経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

中小企業診断士トップランナー訪問

株式会社スプラム代表取締役社長 竹内幸次さん

取材・文:福島 正人(中小企業診断士)

講演1,000回超、メディアにも多数登場!
【第1回】感動が与えられる講演を

取材日:2009年9月21日

今回ご紹介するトップランナーは、中小企業診断士の竹内幸次さん(株式会社スプラム代表取締役社長)です。日本テレビ「週刊オリラジ経済白書」やテレビ東京「決着! 歴史ミステリー」など、マスメディアにも多数登場されています。講演回数も延べ1,000回を超える、人気の中小企業診断士です。

講演はステージ

― 学生時代は、どのように過ごされていましたか。

竹内幸次さん

中学生の頃は、家の近くの空手道場に通っていました。目上の人に対する礼節や、コツコツ鍛錬することの大切さを学びましたね。1日休むと3歩下がる感じがする。だから、"少しでもいいから毎日進む"という習慣を身につけました。

高校生の頃は、バンドに熱中しました。人を喜ばせたいと、「ごきげんバンド」と名づけて活動していました。クレイジーケンバンドのギタリスト・小野瀬雅生さんは、同級生です。卒業式の謝恩会では、一緒のバンドで演奏しました。

― バンドをやっていたとは、意外でした。

自分で作詞・作曲して、アルバムもつくりました。友だちの結婚式では、オリジナルソングを歌ったり。音楽には、本格的に取り組んでいましたね。私は、表現する分野が好きなようです。話したり、歌ったり、文字にしたり......。秋元康さんの作詞塾の通信講座で学んでいた時期もありました。

音楽活動は、現在行っている講演の仕事につながっています。私にとって講演は、バンドのステージと同じです。ステージに立つ前に一生懸命練習するのと同様、講演の仕事も事前準備が大切なんです。

バンドでステージに立てば、来ていただいた方に感動を与えなければいけない。講演も同じで、単に事実を伝えるだけではいけません。コンサートでお客様に感動を与えるのと同じような講演を目指しています。

資格スクールの模試で全国1位に

― 日本大学経済学部に進学後、大手住宅資材会社に入社したのですね。

入社して広報担当になりました。小さい上場会社でしたので、広報担当は私と上司の2名です。テレビCMや社内報をつくっていました。日本経営協会さんの社内報コンクールで1位(金賞)をとったんですが、上司がとても喜んでくれましたね。

20代後半の頃、上司が1冊の書籍を勧めてくれました。『ゼミナール経営学入門』(日本経済新聞出版社)という本です。読んでみると面白い。紙が水を吸うような勢いで、経営学を吸収していきました。この本では、自分がプレーヤーとして仕事をすることよりも、部下を持ってマネジメントしていくことの大切さ・深さを学びました。上司には感謝しています。

― それが、中小企業診断士の資格取得につながっていくんですね。

当時の社長は、中小企業診断士の1次試験に合格していました。それで、「幸次も資格をとらないか」と勧めてくれたんです。経営学の面白さを感じていた私は、資格取得を決意しました。

中小企業診断士の勉強は、独学です。ポケットに入るサイズのノートで、暗記ノートをつくりました。左右に同じ内容の資料を貼りつけ、左側のページだけキーワードを白抜きにします。手づくりの穴埋め問題です。右側のページを見れば、解答がわかる。通勤電車の中で、ノートを開いて暗記していました。

ポケットに入るサイズのノート 暗記ノート

― その結果、資格スクールの2次模試で全国1位になった。

バンドをやっていたこともあり、音を使った暗記にもチャレンジしました。中小企業施策を自分の声でテープに録音し、車の中で聴く。「これさえ覚えれば、自分は合格する」と信じて、何度もくり返し聴きました。それから、空手の経験も試験勉強に活きているんだと思います。試験勉強も空手も、コツコツ鍛錬することが大切なんです。聴いて覚え、書いて覚え、徹底的にくり返して覚えました。

(つづく)

【こちらもおススメ!】

竹内幸次(たけうち こうじ)
株式会社スプラム代表取締役社長、中小企業診断士。
1,000回以上の講演実績があり、2008年度に担当した神奈川県商工会連合会「創業塾ステップアップコース」が、満足度全国1位になる。テレビやラジオにも多数出演。
「経営をもっと身近に、もっと確かに」をコンセプトに、経営の知識をわかりやすく伝えている。

会社名 株式会社スプラム
創業 1995年7月7日
設立 1997年9月5日
代表取締役 竹内幸次
所在地 神奈川県横浜市鶴見区豊岡町4-21-205
TEL 045-584-3766
FAX 045-584-3790
HP http://www.spram.co.jp/