経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

中小企業診断士の仕事

中小企業支援の理想形を目指して活動する「いばらき地域創造ネットワーク」

取材・文:福島正人(中小企業診断士)

【第2回】中小企業応援センター事業開始

取材日:2010年7月21日

前回は、支部として中小企業応援センター事業に応募した理由をお聞きしました。今回は、実際の活動内容について、お話しいただきます。

金融機関・大学・民間団体・NPOが連携

左から横田透コーディネーター、川又昭宏センター長、小園江和博コーディネーター
左から 横田透 コーディネーター
川又昭宏 センター長
小園江和博 コーディネーター

― 実際に中小企業応援センターに応募するのは、大変だったのでは?

川又:応援センターの募集期間は、2週間しかありませんでした。その期間で、膨大な申請書類を完成させなければいけません。初めての取組みなので、大変でした。中小企業診断士の力と意地です。特に連携する団体...コンソーシアムの合意を得なければいけません。

横田:コンソーシアムを組むには、わかりやすく言えば、それぞれの代表者のハンコが必要になります。これまでの人的つながりを活用して、コンソーシアムを構築していきました。

― (社)茨城県経営コンサルタント協会・水戸信用金庫・学校法人日通学園流通経済大学・法政大学地域研究センター・特定非営利法人つむぎつくば...。よくこれだけの団体の協力を得られましたね。

横田:私たちの中小企業応援センターには、金融機関・大学・民間団体・NPOがすべて入っています。全国に84ヵ所の中小企業応援センターがありますが、行政機関のコンソーシアム以外で、金融機関・大学・民間団体・NPOすべてが入っているのは、いばらき地域創造ネットワークだけです。中小企業庁の方にも、「よく集めたね」とびっくりされました。

川又:茨城県には、(財)茨城県中小企業振興公社が中心となって構成されている中小企業応援センターがあります。われわれは、そこと組んでいない団体でコンソーシアムを組まなければいけませんでした。中小企業支援のコンソーシアムをつくるうえで大切なのは、金融機関に入っていただくことです。われわれの場合は、水戸信用金庫さんに入っていただきました。水戸信金さんは、茨城県内に74支店をお持ちです。取引している企業数も、8,000~10,000社くらいあります。中小企業応援センター事業をやるうえで、心強いメンバーです。

川又昭宏センター長
川又昭宏 センター長

― 大学やNPOにも参画いただいた。

川又:大学は、地元・茨城県の日通学園流通経済大学さんと、東京にある法政大学(地域研究センター)さんです。ベンチャー支援分野に強い特定非営利法人つむぎつくばさんにも加わっていただきました。さらに、(社)茨城県経営コンサルタント協会にも参画いただきました。この団体は、中小企業診断士だけでなく、弁護士・税理士・社会保険労務士などもメンバーになっています。さまざまな専門家をそろえることで、どのような相談にも対応できる体制を構築できます。中小企業のさまざまな悩みを、解消できるわけです。

図書館での経営相談も

― 2010年4月から、中小企業応援センター事業をスタートしましたね。どのような活動をしているのですか?

横田:窓口・出張相談事業、専門家派遣事業、セミナー事業を行っています。窓口・出張相談事業は、コーディネーターの小園江さんと私が中心になって、臨機応変に対応しています。窓口相談よりも、出張相談のほうが多いですね。忙しい社長さんをセンターに呼びつけるのではなく、こちらから訪問するようにしています。企業を訪問すると、会社の状況や雰囲気がよくわかるんです。お客さまの都合により、平日の夜に訪問したり、土日に訪問したりすることもあります。

川又:茨城県立図書館での経営相談も行っています。毎月2回の予約制です。予約申し込みをいただくことで、事前に相談準備ができ、しっかり対応できます。1回に4~5件の相談を受け付けています。

― 応援センターがスタートしてまだ3ヵ月弱ですが、相談件数はいかがでしょうか?

横田:ほぼ計画どおりに進んでいます。図書館での受付も含めて、毎月30~40件くらいの相談を受けています。コンソーシアム団体の水戸信用金庫さんにも、相談企業を紹介していただいています。県内74 支店にパンフレットを置いていただき、案件を持ち込んでいただいているんです。

― セミナー事業や専門家派遣事業も行っているのですね。

川又昭宏センター長、横田透コーディネーター、小園江和博コーディネーター

横田:6~7月は、創業セミナー・経営革新セミナー・知的資産セミナーをやりました。毎回30名~40名くらいの方に参加いただいています。セミナーではアンケートをとっていて、経営相談の利用にもつなげてもらっています。応援センターを利用するきっかけにしていただければと思います。

小園江:専門家派遣事業では、現在約60人の専門家に登録いただいています。中小企業診断士もいますし、税理士さんや公認会計士さんもいます。東京や千葉県など、茨城県支部以外の中小企業診断士にも協力いただいています。

(つづく)

【こちらもおススメ!】

組織名 中小企業応援センター「いばらき地域創造ネットワーク」
コンソーシアム団体 (社)中小企業診断協会茨城県支部(代表法人)
(社)茨城県経営コンサルタント協会
水戸信用金庫
学校法人日通学園流通経済大学
法政大学地域研究センター
特定非営利法人つむぎつくば
センター長 川又昭宏
所在地 【水戸本部】茨城県水戸市大町3-2-51
【つくば窓口センター】茨城県つくば市並木3-26-20
TEL 029-851-3403
ホームページ http://ibaraki-souzou.jimdo.com/