経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

中小企業診断士トップランナー訪問

株式会社キャラウィット代表取締役・上岡実弥子さん

取材・文:柴田 裕介(中小企業診断士)

想定外の独立からトップコンサルタントに!
【第1回】転職のために中小企業診断士を志す

取材日:2010年12月13日

今回ご紹介するトップランナーは、中小企業診断士の上岡実弥子さん(株式会社キャラウィット代表取締役)です。上岡さんは、小売業のコンサルティングや創業塾講師などで日本中を飛び回り、ご活躍中です。今回は、横浜の海を臨む素敵なオフィスで、中小企業診断士を志し、合格するまでをお話しいただきました。

中小企業診断士になるきっかけは転職のため

― 中小企業診断士になろうと思ったきっかけを教えてください。

今から十数年前に転職活動をした時期があるのですが、いざ転職活動をやってみると意外に厳しく、何か資格を取ることを思い立ちました。当時の私は結婚して間もなく、年齢も20代後半だったので、企業側も中途で採用しにくかったと思いますし、環境もいわゆる就職氷河期だったため、なかなか就職が決まりませんでした。そこで、経歴プラスアルファで履歴書に書ける資格を探しました。そのときは、独立というよりも、ちゃんとした会社に正社員として就職したいという気持ちでした。

― 前職のご経験を活かせる資格をお探しになっていたのですよね。

上岡実弥子さん

はい。転職活動をする前は、食品関連の会社に勤めていたのですが、そのときはマーケティング部で、雑多なマーケティングの実務にかかわっていました。なので、その経験を活かせてウリになる難しい資格を探していました。そのときにたまたま見つけたのが、中小企業診断士という資格です。周りの人に聞いても持っている人はいないし、難しい資格らしいということなので、転職活動で箔がつくのではないかと考えました。

それから、純粋に資格の内容が面白そうだったというのもあります。テキストを立ち読みしたときに、マーケティング以外にも事業計画や採算性の計算方法を勉強できるとわかり、それまでマーケティング部にいながら自分が疎かったところを補強できるのではないかとも感じて、受験を決意しました。

仲間との切磋琢磨が合格につながる

― どのようにして受験勉強をされたのですか。

受験勉強をしている当時は、派遣社員として働いていました。そのおかげで残業がなく、5時になればその足で専門学校に行けました。正社員として仕事をしながら資格を取られる方は、本当に素晴らしいと思います。また私の場合は、家族のバックアップがあって助かりました。当時は結婚して間もなかったので、家のことも一生懸命にやりながらでしたが、夫の理解があったのはありがたかったですね。中小企業診断士の勉強に時間をつぎ込むあまり、家庭内不和になったり彼女と別れたりという話が多くある中、私は恵まれていました。

― 素晴らしい仲間との切磋琢磨によって、合格できたと聞いています。

上岡さんのオフィスから眺める横浜港
上岡さんのオフィスから眺める横浜港

専門学校では先生の勧めもあり、そこで知り合った仲間とグループ学習を始めました。グループ学習は、夜の9時頃まで授業を受けて先生に質問をした後、教室に残ってさらに1時間くらいかけてやりました。毎回テーマを持ち寄り、まとめたノートを交換したり、その業界に詳しい人がいれば、その人に教えてもらったりもしました。

とても熱心な仲間で、いま思い出しても素晴らしいメンバーでした。メンバーの中には、「私とは頭の構造が違うなぁ」と思えるほどに優秀な方もいたので、大いに刺激を受けました。「この人たちのようにならないと受からない」と考えて、自分を追い込めたと思います。試験当日の朝も、メンバー同士で激励し合ったり、本当に学生のようなノリだったと思います。私がストレートで合格できたのも彼らのおかげと、いまでも思っています。

(つづく)

【こちらもおススメ!】

上岡 実弥子(かみおか みやこ)
株式会社キャラウィット代表取締役/中小企業診断士
長野県伊那市生まれ。学習院大学卒業後、雪印ドール(株)マーケティング部、(株)日経スタッフ派遣社員等を経て、中小企業診断士を取得。現在、小売店、SC等幅広いクライアントに対し、事業計画策定支援、プロモーション戦略策定支援、CSコンサルティング、人材育成、創業・経営革新支援を行う。女性の視点を活かし、全国の講演・支援に精力的に応じる。中小企業大学校講師(創業支援、論理的思考法、問題解決、CB支援、コーチング)。著書に「ジミベン!(ジーオー企画)」、「女性のための経営がわかる本(信濃毎日新聞社)」、「社内コーチング導入マニュアル(同友館)」等多数。横浜市環境活動賞審査員、日本米穀小売振興会コンクール審査員、中小企業庁商店街調査事業ワーキング委員等、公職多数。

会社名 株式会社キャラウィット(Carawit Co.,Ltd.)
設立 2002年2月5日 前身である有限会社レッツ設立
2004年5月26日 株式会社キャラウィットに組織変更
代表取締役 上岡 実弥子
所在地 横浜市中区山下町1番地 シルクビル1023
TEL 045-227-6307
FAX 045-227-6396