HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
新しい業界での挑戦、ペットボトルから再生資源を蘇らせる
オール・ウェイスト・リサイクル 株式会社 平成16年
企業概要
 根本社長は、北海道大学大学院修了後NKKに入社、21年間の勤務の中で廃プラスチック高炉原料化チームマネージャーを歴任した後、平成12年に退職し同年8月に当社を設立した。「地球環境に貢献したい」との信念のもと設立したペットボトルのリサイクル業であり、全国に60社しかない業界で茨城県内唯一の企業である。

 現在は、ペットボトルから再生ペット原料(ペットフレーク)を製造して3年目に当たる。その再生過程において、高性能な機器と方式による徹底的な異物・異種除去、高効率比重選別、高精度洗浄を行ない、高品位ペットフレークを供給している。更に、製品の高品質・高付加価値化と、新たな再生ペット製品の開発を展開しており、今後に向けた広範囲なリサイクル事業に挑戦している。

 ペットボトルリサイクル業は新たな業種であり、その中でも当社は参入にやや出遅れたが、大学との共同研究や設備エンジニアリング会社との共同開発で業界最先端技術力を持つなど、今後一層の成長が期待できる。
社屋

支援内容
 平成16年6月に、ペットボトルのリサイクル設備の性能を上げるための設備計画に際し、最適な融資制度である設備資金貸付制度を利用している。これによって、生産工程でペットボトルと異物を分別する能力の向上を図り、再生商品の原料であるペットフレークを業界最高品質にするための設備を導入した。

 創業して間もないため経営状況は厳しく、新たな業種であることから今後の成長も未知数で融資実行には不安もあったが、廃棄物を資源として再利用することで環境問題に貢献する業種であること、また、経営者の高い技術力や経営意欲といった点などを考慮して融資を実行した。

企業者の声
 弊社は、創業開始間もない会社のため資金調達力が脆弱であったが、そんな中で茨城県中小企業振興公社の設備資金貸付制度を無利子・無担保等の有利な条件で利用することができ、非常に助かった。

担当者の声
 やる気のある企業を更に支援することで、地域経済の成長に貢献していきたい。

企業基本データ
代表 代表取締役 根本謙一
住所 茨城県鹿島郡波崎町砂山2668−10
電話 0479−40−2590
e-mail takeshi.konishi@awr.co.jp
URL http://www.awr.co.jp
従業員 2名(作業請負会社社員27名)
業種 廃棄物処理業
主要製品 ペットフレーク