 直接投資を受け、研究開発を進めるうえで、大いに役に立てることができた。同時に、公的機関が株主になることで、取引先に対し信用を高めることもできた。今後も、様々な支援制度を有効活用し、更なる事業拡大を図っていきたい。

担当者の声
 高安社長の「やりたいことは、沢山ある。」という言葉に、社名の由来である「常にトライ(挑戦)するカンパニー(仲間)であること」という社訓が思い浮かび、今後どのような商品・サービス開発に挑戦し、他社と差別化を進めていくのか、大いに期待される。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 高安るみ子
住所 静岡県沼津市志下743
電話 055‐933‐5115
e-mail sales@trycompany.co.jp
URL http://www.trycompany.co.jp
従業員 26名(パート含む)
業種 保冷材等製造販売業
主要製品 食品鮮度保持用保冷材「キャッチクール」、無菌化水保冷材「パワーアイス」、防災用飲料水の長期保存・光触媒抗菌タンク「メデタンク」「アドタンク」、抗菌スプレー「M・Pコート」、使用済保冷材に添加する消臭剤「デオイーター118」、アイスまくら、アイシング用品、ノート型パソコン冷却装置「ねつとるばん」、童夢NSXチーム(GT500選手権)にクールベスト提供