HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
社員一丸となって「5S活動」を徹底、生産性が2倍に向上
有限会社 浜島製作所 平成16年
企業概要
 当社は、房総半島の南端の館山市にあり、主に県内の大手取引先から注文を受けて機械部品加工を営んでいるが、その特徴は、2代目の社長のもと社員の平均年齢が29才と大変若い会社であること、製品の品質が高精度であること、短納期でも対応が可能なこと、そして、顧客ニーズに合わせた加工単価や高度な加工の対応が可能なことである。

 このように、今では、品質、コスト、納期など、顧客側からの様々なニーズに対応できるようになったが、平成12年当時は、生産性が悪く、売上げもどん底の状態であり、大口の注文を受けた大手企業から、品質管理面で数多くの指摘を受けるような大変厳しい状況であった。

 当社から相談を受けたセンターのサブマネージャーは、現地の工場の状況を診断し、5S活動を、その中でも特に徹底的な「整理」の重要性をアドバイスし、そこから4年にわたるサブマネージャーと当社の二人三脚の改善活動が始まった。

 当社はアドバイスに従い、不要な機械・工具の廃棄、作業スペースおよび通路の確保、作業スペースを明確にするための床のペンキ塗りなどを早速実践した。すると、探しものなどムダな動きが少なくなり、生産性が上がるとともに、品質管理面も著しく向上し、取引先からの信頼も得られるようになった。

 その後も、定期的に診断を受け、受けたアドバイスは直ちに実践。今では、どん底だった時期に比べて、生産性は2倍以上になり、売上高も10倍近くアップした。また、工程管理が徹底されているため、クレームゼロ化も実現するなど大きな成果が上がった。今後も、社員が一丸となって、より高品質、複雑加工、小ロット、短納期に対応できるよう、さらなる向上を目指していく。
工場内部

支援内容
 当社が支援を求めた当時の工場内部は、整理が行き届かず、雑然とした状況であったため、機械中心ではなく、働く人間中心に見直すことが必要であった。 

 そこで、人が作業し易いよう、使っていない機械・工具などは廃棄して作業スペースを確保すること、床に自分たちでペンキを塗って作業スペースと通路を明確に区分することなど、5Sの中で、特に『整理』の重要性をアドバイスした。このように、無駄なお金をかけず、従業員が自らの手で改善活動を行なうことにより、作業環境の改善についての意識が向上して社員満足度を高め、生産性向上という効果を生んだ。

 その後も半年に1回定期的に訪問し、将来的な目標を具体的に示しつつ、その時の企業の活動状況に合わせて、工場の拡張や、バリ取り作業などネック作業の効率化から、事務所内の模様替え、従業員の勤務形態に至るまで、経営面・技術面など様々な面から総合的に診断・助言を行った。

企業者の声
代表取締役
濱島 修氏
 不要な機械を捨てたり、床にペンキを塗り分けしたりすることが、なぜ生産性向上につながるのか理解できなかったが、今は5Sの徹底がもたらす効果に驚いている。センターからその都度現状に合ったアドバイスを受けましたが、それが新たな改善目標になり、大変役立っています。

担当者の声
 働きやすい作業環境づくりのため、いわゆる「5S」は重要です。当社は、5Sの徹底が工場の生産性を劇的に高めた好例だと思います。直接現場に伺って診断・助言を行っていますので、是非ご相談ください。

企業基本データ
代表 代表取締役 濱島 修
住所 千葉県館山市東長田41−6
電話 0470−24−7723
e-mail hamasima@awa.or.jp
URL
従業員 15名
業種 金属加工業
主要製品 機械部品加工