経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

中小企業診断士トップランナー訪問

株式会社ネクストフェイズ代表取締役 東川 仁さん

取材・文:鈴木 佳文(中小企業診断士)

現場で築いた資金調達ノウハウをオープンにし、
若手士業の活性化を目指す
【第1回】中小企業診断士試験に合格するコツ

取材日:2009年10月20日

資金調達という分野を武器に、コンサルティングのみならず、研修講師や2代目教育など、事業領域を拡大してきた東川仁さん。「成果を出すこと」について強いこだわりを持っています。専門分野の圧倒的な実績に裏打ちされた自信から、ノウハウを若手士業に開示して士業の活性化を図りたい、と燃える毎日です。
 「経営コンサルタントに必ずしも資格は必要ない」と語る東川さん。しかし、ちょっとしたきっかけから中小企業診断士の資格を取得したことで、仕事のフィールドは拡大したといいます。

資格取得のきっかけ

― 資格取得のきっかけを教えてください。

東川仁さん

もともとは地域金融機関で外回りをしていたんですが、ここが破綻してからは、取引先の資金調達などの支援を懸命に行っていました。現場でクライアントとともに苦労する中で、ノウハウがどんどん蓄積され、資金調達の専門家として自信が持てるようになっていましたので、資格の勉強をしたことはありましたが、その取得にはこだわっていませんでした。

しかし、ご縁があって中小企業支援センターのサブマネジャーになったところ、7人いるマネジャーのうち企業OBの1人をのぞく全員が中小企業診断士だったんです。そんな中、周囲から「中小企業診断士の資格を取れ」と言われて取ったので、強い思いがあったわけではなく、「流された」というのが正直なところですね。

― 中小企業診断士に囲まれた世界に入る、というのも縁ですね。どんな勉強をなさったんですか。

独学です。システムアドミニストレータの資格を持っていたので、情報の科目はクリアしていましたし、他の資格を勉強していたこともあって、ほとんど新しく勉強することはなかったんです。1次試験は、これまでの仕事の経験や勉強してきたことでカバーできました。

ただ、2次試験って、ひねくれ者はダメじゃないですか(笑)。2次試験で落ちて、事例を必死に勉強しました。数をこなせば、素直に解くコツもつかめます。事例ばかり、80題は解きましたね。

― たしかに、2次試験は素直に解かないと通りませんね。受験に際しては、模試も受けなかったんですか。

ある受験機関でやっていた「ヤマかけ講座」というのには参加しましたが、模試は受けていません。ただ、受験機関の講座に通っている友人・知人と情報交換はしていました。2次試験に関しては、問題集や模試よりも過去問題をしっかりやりましたね。良問が多いので、多くの過去問題を何度も解いたのがよかったのだと思います。

― なるほど。受験生へアドバイスするなら、どんなことが挙げられますか。

まずは、「受験機関をうまく使うこと」ですね。特に、出題傾向の分析や予想は参考にできると思います。予算や勤務形態なども考慮して、自分に合った形で利用するといいでしょう。

それから、「素直になること」ですね。特に2次試験は、与件を素直に読んで解かないと通りません。素直になるためにも、過去問題をたくさん解くことでしょうね。

中小企業診断士は「食べられる」資格

― 一部には、「資格を取っても食べられない」と言う人もいますが、中小企業診断士の資格を取ったことでどんなメリットがありましたか。

東川仁さん

いえいえ、食べられますよ。食べられるかどうかは、本人の努力しだいじゃないですか。実力があって、後から資格がついてくるので、資格を活かす自分の力があるかどうかでしょう。中小企業診断士の資格を取るような人ですから、知恵も体力もあるはずで、これをうまく活かせば、失敗するはずはないんです。

私の場合、資格を取ったことで信用度が高まるというメリットがありましたね。資格を持っているというだけで、ある程度のクオリティがあると判断されるので、セミナーなどにも呼ばれやすくなります。商工会議所などの公的機関が講師を呼ぶ3つの条件が、(1)本を出している人、(2)強烈な実績がある有名な人、(3)資格を持っている人なので、資格を持っていないとなかなか呼んでもらえないんですよ。それまでは、大阪近辺でしかセミナーをしていませんでしたが、資格を取ったことで全国にフィールドが広がり、回数も増えましたね。もともと、実績や横のつながりから呼んでもらってはいたんですが、資格を取ったことでハードルが下がったんでしょうね。

(つづく)

東川 仁(ひがしかわ じん)
大阪の地域金融機関で13年間、中小企業に対する相談業務・融資審査業務に従事。退社後、その経験を活かし、資金調達コンサルタント・経営コンサルタントとして独立。現在は「資金調達」、「創業者支援」、「2代目経営者に対する教育」、「中小企業の経営革新支援」を中心に活動を行っている。

会社名 株式会社ネクストフェイズ
設立 2007年2月
代表取締役 東川 仁
所在地 大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田302号
TEL 06-6380-1259
FAX 06-7777-3982
E-Mail jinny@npc.bz