HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
木枠のいらない、環境にやさしいコンクリート型枠を開発
有限会社 ポリマー商工 平成16年
企業概要
 当社は、昭和32年4月に個人創業、以来、プラスチックの成型加工を行っていたが、その後、下請の仕事に限界を感じ自社製品の開発に着手、平成4年、プラスチック製の組み立て式柱台枠「ポリマーブロック」を開発、製品化した。

 「ポリマーブロック」は、テラスや配管など屋外構造物の台座に用いるコンクリートブロックの型枠として開発されたもので、持ち運びが便利で、組み合わせにより大きさも自由に変えられることから、幅広い用途に使用できる製品である。

 その他にも様々な自社製品を開発しており、これまでに「茨城県発明工夫展特賞」「全国発明工夫コンクール入選」「平成14年度文部科学大臣賞受賞」の他、茨城県中小企業振興公社の「工業技術開発奨励賞」等数々の賞を受賞している。

 これら自社製品開発に当たっては、各種セミナーへ参加し製品開発のヒントとするほか、助成金の活用や、国や県・各中小企業支援機関等を積極的に活用している。

 また、販路開拓のため、国内のみならず国外の展示会にも積極的に出展した結果、取引先も拡大し、今では「ポリマーブロック」等の自社製品が、売上の約9割を占めるにまで成長し、脱下請に成功している。
ポリマーブロック

支援内容
 当社では、新製品開発のヒントや経営の参考とするため、様々なセミナーや研修に参加している。海外展開に関しては、貿易、海外投資等国際取引に係る基礎的な知識の習得を目的として、計7回の座学や施設見学を実施する「海外市場進出研修」に参加した。

 商品化するにあたっては、当公社ベンチャープラザの専門家より、商品に関する技術面の指導や各種アドバイスを行ったほか、知的所有権センターより、開発した製品を保護するために必要な特許の取得方法や、新製品開発のための開放特許の活用等様々なアドバイスを行なった。また、「中小企業テクノフェア」等への出展により、販路開拓の支援を行った。

企業者の声
代表取締役
児矢野弥四郎氏
 新製品や新技術を開発するまでには、開発のヒントや、デザインの検討、特許取得による製品保護、販売方法等様々な問題や課題があるが、自社だけで全てを解決するのではなく、国や県、各中小企業支援機関等の公的機関へ相談し、様々なアドバイスや情報提供、助成金等の施策を活用することが成功の秘訣と思います。

 展示会への出展にあたっては、主催者は場所と小間を提供するのみであり、集客と成果は出展者の努力が必要と思います。また、意識改革や構造改革は誰でもできるものであり、当社でも茨城県の中小企業経営革新支援法承認企業として認定されました。

担当者の声
 中小企業振興公社では、新製品や新技術の開発に参考となる各種セミナーや展示会等のイベントを開催しており、また、経営・技術・特許・貿易その他各専門家からのアドバイスを受けることができますので、積極的にご活用ください。

企業基本データ
代表 代表取締役 児矢野弥四郎
住所 茨城県猿島郡三和町上片田1272−8
電話 0280−76−4233
e-mail polymer@dreams.ne.jp
URL http://www.dreams.ne.jp/polymer/
従業員 6名
業種 製造業
主要製品 プラスチック製組立式柱台枠「ポリマーブロック」

提携に関する情報
 販売先は、大手ゼネコン、出入の商社(一部・二部上場)、金物店、(大小)商社等千差万別です。注文は全国からFAXによる方法で受付けており、現金振込で返品無しです。

 また、年2回発行している「ポリマー情報誌」を通して、情報を受発信し、使用者からの声も受付けています。(特許侵害情報を受付中)