HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
素材にこだわる「おいしさ」も原価計算から、経営戦略のネックも解決
株式会社 太陽社 平成16年
企業概要
 当社は、昭和26年の創業以来半世紀以上の歴史を持ち、和・洋菓子の製造販売を営んできた。菓子業界は、大手の攻勢や低価格競争、消費者の嗜好の多様化など、厳しい状況にあるが、このような環境の中で、安易な価格競争路線を排して本物志向の菓子作りを目指し、地元でとれた新鮮・安全な農産物を用いるだけでなく、水や塩に至るまでこだわった素材を用いることで、「お客様に感動を与えられる」菓子づくりを行なっている。千葉県優良県産品として推奨されている当社の主力商品「ピーナッツワインケーキ」や「落花生せんべい」などである。

 また、当社のこだわりは、「食」をとりまく環境にも向けられ、「人や環境にやさしいものづくり」のため、製造過程においても、添加物を減らして素材の味を活かす急速冷凍装置や、逆浸透膜浄水装置など、安全性を高め、無駄をなくすための様々な設備を導入してきた。そして、平成12年に県内菓子業界では初めて、ISO14001(環境マネジメント国際標準規格)の認証取得を達成した。

 このように「おいしさに愛をこめて」という当社のモットーを守りながら、菓子づくりにこだわる当社の姿勢は、地元の顧客のみならず、郵便局のギフトなどで広く消費者に評価され、売上げは順調に伸びており、今後一層の発展が期待される。
店舗 (お菓子のたいよう)
 
ピーナッツワインケーキ
その他の写真一覧

支援内容
 当社は、約80種類・約400品目と多種類の商品を製造しているが、個々の商品の原価が詳細に把握できておらず、それぞれの菓子がどれだけ利益をあげているか、つかめない状況であった。特に、素材にこだわり、千葉県産の一級品を優先して使っている当社においては、今後一層の経営革新を目指すうえで、経営戦略上のネックとなっていた。

 そこで、平成15年、当社の支援要請を受け、専門家派遣事業により専門家を派遣し、原価計算制度の導入に向け、当社の生産形態にあった制度づくりを行なうと同時に、データ収集の仕組み作りと情報化システム導入準備を支援し、財務体質の強化、および、今後の販売企画戦略の強化を図った。

企業者の声
代表取締役
片岡 正勝氏
 専門家の派遣を受けて、原価計算制度を導入したばかりですが、社員の原価に関する意識が高まり、また、生産性が20%アップした部門も出てくるなど、すでにその効果が現れ始めています。今後の財務面での効果にも期待しています。

担当者の声
 多品種を扱う企業で、綿密な原価管理が整っていないために、経営戦略の構築に支障をきたしている例が見受けられます。当社は、専門家派遣事業を活用して、この課題解決に挑んだ好例であると思います。

企業基本データ
代表 代表取締役 片岡正勝
住所 千葉県八日市場市飯倉293番地
電話 0479−72−0533
e-mail taiyou@beige.ocn.ne.jp
URL http://www.taiyousha.co.jp
従業員 88名
業種 菓子製造業
主要製品 ピーナッツワインケーキ、落花生せんべい、ナシワインケーキ