経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

中小企業診断士トップランナー訪問

特別編:座談会・活躍する女性診断士の仕事術

司会:宮崎 洋一

【第2回】コンサルティングの楽しみ

取材日:2007年11月09日

基本的に、クライアントを「つぶさない」ことがポリシー

川口佐和子さん

司会:次に、お仕事のポリシー・経営理念、あるいはクライアントさんとの接し方といった点についてお聞きしていきたいと思います。川口さん、いかがですか。

川口:ポリシーとか経営理念というのは、私の場合、基本的には「つぶさない」ということです。

司会:それが一番大事ですね。

川口:うちの父が2回会社をつぶしていますので、つぶれていくなかで、家族の不安定さとか従業員の不安定さを身をもって経験しているのが大きいと思います。つぶさないようにきれいに清算する方法もあるでしょうし、今はM&Aという方法もあるのでしょうが、まずは「どうやったら継続できるのか」という当たり前のことを当たり前にポリシーにしています。

また、仕事のやり方として、同じ事務所を4人の診断士でシェアしています。そこに1名を加えて5人でマネジメント・ワークショップというユニットを形成してホームページも共有しています。そういうネットワークのなかで、お互いに補完しあいながらクオリティの高いコンサルティングを提供したいと考えています。

司会:ワンストップ・サービス。ネットワークを組んで、うちに言ってくれれば何でも対応しますよ、ということですね。

川口:それはありますね。上岡さんのところは社内で全部内製できるとおっしゃいましたが、うちは逆に社外に若いデザイナーさんが10~15人いて、一緒に飲んだり、懇意にしながら安く仕事をしてもらう(笑)。ディスプレイからパッケージデザインまで、いろいろな得意分野を持つデザイナーさんが周りにいるので、そういう意味ではすごくやりやすく仕事が進んでいます。お客様の求めるものに対してすぐにご提案ができる状態ではあると思います。

プロセスのなかに思い切り入っていきたい

茂木三枝さん

司会:ありがとうございます。茂木さん、いかがでしょうか。「地域密着」ということが1つあるかと思いますが、そのほかに何か?

茂木:支援先の経営者は、30代、40代と同年代の方が多いですね。若手経営者や後継者とともに、事業計画を作成し、明確な目標を設定、それを実現するために営業戦略を見直す、現場を改善する、人材を育成するといったことを支援しています。中小企業のなかには、「事業計画がない」「財務管理が徹底されていない」といったところもありますから。

司会:同世代の経営者の方と一緒になって悩みながら問題を解決していくというイメージですね。

茂木:社名「ウィル(will)」には、「意志」「未来形」という意味があります。「強い意志で未来を築く」という思いを込めました。経営者とともに、「強い意志で未来を築いていこう!」という気持ちで仕事をしています。

司会:ありがとうございます。上岡さん、いかがですか。 

上岡:私はホームページにも出しているのですが、「一緒に、笑顔で、仕事を成功させよう!」ということを1つの"切り札"にしています。もちろん、コンサルティングで成果を出すのですが、そのプロセスのなかに思い切り入っていきたいと思っています。一緒に仕事をしていくだけで経営者意識が高まったりするような、いい刺激を与えていきたいということが1つありますね。

私はコンサルタントがそもそもどういう仕事をするのかということを、よく知らないでこの業界に飛び込んできたので、「何をすることがコンサルタントとしてOKなのか」ということを、今でも自分のなかでカチッと決めていないところがあるのです。やってほしいとか、作ってほしいとか、何かしてくれと言われたときに、その手助けが一緒に楽しくできればいい。「楽しく」というのは楽という意味ではないのですが、「そうできればいいな」ということはいつも思っています。

顧問先従業員の成長をみるのがうれしい

川口:それは一緒ですね。私も何もわからないで始めていますから、コンサルティングをやるなかで自分も成長させてもらったし、取引先も一緒に成長してきました。7年以上お付き合いいただいているところは、入ったとき4店舗で27億円の売上だったのです。今は7店舗で108億円ぐらいまで来ましたので、そういう成功の仕方がコンサルティングの1つの楽しみだと思います。

上岡:すごいですね。急成長じゃないですか。

川口:でも、食品スーパーは1店舗で10億円ぐらい売上が上がるので、最初が少な過ぎた(笑)。ただ、そこがそういうふうに伸びてくださったので、逆に言うとスーパーさんの仕事が増えました。

司会:いま「コンサルティングの楽しみ」というお話がありました。茂木さんは、コンサルティングの仕事をされていてどんなときに楽しいと感じられますか。

茂木:小さなことでもいいから報告があるとうれしいですね。「助言通りにやったら、うまくいきました」とか「お客さまに喜ばれて、お礼の手紙や電話がきました」とか。

司会:それがどんどん積み重なっていって、最終的にその会社さんがよくなっていく。そこにコンサルティングの楽しみがある。

川口:従業員が成長したときはうれしいですね。長期的に見ていると、従業員の成長が目に見えてきますので、それはすごくうれしいです。

(つづく)