経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

中小企業診断士トップランナー訪問

株式会社スプラム代表取締役社長 竹内幸次さん

取材・文:福島 正人(中小企業診断士)

講演1,000回超、メディアにも多数登場!
【第3回】努力は人を裏切らない

取材日:2009年9月21日

これまでに1,000回を超える講演を行っている竹内さん。創業・経営革新・WEB活用・SEOなどのテーマで、好評を博しています。

受講者満足度No.1に

― 受講者満足度で、全国1位になったそうですね。

神奈川県商工会連合会で、創業塾ステップアップコースの講師を担当しました。それが、2008年度CS調査で全国1位になったんです。受講者の評価ですので、嬉しかったですね。今後も期待に応えていきたいと思います。

― 満足度No.1の秘訣を教えてください。

竹内幸次さん

講演の最初に、「私は、セミナー講師としてここに来たのではありません。皆様1人ひとりをコンサルするつもりで来ました」と話しています。「私自身は休憩をとらなくて大丈夫だから、休憩時間やセミナー終了後に、遠慮なく聞きに来てください」とも言います。ほかの講師からは、過剰サービスだと言われることもありますが、私自身はそうは思っていません。参加者に、「竹内さんが講師でよかった」と言っていただけると嬉しいですね。

― テレビ・ラジオ・講演など、話す仕事が多いですね。

私は営業をしません。テレビもラジオも講演も、先方からお話をいただいています。自分の特長は、その場で切り返して話をしたり、楽しく面白く話をしたり、会話の中で頼もしさを感じていただいたりという部分だと思っています。そのために、日頃のトレーニングは欠かせません。たとえば毎朝、滑舌のトレーニングをしています。「拙者親方と申すが......」という「ういろう売り」の口上を練習したり、日経新聞を音読したりしています。努力は人を裏切りません。世の中には、きっと見ている人がいます。とてもありがたいと感じています。

― コンサルや講演で心がけているのは、どのようなことですか。

現場で使えることを提供するのが大事だと思っています。最先端のコンサル理論を提供する必要はないんです。コトラーの理論を、日本の中小企業にそのままあてはめてもうまくいかない。中小企業は、実験台ではありません。現場の中小企業に役立つものであれば、使い古された理論でもいいんです。ビジネスブログにしても、SEOにしても、自分自身で試して役立ったものを中小企業に提供しています。

読者へのメッセージ

― 読者である中小企業診断士の方に、メッセージをお願いします。

竹内幸次さん

個性のある中小企業診断士像を見つけてほしいです。実在の「Aさんのようになりたい」、「Bさんのようになりたい」という考えでは、その枠の中で思考がとどまってしまいます。過去の成功体験を真似るのではなく、これからの中小企業診断士像を創造していく。できれば、今までの診断士がやっていないような領域を見つけて、全力を投入してほしいと思っています。宇宙コンサルタントでもいいし、マンガを使ってセミナーをやってもいい。新しい形の中小企業診断士がどんどん出てきてほしいですね。

― 最後に、中小企業診断士受験生にもメッセージをお願いします。

合格は、あくまで当面の目標です。ギリギリで合格すればいいと考えていたのでは、プロの中小企業診断士にはなれません。皆さんが学んでいる知識や経験を必要としている中小企業は、たくさんあります。合格後の姿を目標にしてほしいと思います。

たとえば、講演が終わった後の爽快感をイメージしてください。講演が終わり、受講者から拍手をいただく。それが売上向上につながり、皆さんが喜んでくれる。中小企業診断士になったら、そんな姿が待っています。合格後の姿をイメージして、頑張ってほしいです。

(おわり)

【こちらもおススメ!】

竹内幸次(たけうち こうじ)
株式会社スプラム代表取締役社長、中小企業診断士。
1,000回以上の講演実績があり、2008年度に担当した神奈川県商工会連合会「創業塾ステップアップコース」が、満足度全国1位になる。テレビやラジオにも多数出演。
「経営をもっと身近に、もっと確かに」をコンセプトに、経営の知識をわかりやすく伝えている。

会社名 株式会社スプラム
創業 1995年7月7日
設立 1997年9月5日
代表取締役 竹内幸次
所在地 神奈川県横浜市鶴見区豊岡町4-21-205
TEL 045-584-3766
FAX 045-584-3790
HP http://www.spram.co.jp/