HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
産学官連携の研究会を通じた技術移転で、世界最高性能デバイスを製品化
小林工業 株式会社 平成16年
企業概要
 当社は、昭和27年に創業、「ものづくり技術をもって社会に貢献する」を社是とし、「金型とプレスにおいてお客様の付加価値を最大にする」ことを事業価値に掲げて追求している。

 主要製品の中でも、プラスチックマグネット金型および粉末成型金型と、精密CNC(コンピューターによる数値制御)プレス機械を得意分野とする。特に、均一な密度を必要とする複雑形状製品の粉末プレス成型に対応できる能力を持つ。充実した設計部門が、最終製品のイメージを提示されれば、製品図の作成から金型の設計・製作まで一貫して対応している。CAD(コンピューター支援設計)およびCAM(コンピューター支援製造)システムを活用して設計・加工を一元化すると共に、切削、研削、放電の各種CNC加工機械を駆使した生産システムのもとで製品管理を実施しており、高い精度と納期の短縮を実現している。

 また、ISO9001(品質マネジメント国際標準規格)およびISO14001(環境マネジメント国際標準規格)の認証を取得し、品質はもちろん環境に配慮した企業活動を行っている。

 今般、産学官が連携した「秋田・精密機器研究会」での活動を通じて技術移転を受け、当社が有する技能を最大限に活かし、世界最高性能の『高速・高精度位置決め装置用駆動デバイス』を製品化したところである。
Nano-motion Actuator
その他の写真一覧

支援内容
 機械加工産業をめぐる厳しい経営環境に対抗し、これまでに蓄積された微細加工技術のグレードアップによって新製品開発を積極的に進めるため、産学官連携のものづくり実用化研究会である「秋田・精密機器研究会」の主力メンバー企業として活動し、技術移転を生かして世界最高性能の製品化を実現した。

 その用途に先端技術的要素が多いため、技術改善並びに拡販計画につき、高度な専門性と応用性の面で、引き続き秋田県高度技術研究所による指導を期待されており、この要請に対応している。

企業者の声
代表取締役
小林憲一郎氏
 研究会に参加することでシーズに出会い、その後製品化に至ったことは、大きな喜びです。お陰様で、製品ユーザー(お客様)からは高い評価をいただき、継続的な受注もいただいています。

 今後も、品質評価や技術指導等については、秋田県高度技術研究所のご指導をいただきながら進めたいと思います。

担当者の声
新技術エージェント
板持 幹男氏
 ものづくり実用化研究会の推進に携わってきた一人としては、技術移転という形で大きな成功事例ができたことを感謝しています。

 この事例をもとに、企業のニーズと大学等研究機関のシーズから展開される製品のロードマップも含めた「ものづくりの場」づくりを進めたいと考えておりますので、ご相談いただければと思います。

企業基本データ
代表 代表取締役 小林憲一郎 
住所 秋田県本荘市石脇字赤冗1−372
電話 0184−22−5320
e-mail info@kobayashi-akita.co.jp
URL http://www.kobayashi-akita.co.jp/
従業員 235名
業種 一般機械器具製造業
主要製品 各種金型、CNCプレス、ロータリープレス、特殊研磨機