経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

中小企業診断士トップランナー訪問

オフィスKITS代表・北口祐規子さん

取材・文:池田 史子(中小企業診断士)

「女性のため」と頼まれたらイヤと言えない、
自然体の中小企業診断士
【第1回】コンピュータにチャンスあり

取材日:2011年3月8日

今回は、大阪で活躍するベテラン女性診断士の北口祐規子さんにインタビューしました。北口さんは現在、中小企業診断協会本部理事、大阪支部常任理事、(独)中小企業基盤整備機構プロジェクトマネージャー等の要職に就かれています。IT企業でシステムエンジニアをやっていた北口さんが、中小企業診断士となるまでの経緯をおうかがいしました。

高校生の頃からコンピュータに注目

― 大学は工学部なのですね。いまもそうだと思いますが、当時も女性は少なかったのではありませんか。

北口祐規子さん

子どもの頃から数学が好きで、得意でした。それに大学受験のときから、「これからはコンピュータの時代だ」と思っていました。機械は平等ですから、結果も平等のはず。負けず嫌いの私には、ちょうどよかったのです。

― 大学ご卒業後はIT企業に就職されましたが、どのようなお仕事をされていたのですか。

システムエンジニアです。いまで言う、ERPの原型でしょうか。汎用機上で稼働する、卸売業界向けの販売・在庫・経理システム等を含んだ包括的パッケージの開発や導入を行っていました。仕事はバリバリやっていて、ときには残業時間を超えることもありましたが(注:当時は女性の深夜勤務規制があった)、結婚し、出産後の休暇から復帰した後は、量より質重視へと方向転換しました。定時に退社しても、仕事の成果では絶対に同僚に負けないようにしていました。ただそれは、なかなか会社には理解されなかったようです。結局、大変な子育てを他人任せにしたくない気持ちもあり、退職しました。

SOHOとして仕事を続ける中で

― 30歳で会社を退職された後は、どのような仕事をしていたのでしょうか。最初から、中小企業診断士資格を取って独立しようと計画していたのですか。

情報処理の特種は持っていましたが、中小企業診断士についてはまったく知りませんでした。退職後わりとすぐに、以前お付き合いがあったクライアント企業から、別のコンピュータの仕事を依頼され、個人で引き受けるようになりました。SOHOの走りですね。パソコンのdBASE3(データベースソフト)を使ったプログラム開発です。

そうした仕事をいくつかやっていたとき、これも元上司の紹介ですが、ある企業の社内のパソコン活用について相談を受けました。当時その会社は、全社一斉にパソコンを導入したのですが、うまく使えていない状況でした。たとえば、ある部署が各部署にデータを提出するよう依頼すると、バラバラのフォーマットでくるため、打ち直しが必要といった具合です。それらを整理し、まとめて、各部署でデータを連携しながら利用するように改善していき、徐々に全社的にパソコンを活用することができるようになりました。その頃には、社内で一番各部署の業務に詳しい人になっていました。

この仕事で、システムを開発する側から使う側、特にエンドユーザーと経営者の視点を持つことができ、こうしたニーズはほかの会社にもあるに違いない、とチャンスの芽が見えました。そして、自身のやっている仕事を活かせる資格を探した結果、中小企業診断士に行き着いたのです。

"普通の"人が仕事をする

― 2人のお子さんを育てながら、チャンスを活かし、無理せず、順調にお仕事を進めてきたように見受けられます。

いえいえ、全然順調ではないですよ。もしかしたら、当時は母親をやりながらの中小企業診断士がいなくて、珍重されたのかもしれません。私はずっと、「結婚も出産も子育てもする"普通の"人が、仕事をする」ことを目標にしてきました。仕事は決して、スーパーな人(女性)だけがするものではありません。それでは、「あの人は特別だから」で終わってしまいます。コンサルタントは、全人格的に経営者と相対していく仕事です。若い男性やおじさん、若い女性だけではなく、「おばちゃんも普通に仕事をします」と言いたかったのです。

(つづく)

北口 祐規子(きたぐち ゆきこ)
大阪大学基礎工学部情報工学科卒業後、情報処理企業にSEとして勤務。長男出産後、職場復帰するが30歳で退職。1991年中小企業診断士登録。
現在、個人事務所「オフィスKITS」にてコンサルティングや人材育成に従事するとともに、(独)中小企業基盤整備機構近畿支部(現:近畿本部)プロジェクトマネージャーを務める。中小企業診断協会本部理事、大阪支部常任理事・総務委員長。女性診断士の会「ピザの会」(http://www.w-pizza.com/)代表としても精力的に活動中。

会社名 オフィスKITS
設立 1991年
所在地 大阪府羽曳野市
TEL 090-2047-5670
FAX 072-958-2888
E-mail kits@kits-21.com