HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
主体的な販売形態を構築、インターネットで小売業に進出
株式会社 ほんやら堂 平成16年
企業概要
 “いやし”をテーマにした生活雑貨商品の企画・開発を手掛けている。絵本にもなった代表的なキャラクター「なまけたろう」をはじめ、当社の手に成る遊び心にあふれたアイテムは500点近い。

 社名の「ほんやら堂」は、新潟県十日町辺りで使われている方言で、「かまくら・雪洞」を意味する。“森に遊び、土に和み、水に癒される。そのきっかけをつくるのが、私たちの仕事です”という企業理念に合致するのと、やわらかな語感が気に入って、命名した。

 社長の藤永氏は、1988年にオリジナル商品開発に着手、翌89年に会社を設立した。その後、東京ディズニーランドをはじめテーマパーク向けのオリジナル商品の開発、野鳥や淡水魚など自然の生き物をモチーフにした商品の開発を手掛けてきた。

 2001年には「なまけたろう」を発売。見ているだけで、ふっと肩の力が抜けるような愛らしい表情が、20代半ばから30代半ばの女性に受け、全国的なヒットとなった。その後、2004年には群馬県立女子大学と連携し、女子大生のアイデアを生かした商品開発に取り組むなど、積極的に事業展開を進めている。

 現在は、インターネットを中心とする通信販売を主流に、全国を視野に入れた事業活動を行なっている。
社屋
 
女性に大人気の「なまけたろう」

支援内容
 当社は、自然をキーワードにした商品の開発と販売により、雑貨業界においてしっかりとしたポジションを確立し、注目を浴びている。しかし、商社や卸売業者を利用した販売形態のため、消費者との間に距離があり、当社のコンセプトの浸透や消費者ニーズの把握が十分にできなかった。そのような状況の中で、「通信販売事業に参入し経営革新を図りたい」との要望を受け、通信販売のエキスパートを派遣することとなった。

 この専門家派遣を通し、通信販売についての理解や必要となる業務の把握から始め、通信販売における戦略と方向性の検討、消費者ニーズの捕捉、顧客管理の展開に至るまで、総合的に支援した。その結果、カタログやインターネットによる通信販売を開始し、現在では効率的な販売手法を確立できた。

企業者の声
代表取締役社長
藤永 辰美氏
 実際に通信販売を行なっている専門家により、具体的・実践的な支援を受け、通信販売事業の立ち上げをスムーズに行なうことができた。また、消費者ニーズの把握により、商品企画開発力も強化することができた。

担当者の声
 当社は、これまでも新たな取り組みに果敢に挑戦し、多くの商品開発を手掛けてきた。今回の支援により、新たに小売業に進出し経営革新を図ったが、今後も更なる飛躍に向けた支援を行なっていきたい。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 藤永辰美
住所 群馬県高崎市中尾町272−6
電話 027−363−5376
e-mail postmaster@honyaradoh.com
URL http://www.honyaradoh.com/
従業員 22名
業種 生活雑貨、健康雑貨の開発・企画
主要製品 こだわりの入浴剤、ヒーリングキャラクターグッズ、ハートフルプレゼントギフト