経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

ストーリーで学ぶ中小企業施策

【第2回】家族と社員、仕入先を守る「経営セーフティ共済」

国は、中小企業を支援するためにさまざまな施策を提供しています。しかし、施策を利用してほしい中小企業は施策を知らない、理解が不十分である等の理由により、活用していないことも多いようです。私たち中小企業診断士には、このような企業に対して施策利用を提案していくことも期待されています。
今回は「経営セーフティ共済」について、ストーリー形式でわかりやすくお伝えします。

<登場人物>

田中さん(田中 猛)
田中さん

田中さん(田中 猛)

48歳、和菓子屋の3代目。妻と幼稚園の息子の3人暮らし。商店街の役員を務めるも、最年少の若手で、大先輩たちと若手商店主の意見調整に頭の痛い毎日。経営コンサルタントは理屈屋で役に立たないと思っていたが、5年ほど前に知り合った中小企業診断士の佐藤さんと交流しているうちに、評価は変わってきた。特技は風船細工、口癖は「何か面白いことない?」。

佐藤さん(佐藤 正)
佐藤さん

佐藤さん(佐藤 正)

40歳、独立診断士。お見合い結婚の妻と2人暮らし。独立直後、先輩診断士に言われて訪れた商店街に通い始めて6年目。冠婚葬祭等にも顔を出しながら、支援を続けている。時間を作っては、関係のできたお店に顔を出しているが、「子どもはまだか」と言われるのがつらい今日この頃。特技は料理、口癖は「大丈夫、何とかなりますよ」。

先日、小規模企業共済に加入した田中さん。毎月少しずつ積み立てることで、老後の不安がちょっぴり解消されました。こうして不安が減ると、経営も前向きに考えるようになります。今日は新規事業の相談。中小企業診断士の佐藤さんの事務所を訪問しています。

田中さん(田中 猛)

「先生、今日は新しい事業の相談に来ました」

佐藤さん(佐藤 正)

「おっ、田中さん。新事業ですか? 前向きですね」

田中さん(田中 猛)

「実は、隣の県のスーパーから、『うちの和菓子を取り扱いたい』っていう打診があったんです」

佐藤さん(佐藤 正)

「おおっ、いい話ですね」

田中さん(田中 猛)

「うちは、お店で個人客に売るのが中心なんで、スーパーへ卸すのは初めてなんです」

佐藤さん(佐藤 正)

「田中さんが美味しい和菓子づくりを頑張ってきたから、スーパーが目をつけたのかもしれませんね」

田中さん(田中 猛)

「嬉しくてすぐに契約しようと思ったんだけど、うちのカミさんに『佐藤先生に相談してから』って言われて...」

佐藤さん(佐藤 正)

「ハハハ。田中さんも、奥さんには弱いようですね」

田中さん(田中 猛)

「そうなんだよ。『新しいことをやるときは、佐藤先生に相談してから』ってうるさくて。まったく、亭主のことを信用していないのか...」

佐藤さん(佐藤 正)

「そんなことはないと思いますよ。奥さんは経理を担当されているから、慎重なんですよ。簡単にシミュレーションをしてみましょう」

佐藤さんは、パソコンを開いて計算していきます。

佐藤さん(佐藤 正)

「まず、スーパーへの売上はどのくらい期待できますか?」

田中さん(田中 猛)

「そうだねー。最初は、月50万円くらい。将来的には、月100万円くらいかな」

佐藤さん(佐藤 正)

「スーパーからの回収金は、すぐに入ってくるのですか?」

田中さん(田中 猛)

「聞いたところ、月末締めで3ヵ月後に振込で入ってくるそうです」

佐藤さん(佐藤 正)

「すると、最短で3ヵ月、遅ければ4ヵ月で、平均すると3.5ヵ月ですね。在庫負担を0.5ヵ月プラスすると、100万円×4ヵ月で約400万円の増加運転資金が必要です」

田中さん(田中 猛)

「400万円も!」

びっくりした田中さんの声が、事務所の中に響きます。

佐藤さん(佐藤 正)

「売上が増えると、運転資金の負担も増えます。資金の手当ては、事前に検討しておかないと」

田中さん(田中 猛)

「好調そうに見える会社が突然、資金ショートを起こすのは、そういうことなんですね」

佐藤さん(佐藤 正)

「3ヵ月後の振込を、もう少し早くできるといいのですが...。1ヵ月短くなれば、資金負担が100万円減りますよ」

佐藤さんは、シミュレーション結果を見せながら説明します。

田中さん(田中 猛)

「わかりました。スーパーと交渉してみます」

佐藤さん(佐藤 正)

「製造設備の追加投資は必要ですか?」

田中さん(田中 猛)

「繁忙期にパートさんを増やす必要はありますが、設備は余力があるので大丈夫です」

佐藤さん(佐藤 正)

「設備投資が不要なのは、資金負担がなくていいですね」

田中さんは、少し安心します。

田中さん(田中 猛)

「今回のスーパーとの取引をきっかけに、どんどん販路を拡大していきたいんです」

佐藤さん(佐藤 正)

「さすが田中さん、夢が大きいですね」

田中さん(田中 猛)

「やっぱり、先生に話して良かった。うちのカミさんが言ってたのは、正しかったな」

佐藤さん(佐藤 正)

「田中さんって、奥さん想いですね」

田中さん(田中 猛)

「からかわないでくださいよ」

田中さんは照れながらも、ちょっと嬉しそうです。

佐藤さん(佐藤 正)

「ところで、取引しようとしているのは、どんなスーパーなんですか?」

田中さん(田中 猛)

「隣の県の地場スーパーなんですけど、あまりよく知らないんです。県内で7~8店舗を経営しているようなんですが...」

佐藤さん(佐藤 正)

「取引相手のことを知らないのは、良くないですね。きちんと調べておかないと、後で大変なことになる可能性もありますよ」

田中さん(田中 猛)

「大変なことって、どんなことです?」

佐藤さん(佐藤 正)

「たとえば、スーパーが倒産して売掛金が入ってこなくなったら困りませんか? 先ほど計算した運転資金の400万円が、一部回収できなくなってしまうかもしれませんよ」

田中さん(田中 猛)

「えっ! それは困るなぁ」

個人客を中心に商売してきた田中さんは、代金回収ができないことをあまり意識してこなかったようです。

田中さん(田中 猛)

「お金が入ってこないと、うちの社員に給料が払えなくなったり、仕入先に代金を払えなくなったり...」

佐藤さん(佐藤 正)

「みんな困ってしまいますよね」

田中さん(田中 猛)

「どうすればいいですか?」

佐藤さん(佐藤 正)

「まずは、そのスーパーの信用調査をしてみましょう。私が会員になっている商工会議所に"企業信用調査サービス"があるので、調べてみましょうか?」

田中さん(田中 猛)

「そんなサービスがあるんですか?」

佐藤さん(佐藤 正)

「提携の調査会社が調べた情報を、会員特別価格で見ることができます」

田中さん(田中 猛)

「なるほど。今後のこともあるし、お願いしてみようかな」

【参考】企業信用調査(東京商工会議所)

佐藤さん(佐藤 正)

「それから、万が一のときに備えた、おすすめの制度があります」

田中さん(田中 猛)

「それは何ですか?」

佐藤さん(佐藤 正)

「こちらです」

佐藤さんのパソコンを見ると、"経営セーフティ共済"と書かれたページが開かれていた。

経営セーフティ共済
田中さん(田中 猛)

「"貴方の会社が健全経営でも、「取引先の倒産」という事態はいつ起こるかわかりません。経営セーフティ共済(正式名称:中小企業倒産防止共済制度)は、そのような不測の事態に直面された中小企業の皆様に迅速に資金をお貸しする共済制度です。"と書かれていますね」

佐藤さん(佐藤 正)

「そうです。経営セーフティ共済は、連鎖倒産や経営難に陥ることを防止する制度です」

田中さん(田中 猛)

「どうやって防止するんですか?」

佐藤さん(佐藤 正)

「掛金を積んでおけば、掛金総額の10倍、最高8,000万円まで貸付を受けることができます。担保もいらないし、保証人もいりません」

田中さん(田中 猛)

「それは、いざというときに安心ですね。掛金はいくらからですか?」

佐藤さん(佐藤 正)

「月額5,000円からです。損金に算入できますので、税金面でもお得ですね」

田中さん(田中 猛)

「でも、取引先が倒産しないと、貸付を受けられないのでは?」

佐藤さん(佐藤 正)

「取引先が倒産しなくても借入できる"一時貸付制度"もありますよ」

経営セーフティ共済の説明ページを確認しながら、田中さんは説明を聞いていった。「加入後6ヵ月未満に生じた倒産は、共済貸付の対象にならないこと」、「取引先が"夜逃げ"の場合は、共済貸付の対象にならないこと」等も確認した。

田中さん(田中 猛)

「先生、この制度は入っておいたほうが良さそうですね。うちのカミさんも安心すると思います」

佐藤さん(佐藤 正)

「やっぱり田中さんは、奥さん想いですね」

田中さん(田中 猛)

「もう、からかわないでくださいってー」

事務所の中に、大きな笑い声が響いた。

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)

※ここに掲載されている制度内容は、変更される場合もございます。最新の制度を確認のうえ、お申込みください。

●筆者からひと言

取引先の倒産は、企業経営にとって一大事です。売上が減少しますし、その企業に対する売掛金の回収も難しくなります。大事なのはまず、予防。取引先の信用情報を確認したり、売掛金の入金遅れがないかをチェックしたりすることが大切です。万が一、取引先が倒産したときも、経営セーフティ共済に入っておけば、当面の資金不足に対応できます。「日頃の予防」+「経営セーフティ共済」の2つの柱で、備えておきましょう。

私は銀行員時代、取引先の倒産で困った企業をたくさん見ています。また、経営セーフティ共済に入っていたことで、連鎖倒産を免れた企業もたくさん見てきました。経営セーフティ共済に入ることは、自分の会社を守るだけでなく、従業員を守り、仕入先を守る(さらなる連鎖倒産を防ぐ)ことにもつながります。もちろん、田中さんのように、愛する奥様を守ることにもつながりますよ。

経営セーフティ共済

(おわり)

【執筆者オススメのJ-Net21コンテンツ】

主な中小企業支援施策をピックアップし、目的別ナビゲーションで検索できるようになっています。「東日本大震災復興特別貸付」、「セーフティネット貸付制度」、「設備資金貸付利率特例」、「震災対応型資本性劣後ローン」等、重点施策も一覧できます。