経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

活躍中の独立診断士へインタビュー

最前線の診断士

経営者とコンサルタントの二足のわらじで活躍する中小企業診断士 山崎 泰央さん

取材・文:安野 元人(中小企業診断士)原 慎之介(中小企業診断士)

【第1回】二足のわらじを履いて

2019年1月29日(取材日:2018年12月10日)

中小企業診断士でありながら、東京・神田の日本酒飲み放題のお店「美味しい日本酒nomel」の経営者でもある山崎さん。第1回は、中小企業診断士として独立後に二足のわらじを履くことになったきっかけや、店舗運営の最前線にいるからこそわかる課題について伺いました。

世界が広がり独立の道へ

―中小企業診断士として独立を決断されたのは、どのようなタイミングでしたか。

会社に勤務していた頃から、いつかは独立して自分でやっていきたいと考えていたのですが、考えていたよりもだいぶ早くに独立してしまいました。
診断士資格を取得後、中小企業診断士の知り合いが一気に200人ほど増えました。独立している人の話を聞くと、皆さん、とても充実していて、たくさんの刺激を受けました。会社の仕事も楽しく、資格取得まで独立は考えていなかったのですが、重要な示唆を与えてくれる人たちと出会い、影響を受け続けた結果、独立の道へと進んでいきました。2011年の診断士登録後、翌年には独立していました。

日本酒を好きになってもらえるきっかけを作りたい

―日本酒飲み放題のお店を始めようと思われたきっかけを教えてください。

元々は、学生の頃に日本酒を飲んだときのイメージが強く、日本酒はあまり好きではありませんでした。その後、社会人になって「本物」の日本酒に出会い、飲んでみたらとてもおいしく、とても好きになりました。
しかし、日常生活で日本酒を買えるのはスーパーやコンビニくらいで、「本物」と出会える機会はそう多くありません。そのため、かつての私のように日本酒への良くないイメージをもっている人がたくさんいるのではないかと思いました。そのような人たちに、「本物」の日本酒との出会いの場を作りたい、という思いがお店を開くきっかけになりました。
お店のターゲットは、「日本酒に興味はあるけれど、日本酒のことがよくわからない人」です。そのような人が、日本酒を好きになる初めの一歩を踏み出せるように、イベントやセミナーなども開催しています。

創業支援の経験を自身に活かす

―店舗を開業するうえで、重要なことは何でしょうか。

創業支援に携わっているとよく意識することですが、支援者には「コーディネーター」、「アドバイザー」、「メンター」の大きく3つの役割があるということです。中小企業診断士はその中で、アドバイザーの役割を担うことが多いですが、創業時には業界の歩き方を知っているメンターを見つけることが重要です。
私も開業前は、日本酒飲み放題の業態を最初に始めたメンターのお店で修行をしました。お店のレイアウトを考えたり、仕入れ先を紹介してもらったりとお世話になりました。日本酒業界は、5フォース分析でいう「売り手の交渉力」がとても強く、仕入れ先の酒屋さんとの関係次第で、仕入れられる銘柄も変わってきます。新しい売り先を紹介してくれるメンターと酒屋さんの関係性はよりいっそう深まっていき、酒屋さん、メンター、私のそれぞれにメリットがあるwin-winの関係を築くことができました。これは、お店を続けていくうえでいまも活きている重要な要素だと思います。

―店舗の運営面では、どのような苦労がありますか。

人の面での苦労が多いですね。少し前までは、私一人で運営している時期がありました。当時は、出張があればお店はお休みになってしまうため、誰か働ける人はいないかと、お客さまにも声をかけたりしていました。
周辺の飲食店からも、お客さまよりも働く人を集める方がたいへんとの声を聞きます。いまはアルバイトがメインでお店を回してくれていますが、ホームページやSNSの更新、店内の販促物を作るような集客や販促の活動はできていません。このような活動はお客さまが来店するきっかけになりますので、ここを疎かにするとお店が先細りになってしまいます。
支援先と話していても、皆さん、大体同じような悩みを抱えています。私も現場を知っているからこそ、リアルな悩みを共感できるようになり、経営支援の際に店主さんとのコミュニケーションの中身がだいぶ変化しました。同じ経営者ということで、支援先からの信頼も増したように感じます。

―次回は、山崎さんが中小企業診断士になる前の仕事や、競合調査の重要性について伺います。

(つづく)

【お役立ち情報】

【関連情報】

  • 自身の経験を活かし、後継者が真の経営者になることをお手伝い

プロフィール

山崎 泰央(やまざき やすお)
東京・神田にて「日本酒セルフ飲み放題 美味しい日本酒nomel」を経営し、定期的にイベントも開催。中小企業診断士としては、企業研修や人材アセスメントなど多方面で活躍している。コンサルタントとして、食品・外食・店舗ビジネスに関する多店舗展開支援、フランチャイズ本部構築支援、販路開拓・営業支援、店舗ビジネス経営支援を手がけるほか、中小企業基盤整備機構人材支援アドバイザーとして、「ちょこっとゼミナール」などにも企画立案・講師として参画している。