経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

中小企業診断士トップランナー訪問

オフィスKITS代表・北口祐規子さん

取材・文:池田 史子(中小企業診断士)

「女性のため」と頼まれたらイヤと言えない、
自然体の中小企業診断士
【第3回】「ピザの会」と、これからの中小企業診断士に望むこと

取材日:2011年3月8日

「ピザの会」とは、北口さんが主催する、大阪を中心に活動する女性診断士の会で、毎年秋に「ビジネスプランコンテスト」を開催しています。準備から当日の運営まで、すべて会に所属する中小企業診断士によって実施されているものです。また、実務補習の指導員も務められる北口さんに、これからの中小企業診断士の課題もうかがいました。

目の前にいる人を応援したい

ピザの会のHP
ピザの会のHP

ビジネスプランコンテスト表彰式
ビジネスプランコンテスト表彰式

― 「ピザの会」は、長い歴史がありますね。

始めたのが平成7(1995)年ですから、もう15年ほどになります。女性診断士はもともと数が少ないので、集まって活動する姿を見せることが必要と思い、やっています。

会が主催する「ビジネスプランコンテスト」は、昨年11月に無事、6回目を終えることができました。独自のビジネスプランを持つ個人や設立間もない法人を、女性コンサルタントの視点で評価し、事業化を応援することがその趣旨で、参加者にはスモールビジネスや社会起業家が多いですね。金賞を受賞すると、10万円の賞金とともに、プランの実現に向けて1年間、会の支援を受けることができます。過去の受賞者は、着々と自分のビジネスを進めていらっしゃいます。真剣にやっている人、目の前にいる人を、これからも応援していきたいと思います。

また、すべてが会に所属するメンバーによる手づくりのコンテストなので、準備はとても大変ですが、携わった企業内診断士は、「よい経験になった」と言ってくれています。

伴走者の仕事を全うする

― 私自身のことを振り返ると、中小企業診断士としての知識に偏りがあるように感じます。学校に通い、資格取得のための最短コースを教えてもらって合格したのですが、知識が足りないようで不安を覚えてしまいます。

私は実務補習の指導員をしているのですが、最近の中小企業診断士はよく勉強していると思いますよ。自分が受験したときよりも問題が難しくなっていて、試験監督をしているときに、「いまの自分たちでは、受からないな」と冗談を言うこともあります。ただ、勉強していると言っても、それは受験勉強に限定されるかもしれませんね。

皆さん、ご自身に知識がなかったときの反応として、2種類あるように感じます。「習っていないからできない」と言って止まってしまう人、あるいは、持っている知識を使い、表面だけさっと片づけてしまう人をよく見かけます。提案書に出てくる戦略にも裏づけがなく、深みが足りないですよね。「仕事は、効率的に進めればいい」といった、企業における最近の考え方や教育の仕方が影響しているようにも思います。

― では、どのようにして知識を積み上げていけばよいのでしょうか。また、有能な中小企業診断士になるには、どのようにすればよいのでしょうか。

自分の経験で言えば、やはり実践することなのです。場合によっては、お金をもらいながら勉強するようなこともあるかもしれません。自分のやりたいことと世の中への貢献、つまり自己実現と社会貢献のバランスが重要で、そのバランスは自分で見つけるしかありません。女性はよく、管理者への昇進を断ってしまうことがありますが、これはもったいないですね。昇進は、周りがその人を見て判断したものなので、期待には応えるべきです。中小企業診断士もそれと同じで、周りの人から仕事の依頼を受けたら、積極的に応えて全力を尽くしてください。

コンサルタントには、客観的視点が大切です。マラソンの伴走者のように、経営者のそばを走りながら、「後ろからライバルがやってくるよ」、「これから坂道が続くよ」などとガイドするのが役割です。ゴールテープを切るのは経営者ですが、経営者よりもずっと体力や実力が必要ですよ。

― 「あと10年は、仕事をする」とおっしゃる北口さん。体力維持のため、特に食事と運動に気を配りながら、ときにはスーパー銭湯でのんびり過ごされることもあるそうです。同じIT業界出身の後輩診断士として、たくさんのヒントをいただいたインタビューとなりました。北口さん、どうもありがとうございました。

(おわり)

北口 祐規子(きたぐち ゆきこ)
大阪大学基礎工学部情報工学科卒業後、情報処理企業にSEとして勤務。長男出産後、職場復帰するが30歳で退職。1991年中小企業診断士登録。
現在、個人事務所「オフィスKITS」にてコンサルティングや人材育成に従事するとともに、(独)中小企業基盤整備機構近畿支部(現:近畿本部)プロジェクトマネージャーを務める。中小企業診断協会本部理事、大阪支部常任理事・総務委員長。女性診断士の会「ピザの会」(http://www.w-pizza.com/)代表としても精力的に活動中。

会社名 オフィスKITS
設立 1991年
所在地 大阪府羽曳野市
TEL 090-2047-5670
FAX 072-958-2888
E-mail kits@kits-21.com