経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

中小企業診断士トップランナー訪問

株式会社スプラム代表取締役社長 竹内幸次さん

取材・文:福島 正人(中小企業診断士)

講演1,000回超、メディアにも多数登場!
【第2回】テレビ・ラジオに出演

取材日:2009年9月21日

竹内さんは、32歳のときに中小企業診断士資格を取得し、独立。資格スクールで中小企業診断士講座を担当したり、情報系の専門学校で講師をしたりと、順調に仕事をこなしていきます。しかし、独立10年目に大きな転換期を迎えます。

TBSラジオに出演

― 独立10年目で、資格スクールの仕事を辞めたのですね。

竹内幸次さん

講師業では、年間1,000万円くらいの収入がありました。それを辞めるのには、勇気がいります。でも、同じことを延々とやっていては成長しない。私自身としては、第二創業をする気持ちでした。

資格スクールの最後の講義では、受講生に「中小企業診断士資格を、もっと一般化したい。庶民のお茶の間に、経営の話を持っていきたい」と言いました。「将来はテレビに出演して、難しい理論をわかりやすいレベルにブレイクダウンしたい。経営って面白いんだということを伝えたい」と話したんです。

― その想いが、後に実現していく。

2007年3月、TBSラジオの制作プロダクションから、突然留守電が入っていました。「4月から始まるラジオ番組に、出演をお願いしたい」という内容でした。最初の収録は緊張しましたが、ワンテイクで終えることができました。初めてラジオに出られたときは、とても嬉しかったですね。

― その後も、日本テレビ「週刊オリラジ経済白書」やテレビ東京「決着! 歴史ミステリー」に出演されていますね。

私の活動のコンセプトは、「経営をもっと身近に、もっと確かに」です。お茶の間に、もっと経営を伝えていきたい。その目的のために、テレビやラジオに出演しています。これからも、「中小企業経営って楽しい。やりがいがあるんだよ」ということをお伝えしていきたいと思います。

父親への恩返し

― TBSラジオに出演したことは、亡くなられたお父様にも報告したそうですね。

2007年9月、亡くなった父親の墓前で、ラジオ出演の報告をしました。そのときのことは、ブログにも書いています。天国の父親も、きっと喜んでくれていると思います。

<2007年9月24日のブログ(http://blog.goo.ne.jp/2300062/e/61cb91b9b2b95e2a78a336642a7be130)より>

今、TBSラジオに出演していることも報告しました。父は、北海道・奥尻島の生まれです。TBSラジオなら全国で聞くことができますから、故郷の父の兄弟もラジオで話す私の声を聞くことができます。

父は20代の前半、おそらく少し訛った言葉で東京・上野駅に降り立ったのでしょう。もし生きていたら、自分の息子が標準語を話して、故郷にも届く全国放送のラジオで話す声を聞いて、それはそれは喜んでくれたはずです。

「オヤジ、オヤジの遺伝子を継いだ俺が、オヤジからもらった声でラジオで話しているんだよ。故郷の奥尻島にも届いているよ」

不思議なもので、こんな報告をして自宅に帰ると、日本テレビから出演依頼の打診メールが届いていました。父はずっと、私のことを見守ってくれているように思います。

― 竹内さんのルーツをたどると、北海道・奥尻島につながるんですね。

竹内幸次さん

私の父親は、奥尻島の漁師でした。東京に出稼ぎに来て、浅草に住んでいた私の母と出会いました。お酒を飲んで暴れることもありましたが、今ではとても感謝しています。

現在、私が起業家に対して「勇気を持って頑張ろうよ」と話しているのは、もしかしたら父への想いと重なっているのかもしれません。父が勇気を持って東京に出てきてくれなかったら、私はこの世に生まれていません。私にとって起業家支援は、父親への恩返しでもあるのです。

(つづく)

【こちらもおススメ!】

竹内幸次(たけうち こうじ)
株式会社スプラム代表取締役社長、中小企業診断士。
1,000回以上の講演実績があり、2008年度に担当した神奈川県商工会連合会「創業塾ステップアップコース」が、満足度全国1位になる。テレビやラジオにも多数出演。
「経営をもっと身近に、もっと確かに」をコンセプトに、経営の知識をわかりやすく伝えている。

会社名 株式会社スプラム
創業 1995年7月7日
設立 1997年9月5日
代表取締役 竹内幸次
所在地 神奈川県横浜市鶴見区豊岡町4-21-205
TEL 045-584-3766
FAX 045-584-3790
HP http://www.spram.co.jp/