経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

使えるコンサルティングツール

中小企業経営者のための社会的責任(CSR)対応チェックシート

文:鈴木 佳文(中小企業診断士)

東京商工会議所 中小企業経営者のための社会的責任(CSR)対応チェックシート

http://www.tokyo-cci.or.jp/chusho/csr/index.html

おすすめポイント

「中小企業経営者のための社会的責任(CSR)対応チェックシート」は、中小企業経営者が自社の社会的責任に関する対応度を簡便に測るためのツールとして、東京商工会議所が会員企業向けに提供しているものです。

法令の遵守、顧客の信頼の獲得、従業員の自己実現への環境づくり、地域との共存などの10分野を、経営者の姿勢・管理面の対応・実施状況の3段階に分けて構成し、全部で60のチェック項目が用意されています。

東京商工会議所の企業行動規範とセットで活用する仕組みで、チェックをして問題のあった項目については、Web上で詳細な解説を確認できます。このツールを利用することで、クライアントのCSR対応に関する基本的な情報を入手することが可能となるため、便利です。

東京商工会議所:中小企業経営者のための社会的責任(CSR)対応チェックシート 東京商工会議所 企業行動規範

ただし、実際にクライアントに提供するにあたっては、カスタマイズを行うなどの加工が必要となります。実際、数社にお願いしてチェックをしていただきましたが、以下の3点に留意することが必要だと感じました。

項目のカスタマイズ

チェックシートの利用方法にも、自社に必要な項目のみをチェックするよう記載されていますが、チェックシートをそのままクライアントにお渡しすると、項目の多さに挫折してしまわれる可能性があります。項目は、必要なもののみに絞ったほうがよいでしょう。

用語のカスタマイズ

小規模企業に対しては、記載されている用語の理解が不十分で、チェックができない可能性があります。項目によっては、当該クライアントがわかりやすいように言い換えたほうがよいでしょう。

改善にあたってのアドバイス

東京商工会議所のホームページで詳細な解説を閲覧できますが、クライアントに合わせた取組みのアドバイスが必要です。専門家派遣制度経営力向上TOKYOプロジェクトなど、公的な支援制度も併せて紹介するとよいでしょう。