経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

中小企業診断士トップランナー訪問

MORE経営コンサルティング株式会社 代表取締役 日野眞明さん

取材・文:福島 正人(中小企業診断士)

中小企業の"応援団長"
【第1回】商売人のDNA

取材日:2009年7月17日

今回ご紹介するトップランナーは、日本全国を講演やセミナーで飛び回る、中小企業診断士の日野眞明さん(MORE経営コンサルティング(株)代表取締役)です。中小企業の"応援団長"としての熱いメッセージをお届けいたします。

米の小売店を営む家に生まれて

― 実家は、ご商売をされていたそうですね。

日野眞明さん

私は、1960年に愛知県で生まれました。実家は、米の小売店です。父は、米の卸組合に専務理事として行っていて、小売店は母が切り盛りしていました。そのせいか、生活の中には、"お客様"とか"お店"という概念が多かったですね。明治生まれの祖母がいて、「サラリーマンは給料が決まっているけど、商売はやっただけだよ」と言われたのを覚えています。「自分もいつか、商売をやるのだろうな」と、漠然と思っていました。

父親が経営に携わっていた米の卸組合は、年商50億円規模にまで成長しました。最初は年商3,000万円程度でしたので、30年間で160倍くらいの売上になったんです。父には、商売の才能があったんだと思います。

― 子供の頃は、どのような思い出がありますか。

私がまだ小さい頃、母におんぶされて、お米の配達に行っている写真が残っています。子ども3人を育てながら、店を切り盛りしていた母は、すごいと思います。商売のよいところも大変さも、身近に感じて育ちました。

祖母からは、「お金を大事にしなさい」としつけられました。お札のしわを伸ばし、向きをそろえる。それは後に、イトーヨーカ堂に入社してからも、同じでした。レジの中のお札はキチッとそろえる。レジが汚いお店は、絶対に儲からないんです。

私の中には、商売人のDNAが流れています。それを、現在行っている中小企業支援に活かしていきたい。厳しい言葉で言えば、努力が足りない中小企業が多い気がします。たとえば、お店にこだわりがあるなら、もっと情報発信をすればいい。最初は、手書きでPOPをつけるだけでもいいんです。それが、お客様に伝わる。「売れることの喜び」を、もう1度思い出してほしいですね。

商売のベースができた社会人時代

― 中央大学卒業後、イトーヨーカ堂に入社されました。

日野眞明さん

イトーヨーカ堂に入社して、東京・大森店に配属になりました。スポーツ用品、日曜大工、自転車販売などを取り扱う、"スポーツレジャー売場"の担当です。イトーヨーカ堂全店で、ゴルフクラブをいちばん売ったときもありました。

自転車を磨いていると、お客様が近づいてくる。売場を直すと、お客様が来てくれる。売場の仕事は、手を抜いてはいけないんです。陳列を並び替えたり、POPをつけたり......。そうすることで、売上が変わってくるんです。物が売れ、予算を達成するのが、とても楽しかったですね。

― 予算管理はどのようにしていたのですか。

年間の予算、月の予算、毎日の予算がしっかり決まっていました。それを自分の手帳に書いておく。上司から聞かれたら、今日の目標売上と、昨年の同じ日の売上を答えなければならない。「昨年はいくらでした。今日の目標はいくらです」と言うわけです。

予算の管理法は、それぞれの社員が工夫していました。人によって、予算管理するフォーマットが違う。新人だった私は、いろいろな先輩に聞きに行きました。1年前の天気や、チラシを入れた日などもしっかり記録しておく。すると、「昨年は雨だったから、売上が低かった」などの原因がわかるわけです。

今から20年以上前......まだパソコンのない時代でしたが、さすがにイトーヨーカ堂はしっかりしていました。私自身の商売に対するベースができた時期ですね。

(つづく)

日野眞明(ひの まさあき)
MORE経営コンサルティング(株)代表取締役、中小企業診断士。1960年愛知県生まれ。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、イトーヨーカ堂勤務を経て独立。「MOREメソッド」を活用した全国でのセミナー(創業塾、経営革新塾など)、専門誌での執筆(月刊『企業診断』(同友館)、月刊『商業界』(商業界)など)等で活躍している。国立豊橋技術科学大学非常勤講師、中京大学大学院客員教授、(社)中小企業診断協会愛知県支部相談役。

会社名 MORE経営コンサルティング株式会社
創業 1992年1月1日
設立 平成8年8月8日
代表取締役 日野眞明
所在地 愛知県豊橋市八町通1-39
TEL 0532-54-0058
FAX 0532-54-0059
E-mail more.hino@gmail.com