経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

活躍中の独立診断士へインタビュー

最前線の診断士

一般社団法人エコ食品健究会代表理事・中小企業診断士 久保正英さん エコと健康を切り口に、三陸地方や全国の中小企業を元気にする

文:岩倉 光隆(中小企業診断士)

【第3回】良くするスパイラルにかかわり、応援される存在になる

取材日:2013年11月20日

最終回は、エコ食品健究会、ウォーターフットプリント実践塾、炊き出しグランプリ、そして兼業農家と活躍のフィールドを広げる久保さんから、中小企業診断士へのメッセージを伺いました。

良くするスパイラルを作り出す

― 良くするスパイラルにかかわっていくのが、久保さんのテーマなのですね。

農作業の様子
農作業の様子

何か課題があり、それを改善するための起案をする。そして、あるべき姿を共有しながら、維持・拡大の波を作っていく。その具体的なプロセスが大切です。

― 農家としての取組みは、少し違うもののようにも感じますが。

質は違いますが、良くするスパイラルを生み出す取組みという点では、変わりはありません。たとえば農薬を減らしたほうが良いのは、お客様の感覚としては当たり前の話です。こんなことを中小加工食品メーカーや、一次産業寄りの農作物加工メーカーに言っても当然、「そんなことはわかっている」となってしまいます。ならば、自分がリーダーシップをとり、自ら野菜を生産して、メーカーサイドに姿を見せるしかないと思ったのです。

― コンサルタント自身が野菜生産などを行うことで、販売側などの意識も変えているのですね。

収穫した野菜
収穫した野菜

はい。たとえば米菓では、お米の良さをバイヤーに働きかけます。有機栽培のお米や、農薬を使っていない自然栽培のお米など、それらに伴う一連の苦労をバイヤーに話すと、彼らの意識が変わるのです。

私は、メリット・デメリットで商談をしません。自分が農家をやっていることで農家の苦労がわかりますから、その苦労をもとに商談をしています。具体的には、「これだけ一生懸命に作って価格が20円では、生計を立てていけない。自分の取り分も含め、価格を50円か60円にはしたい。だから、そういった考えで値をつけてほしい」といったように話をするのです。

応援される存在になる

― 最後に、中小企業診断士に向けてメッセージをお願いします。

大事なことは、自分に対する期待値です。「この人と一緒にいれば良くなりそう」という期待感、と言ったほうがわかりやすいでしょうか。

近年、書籍やネットの情報を見れば、ほとんどのマーケティングや生産管理などの経営知識は自分で得られます。でも、それだけでは仕事になりません。中小企業診断士に限らずコンサルタント、支援する側の人間にとって大切なことは、オリジナルな経験則に裏づけられたコンテンツを持つことです。そして、そのコンテンツが応援されることが大切です。

いま、農家としても私はお客様から応援され、野菜を購入してもらっています。この購買システムを「応援購買」と言いますが、そういった仕組みが大切です。私の栽培に対する気持ちや野菜の栽培過程を見せることで、応援したいという気持ちをお客様の心に醸成することができます。他の取組みにも言えることですが、エコ食品健究会の炊き出しグランプリや企業間連携も同じで、私の取組みの趣旨や気持ちを応援してもらっているから、輪ができるのです。

応援されるための要件には、期待値や楽しい空間、元気になる空間などがありますが、私はただ、それらを意識しているだけです。もし応援されなかったとすれば、それは自分が悪い。応援されるような目標や夢を語れていないということですし、コミュニケーション能力が低く、努力が足りないと自身を振り返ってみることが必要ではないかと思います。

取材を終えて

エコプロダクト2013での久保さん
エコプロダクト2013での
久保さん(右)

後日、東京ビッグサイトで開催された日本一の環境展示会「エコプロダクト2013」のエコ食品健究会のブースに久保さんを訪ねました。久保さんは、ウォーターフットプリント実践塾に共同で取り組む東京都市大学の大学生たちとともに、ブースを訪問する人たちに熱心に話をされていました。

泉から湧き出す水のように、次々とアイデアを実践し、形にしていく久保さんの姿を間近で見ることができ、私も気持ちを新たにすることができました。

【関連情報】

(おわり)

【参考ホームページ】

久保 正英(くぼ まさひで)
中小企業診断士。KUBO経営コンサルティングオフィス代表。マーケティング実行支援コンサルタント。山崎製パン等大手食品メーカーの経営企画、大手コンサルティング会社を経て2006年より現職。2010年より中小食関連企業252社の会員組織一般社団法人エコ食品健究会代表理事。
2006年~2013年の主な公表可能支援先実績:ロッテ・湖池屋・カルビー・大阪前田製菓・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、東海氷糖・パイン・カネフク製菓・三幸食品・尾崎食品・フクイ・富士屋あられ・カネタツーワン・ユニバース・ヤマザワ・平和堂・天満屋ストア・サミット・日生協・新潟ゆのたに 等