HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
地場産業としてノンアルコールドリンクを商品化
株式会社 ルミエール 平成16年
企業概要
 当社の前身は明治18年に降矢徳義氏により創立された降矢醸造場である。降矢家は、仁明天皇の皇子守國親王以来約900年続いた家柄を誇る。昭和18年、 株式会社甲州園に改組。昭和51年、現社主塚本俊彦氏就任。平成4年6月、株式会社ルミエールに改名し今日に至る。

 この間、昭和42年モンドセレクション国際ワインコンクールにおいて、塚本氏の生産したワイン赤・白がともに金賞受賞(本邦初)、以後毎年金賞・特別賞等の受賞を続けている。その功績から、同氏は昭和58年に国際ワインコンテスト審査員に就任し、その後、リュブリアナ国際ワインコンテスト永久審査員に推挙されている。

 これらの経緯からも、当社製品は永く皇室・官邸に愛用され、また、欧州での知名度も高い。なお、平成5年11月には、山梨工場にイタリア製の最新式瓶詰ライン導入を完了している。現在は、果実酒、甘味果実酒、日本薬局方葡萄酒、ブランデー等幅広く製造販売している。 このうち、ワイン業界が海外商品に押されている現状の打開策として、高級ワインの特化を図りながら、新たな事業の柱として商品化したのが、その特性が健康に良いとされるワインヴィネガーである。「ワインのように食事中に楽しめる、ノンアルコールで健康的なヴィネガー飲料」をコンセプトに開発、新味なドリンクとして評価されている。山梨県で獲れる葡萄から生まれる地場産業となり、観光の活性化にもなるよう、企業経営に取り組んでいる。
シトロン シャワー(左)
ハイビスカス シャワー(右)

支援内容
 当社が目指す「地場産業におけるノンアルコール飲料の開発、商品化・事業化」について事業可能性評価を受けることとなり、その支援を進めた結果、「事業化の可能性あり」との委員会評価を得た。

 そこで、この事業に関連し、更に専門家派遣事業において農学博士を派遣し技術的支援を行うとともに、マーケティング調査も実施し販路面での支援も行った。

企業者の声
代表取締役社長
社主 塚本俊彦氏
 専門家派遣については非常に効果がありました。また、マーケティング調査については、ある程度の答え(結果)が出ましたが、実際に行う場合は費用が伴うためその費用を捻出していくことが課題と考えているところです。

担当者の声
経営支援課
主査 青木 秀明氏
 特に、商品化する上での技術開発支援の面で、専門家派遣事業は大変喜んでいただきました。

 中小企業支援センターでは、こうした技術的支援(研究開発・設備導入を含む)はもとより、創業支援、販路開拓・拡大支援、専門家派遣(その分野のエキスパートを登録)、事業可能性評価など様々な支援メニューを用意していますので、お気軽にお問い合わせのうえ活用してください。

企業基本データ
代表 代表取締役社長(社主) 塚本俊彦
住所 山梨県笛吹市一宮町南野呂624番地
電話 0553−47−0207
e-mail winery@lumiere.co.jp
URL http://www.lumiere.co.jp
従業員 23名
業種 酒類醸造業
主要製品 ワイン、ブランデー、ヴィネガー(ノンアルコール含む)等