HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
介護福祉に、明るい元気なスタッフが心を込めてお手伝い
有限会社 ハッピーラブハッピー 平成16年
企業概要
 平成13年2月、新田郡笠懸町に「訪問看護ステーション孫の手」として設立、理学療法士の浦野社長が介護保険のスタートを機に創業した。その後、15年12月には新田郡薮塚本町に「デイホーム孫の手」を開設した。「孫の手」というネーミングには、“かゆい所にも手の届くようなサービスを、思いやりを持って行なう”という意味が込められている。

 「訪問看護ステーション孫の手」は、看護師や理学療法士や作業療法士により、自宅での専門的なリハビリを実施し、また、入浴介助などの生活ケアや、服薬管理はもちろん、血圧等の健康管理も行なう。

 また「デイホーム孫の手」では、通所によって専属の理学療法士によるリハビリが思う存分受けられるようになっていて、ゆったりできる個室風呂や暖かい料理など家族的なサポートを提供している。

 特にリハビリに力を入れ 9名の理学療法士や作業療法士などのスタッフを揃えており、身体機能の回復だけでなく、健康状態や精神面にも十分配慮し、毎日の生活に生きがいを持てるよう心掛けている。
「デイホーム孫の手」全景
 
「デイホーム孫の手」室内

支援内容
 平成15年8月に浦野社長が「経営総合相談窓口」に来訪。相談内容は、訪問介護事業を開業して2年半になるが、業容拡大に伴う施設の新設や人事制度の整備など、いろいろな経営課題を抱え、家業的な事業運営に限界を感じ、専門家の支援(指導)を受けたいというものだった。

 そこで、介護関連の指導実績があり業界事情にも明るい中小企業診断士を専門家として派遣し、家業的な事業運営を打破すべく、現状分析と課題抽出のうえ、事業計画の策定や人事制度の確立を指導した。

 この計画を土台に、同じ専門家を派遣し、訪問介護事業の多店舗展開や通所介護事業のエリア選択などを指導し、中小企業経営革新支援法の県知事承認も得ることができた。

企業者の声
代表取締役
浦野幸子氏
 支援により、事業展開につなげる第一歩を踏み出せた。介護福祉の分野は新しく、一般の企業のスタンスとは大きな違いはあるが、この支援を受けた内容をもとに企業として会社を育てていきたい。良い刺激を受け勉強になり感謝している。ぜひこのような支援を続けて欲しい。 

担当者の声
 浦野社長と専門家は、ともに30代で年齢も近く、有限会社の社長という境遇も似ているので、議論がかみ合い事業計画策定も上手くいった事例。企業と専門家の相性を的確に把握しながら、支援が成功につながるよう意欲的に取組んでいきたい。

企業基本データ
代表 代表取締役 浦野幸子
住所 群馬県新田郡笠懸町鹿4473−6
電話 0277-77-1756
e-mail magonote@happylobehappy.com
URL http://www.happylovehappy.com
従業員 28名
業種 介護福祉事業
主要製品 訪問看護、通所介護、居宅介護支援など