経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

中小企業診断士トップランナー訪問

株式会社ネクストフェイズ代表取締役 東川 仁さん

取材・文:鈴木 佳文(中小企業診断士)

現場で築いた資金調達ノウハウをオープンにし、
若手士業の活性化を目指す
【第2回】中小企業診断士に必要な「稼ぐ力」

取材日:2009年10月20日

資金調達の分野で先頭をひた走る東川さんは、社名を変更し、新たなステージを目指しています。中小企業を支援するためには、まずは「診断士自身が儲ける力を持たなければならない」と言い切ります。現在の仕事について、伺ってみました。

自分が稼げないと、お客様へのアドバイスなどできない

― 先ほど、「中小企業診断士で食べる」ということに触れました。アンケート結果をみても、独立後の客先確保が不安で独立に踏み切れない方が多いようですが、どう思われますか。

東川仁さん

私たち中小企業診断士は、クライアントの成長を支援するわけですよね。その中には当然、営業も含まれるわけで、自分たちが稼げないのに、クライアントにどうアドバイスをするんですか。お客様はたくさんいます。お客様をつかまえる方法も、いくらでもあります。中小企業診断士が、「クライアントを開拓できない」なんて、言ってはいけない言葉だと思います。

たとえば、クライアントを開拓するのに100通りの方法があるのに、そういう人たちは5通りくらいで諦めてしまうんです。トライアンドエラーが不足しているんですね。それから、ヒューマンスキルも不足していては難しいでしょう。クライアントの話を聞いても、そういった人たちが中小企業診断士全体の評価を下げていますね。

出会う人すべてから学びがある

― そのとおりですね。ところで、株式会社資金調達からネクストフェイズに社名を変更して新しいステージを目指されていますが、現在の仕事について教えてください。

今でも、資金調達関係の仕事は多いですよ。セミナーとコンサルティングの割合が、だいたい半々ですね。若干、セミナーが多いかな。もともとはクライアントの要望で始めたことですが、2代目育成や幹部育成の依頼も増えていて、新潟から2代目研修に来る人もいます。月に1度、若手経営者の勉強会をやっていますが、ここからコンサルの仕事につながることも多いですね。また、士業向けにノウハウを提供するセミナーも増やしています。

― 私もスキルのブラッシュアップで、いくつか受講させていただきました(笑)。そういう意味で、東川さんは私の師匠にあたるわけですが、転機になった出会いにはどんなものがありましたか。

東川仁さん

私は出会う人すべてから学ぶことがあると思っていますので、数え切れません。師匠を数えると、100人を超えると思いますよ(笑)。独立してすぐにインキュベーション施設の一室に入居できたのも、中小企業支援センターのサブマネジャーに採用されたのも、すべてご縁です。

― すべての出会いを大切にすることで、転機となるチャンスも増えるということですね。このように、さまざまな機会を仕事につなげていらっしゃるわけですが、仕事にかける思いや心構えを教えてください。

当初は、勤めていた金融機関が破綻して、自分を可愛がってくれていたお客様がどんどん倒産していくのを何とか防げないかと、支援を始めたのですが、手応えとやりがいを感じました。やはり、この時の思いが根底にありますね。

心構えとしてあえて言うのであれば、「自己研鑽」と「一緒につくる」ということですね。「一緒につくる」というのは、経営者に並走するとか、もう1人の経営者になると言い換えてもいいでしょう。クライアントの最大の要望は、「会社が儲かること」ですから、経営者の立場になり、冷静な視点でアドバイスしながら、一緒に頑張ることが大切です。そういう意味では、東京に比べて大阪は「短期で目に見える成果を出す」ことにシビアですから、自分を鍛えられるよい環境にいたと思います。

(つづく)

東川 仁(ひがしかわ じん)
大阪の地域金融機関で13年間、中小企業に対する相談業務・融資審査業務に従事。退社後、その経験を活かし、資金調達コンサルタント・経営コンサルタントとして独立。現在は「資金調達」、「創業者支援」、「2代目経営者に対する教育」、「中小企業の経営革新支援」を中心に活動を行っている。

会社名 株式会社ネクストフェイズ
設立 2007年2月
代表取締役 東川 仁
所在地 大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田302号
TEL 06-6380-1259
FAX 06-7777-3982
E-Mail jinny@npc.bz