経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

中小企業診断士トップランナー訪問

(株)ブレインコンサルティング 代表取締役 保科悦久さん

取材・文:宮崎 洋一

【第1回】 企業のよきブレインとして走り続ける

10年前、企業の参謀・ブレインになりたい、という思いでコンサルティング・ファーム(株)ブレインコンサルティングを立ち上げた保科悦久さん。学生時代からの念願をかなえた創業でした。今回は、常に「お客様の喜び」を意識し経営者として走り続けた10年間を総括していただくとともに、中小企業診断士、大学教員としての近況を語っていただきました。

保科 悦久さん日々悩みの連続で、正直10年もよく持ったなと思う。

― 株式会社ブレインコンサルティングが創立10周年を迎えたとお聞きしております。おめでとうございます。

ありがとうございます。

― この10年を振り返っていろいろと感慨深いものもあると思いますが、いかがでしょうか。

私がこの会社を興したのは、ちょうど監査法人に勤めていて中小企業診断士の登録ができた年でした。今、この10年を振り返ると、この業界につきものの宿命のようなもので当社だけではないと思いますが、3つぐらい大きい課題があると思います。

まず1つ目は10年間でお客様も変わればお客様のニーズも変わる。そのようなニーズに変化しながら会社の取扱商品、コンサルティングのメニューなども適宜変化、対応してきました。だからずっと同じような商品で商売できているのであれば楽だったのにな、と思うときがあります。まずそれが1つ目です。ニーズに合わせた商品をつくらなければいけない。商品開発も大変です。

2つ目は、今スタッフが7人ぐらいいますが、当初はそんなに多いスタッフがいたわけではなく、いろいろな変遷を経ながら今の状態になっています。そういう中でスタッフの定着性という課題がいつもありました。入社という出会いがあり、退職という別れがある中でいろいろなスタッフ、従業員の出たり入ったりがあったなと、それが正直なところです。

3つ目は、これもこの業界の特徴だと思いますが、売上高が急に上がるという喜びもあれば、急に下がるという非常に恐ろしいところもある。

いま振り返ってみると、「お客様がこういうものを望んでいるから早くこういうものをつくらなければならない」とか、「スタッフが辞めてしまった。困ったな。早く補充しなければ」とか。「売上高を開いてみたら去年はひどい年だった」とか、そういうことの連続です。コンサルティングという商売に限って言うと、そういう課題に日々悩んできて10年経ったというのが正直なところです。

― 紆余曲折を経て今日があるといった感じですね。10年の重みが伝わってくるお話です。

10年もよく持ったな(笑)というのが正直なところです。

10年もやってきたので、自分の経営者としてのスタイルをそろそろ確立したい。

― さて、先ほど、商品開発が難しいというお話がありましたが、いま現在、力を入れられている商品・サービスメニューはどんなものになりますか。

はい。当社の業務は大きく2つに分かれています。税務会計をベースとした分野にプラスアルファで企業診断をやっているグループと、ITコーディネーションをやっているグループ。ITコーディネートのほうも、当社は会計が強いというのが売りなので、会計の知識が豊富で、企業の課題から解決策を出すような一連のプロセスをわかっているスタッフが担当しています。

そういう2つのグループがあって、売上比率は、昨年ベースでいうと、だいたい4対6になります。今年は、それをフィフティ・フィフティにしたい。その分、税務会計プラスアルファ企業診断グループにがんばってもらうということです。ITのチームは自分たちの売上を維持、もしくはさらに上げるような努力をし、そこに追いつくようなことにしたいと思っています。

― 具体的な業務内容について少し教えてください。

前者の税務会計プラスアルファ企業診断グループとしては、会計屋ですから法人税の申告、月次決算という税理士先生の定番メニューの他に、昨年は、事業承継のアドバイスであるとか、経営者のファイナンシャルプランニングなどをやってきています。また、ちょっと意外かもしれませんが、医療法人の業務改革などもやってきました。このような昨年やってきたメニューに対して、さらにそこを強みとして今年もやっていきたいというところです。

ITの分野でもこれまでいろいろなことをやってきました。会計ですから財務会計、管理会計のシステム、そして中小企業も大企業も含めて原価の管理ですね。それに加えて、会計屋としての強みのSOX法関連の仕事がここに来て増えてきています。今は上場会社ですが、いずれ中小企業への拡大発展も見込まれますので、今年は大きな企業のSOX法の対応でその力を磨いて、今後、中小企業へ拡大していきたい。

― 経営者として日頃心がけていることは、何かありますか。

10年もやってきたので、自分の経営者としてのスタイルをそろそろ確立したい。これまではただやみくもに走ってきたのでそんな余裕はありませんでしたが、今はどういう自分のスタイルを出そうかということをいろいろ検討しています。偉い経営者の方々のお言葉などを見ながら、自分はどういうスタイルなのかということを点検している最中です。それほどこの10年間というものは、そういうことを意識せずに来てしまったのです。(この項続く)

保科 悦久さん:(株)ブレインコンサルティング 代表取締役

保科 悦久(ほしな よしひさ)/1989年早稲田大学政治経済学部卒業後、監査法人に在籍。1996年、中小企業診断士登録、同年、株式会社ブレインコンサルティングを設立し、同社代表取締役、経営コンサルタントとして活躍する。また2005年からは大学で教鞭を執るなど多彩な活動を展開している。中小企業診断士、公認会計士・税理士、ITコーディネータ。

会社名 株式会社ブレインコンサルティング
設立 1996年11月1日
資本金 10百万円
社員数 7名
所在地 東京都千代田区飯田橋2-6-3 N&Kビル5F
TEL 03-3556-9481
FAX 03-3556-9482
ホームページ http://www.braincon.co.jp