経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

使えるコンサルティングツール

業種別にお店の改善点がチェックできる

文:福島 正人(中小企業診断士)

経営自己診断(あなたのお店の健康診断)

経営自己診断(あなたのお店の健康診断)
  財団法人 全国生活衛生営業指導センター http://www.seiei.or.jp/advice/5.html

財団法人 全国生活衛生営業指導センターサイト「経営自己診断(あなたのお店の健康診断)」では、業種別に10種類の自己診断ができるようになっています。

1)理容業
2)美容業
3)興行場営業
4)クリーニング業(取次店あり)
5)クリーニング業(取次店なし)
6)公衆浴場業
7)ホテル・旅館業
8)氷雪販売業
9)食肉・食鳥肉販売業
10)飲食業

画面各業種には、経営方針・店舗・販売・労務・財務に関し10項目ずつ(計50項目)の質問が用意されています。
  例えば飲食業の質問項目には、次のようなものがあります。

あなたのお店の存在感をアピールする必要があります。遠くからでも分かるような看板、外観になっていますか?(店舗:質問2)

他店との差別化を図るために、あなたのお店には自信を持ってお客様に薦められるオリジナル商品をお持ちですか?(販売:質問1)

お店の損益分岐点の売上高はいくらか、目標利益を出すには目標売上高がいくらになるかを把握していますか?(財務:質問5)

それぞれの質問に、「十分実行している」「だいたい実行している」「実行していない」の3段階で回答すると、診断結果が表示されます。

診断結果は、「判定」(良い、普通、要改善)と「点数」だけでなく、「今後の経営に当たっての留意点」や「改善策」も表示されます。診断結果に基づき、少しずつ改善をしていけば、より良いお店づくりにつながるでしょう。

「経営自己診断(あなたのお店の健康診断)」はコンサルタントが使うこともできますが、可能であれば経営者ご自身に自己診断していただく方が良いでしょう。全項目に対して回答をしても、所要時間は10分程度です。質問に回答していくことで、経営のチェックポイントを自然と身につけることができ、経営能力UPにつながります。