経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

使えるコンサルティングツール

GIS(地理情報システム)活用でエリア戦略を高める

文:村橋 保春

国土交通省 国土計画局   国土情報ウェブマッピングシステム

http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/

国土交通省から提供されているGISを用いた地図ソフトです。

GIS(地理情報システム)とは、位置に関する様々な情報を持ったデータを加工、管理したり、地図の作成や高度な分析などを行うシステム技術の総称です。複数のデータを地図上で重ね合わせ、視覚的に認識しやすい状態で表示できるため、分析結果の判断や管理も非常に容易になります。

画面

「国土情報ウェブマッピングシステム」においては国土数値情報や国土空中写真(カラー)をwebブラウザ上で簡単に見ることができます。

国土数値情報のデータ項目を選択すると、地図上に重ねて表示することが可能です。

現在のところ提供されているデータには国土骨格、水文、施設、土地、自然、産業統計、指定地域、沿岸線などがあります。ちなみに産業統計には、1kmメッシュの事業所数や従業者数が含まれています。さらには地価公示価格等も簡単な操作で地図上に落とすことができ、階級値などの色も自分でカスタマイズすることができます。さらにここで提供されているデータはダウンロードすることも可能です。

位置参照情報のアップロードという機能を使うと、地図上に表示したい施設等の住所や電話番号を入力するだけで、表示させることが可能です。

たとえば、ある地域のショッピングセンターの分布を視覚化する際には、住所、電話番号さえわかれば、簡単に分布図を作成することができます。

現在では試作版で、北海道の一部の地域など、公開されていない地域がごくまれにありますが、十分に活用できるツールであると言えます。