経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

中小企業診断士の仕事

地域から日本を変えたい!―“農業革命”を目指すスーパーキャリア診断士

取材・文:福島 正人(中小企業診断士)

【第1回】異色の経歴を持つ男

取材日:2010年4月29日

今回は、中小企業診断士2年目の藤井大介さんにスポットをあててお届けします。藤井さんは現在、(株)ファーム・アンド・ファーム・カンパニーの代表取締役として、中小企業診断士の資格を活かした開業支援や経営支援、企業再生に取り組む一方、農業を中心とした経営支援を展開していらっしゃいますが、その事業内容もさることながら、「異色の経歴を持つ男」として各種メディアで取り上げられ、注目を集めています。
今回のレポートを通じて、藤井さんの本質に迫り、その魅力を余すところなくお届けしたいと思います。

華麗なるキャリア

― 藤井さんは現在、新聞各紙などでも大変注目されていますが、さっそく、噂の「異色の経歴」から教えていただけますか。

藤井大介さん

防衛大で航空宇宙工学を専攻し、卒業。その後、海上自衛隊の幹部として1年半ほど勤務しました。

半年ほどの遠洋航海部隊からの帰国と同時に退官し、渡米してテキサス大学院に入り、再度航空宇宙を学びました。そこでは、大学院生のかたわら、大学研究所での研究員アシスタントとして、衛星のデータを使用した地球環境分析などを経験しました。

そして、修士を取得して大学院を卒業後、帰国して川崎重工業(株)に入社し、大型航空機の機体設計を行うことに。社内では、強度計算や設計を行うための機体レベルの荷重設計を担当していました。

その後、本田技術研究所(株)に入社し、四輪開発センターというところで、四輪自動車の衝突安全の研究開発や制御サスペンションの研究開発を行いました。そこに6年弱勤務した後、平成21年8月に退職し、同年10月に会社を設立して現在に至っています。

すべて1本でつながっている

― なるほど。噂に違わず、随分と多岐にわたるご経歴ですね。まったく異なる分野を渡り歩いてきたようにお見受けしますが、好奇心の範囲が広いということなのでしょうか。それとも、飽きっぽい性格とか?(笑)

まるで無関係の経歴にみえるかもしれませんが、自分の中では、それぞれ違うことをやっているつもりはまったくなくて...。すべて1本でつながっているんですよ(笑)。

― ではまず、ご経歴の最初に出てくる防衛大に行こうと思われたきっかけは?

海上自衛隊員時代

航空宇宙工学を学びたかったからですね。子どもの頃から、ブラックホールやUFOといった宇宙の謎、ノストラダムスの大予言や占い・手相学といった神秘の世界に興味があり、また、レゴブロックでさまざまなものをつくるのも大好きでした。数学や物理学も好きで、自分は技術者向きだな、と感じていたんですが、中学生くらいのときから、航空機やロケットの開発をしたいと思うようになりました。自分の中の「科学への興味」と「ものづくりへの興味」が融合したんだと思います。実家が自動車部品のゴム工場をやっていたのも、影響しているかもしれません。

実は、自衛隊は義務的に行っただけで、目的を叶えるために、アメリカの大学院に行きました。防衛大の教授陣は皆、アメリカで学んでいましたし、本気で勉強するならアメリカで学ぶ、という業界の風潮もありましたので、衛星関係では世界的に有名なテキサス大学院で勉強しました。

― 次は川崎重工ですが、なぜ日本へ?

日本の航空宇宙産業に貢献したい、という思いからです。防衛大で教わった「日本のために尽くす」という考え方が、心に浸透していたのだと思います。渡米前から、日本に戻って貢献しよう、と決めていました。

― 本田技研への転職はどうしてですか。

新聞・雑誌にも多数登場

日本の航空宇宙産業の限界を感じたからですね。航空機やロケットの開発という夢を追いかけてはきましたが、アメリカの市場の大きさをみて、日本の市場や技術レベルという観点から考えると、将来的な産業の拡大には難しい面があり、ならば、もっと広く「ものづくり」という観点で自分を試してみたい、と思うようになりました。そこで、R&Dに関する潤沢な資金があり、技術に身を置ける会社を探し、本田技研にたどりついた、というわけです。

6年間の本田技研での経験を通じて、自分なりに「ものづくりなら何でもできる」という自信がつきました。ロケットとかクルマとか、つくる「何か」への興味よりも、「ものづくり」そのものへの興味が増していったように思います。

(つづく)

【こちらもおススメ!】

藤井大介(ふじい だいすけ)
(株)ファーム・アンド・ファーム・カンパニー代表取締役。中小企業診断士。1975年埼玉県生まれ。防衛大、米国テキサス大学院卒。航空宇宙工学を学び、川崎重工業(株)や本田技術研究所(株)に技術者として勤務。2008年中小企業診断士登録、同年、農場運営のほか農業経営への助言も手がける(株)ファーム・アンド・ファーム・カンパニーを設立。(社)中小企業診断協会栃木県支部理事・青年部部長、栃木県経営改善相談窓口登録専門相談員、栃木県中小企業再生支援協議会支援専門家、栃木県商工会連合会エキスパート登録専門家。

会社名 (株)ファーム・アンド・ファーム・カンパニー
代表 藤井大介
所在地 栃木県宇都宮市元今泉5-1-22ユニビル201
ホームページ http://www.farmfirm.co.jp/
E-mail info@farmfirm.co.jp