経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

多摩大学ルネッサンスセンター教授 原田保さんに聞く

取材・文:鈴木佳文(中小企業診断士)

【第2回】企業内診断士はセンタープレイヤーを目指せ

中小企業診断士資格について、辛口のご意見をお持ちの原田さん。駆け出し診断士には耳の痛いお話ですが、「稼げる診断士」を目指す立場に立てば傾聴に値します。そこには診断士としての「心構え」として大切なものが含まれています。

原田保さん時代に応じて変遷する中小企業診断士像

― 中小企業とのお付き合いの仕方も変わってきていると思いますが...。

次世代のやり方はもちろん当時のやり方と大きく違ってくるわけですけれど、そのやり方にどのくらいの若い中小企業診断士が対応できるかということが問題になってきます。中小企業ということに限定すれば、まだまだ優位性があるかも分からないけれど、経営コンサルティングということであればいろいろな人たちがライバルになるわけですから、中小企業診断士というよりその人の持っている比較優位性が重要ですね。コンサルをやる人間がどのように仕事をするのかということと、中小企業診断士としてどうするのかということは、別の問題になってきている。

今は、いろいろな士業とネットワークを組んで対応することが流行っていますけれど、他と大きく違うのは、中小企業診断士だから仕事が来るのではなく、その人だから仕事が来るんですよね。複数の資格をとって幅を広げる方もいるし、グループとして対応される方々もいる。それはそれで、仕事を取ってくるための手段としては良いのですが、何よりも自分のアイデンティティをどのように確立するのかというのは、大きな問題になってくると思います。

やはり、独立して稼げる若い人に中小企業診断士を取ってもらいたいですね。

企業内診断士はセンタープレイヤーを目指せ

― 現在は企業内診断士の割合のほうが高いですが...。

社会人大学院に来る人でも、企業の中でセンタープレイヤーでない人が多い。センタープレイヤーでなかった人がコンサルという立場に立った時のアプローチが多少問題になります。理想を追求しようというアプローチがそういう人たちに多くて、要するに頭でっかちになっている可能性があるかもしれない。会社で理想が実現できなかったから、今度は外側に立って理想を実現しようとするアプローチが多いという印象です。

しかし、外に出たから出来るってわけでもないですよね。人の能力というのは内にいても外にいても同じだから、中で仕事ができなかった人は外に出ても仕事ができない。中小企業診断士をとったから急に仕事が出来るようになるわけじゃなくて、その人個人の能力をどうやって高めるかということが大切なんですね。特に、コンサルタントは資格がなくてもできる仕事だから、中小企業診断士をとったから仕事がとれると勘違いしたとたんに人は使わなくなります。

― 企業内診断士でも取引先の支援などに大きな可能性を持っているはずなのですが...。

やりたくても出来ないですよね。企業内に取引先の支援部署やコンサル部門があるならともかくとして、基本的には経理なら経理と部分的な仕事しかしていない。部署があっても配属されていないことのほうが多いから、仕事と資格がリンクしていないのですね。だから"ペーパー診断士"がゾロゾロ出てくる。社長になるとか、トップボードに加わるとか、センタープレイヤーになる人が増えてほしいと思います。

自己啓発目的で診断士資格を取られるのは良いことだと思いますが、資格のステイタスという意味では困る。コンサルタントやトップとしての能力や経験は充分にある人が、資格が必要だから仕方なく取るというケースが増えるのが望ましいですね。大躍進した会社の社長や名だたるコンサルティングファームの社長がじつは中小企業診断士だったというような...だから、若い合格者が増えているというのは良いことだと思います。センタープレイヤーとして望まれる人になっていただきたいですね。

稼げる中小企業診断士が資格の価値を高める

原田保さん

― 原田先生のおっしゃる「プロ」は稼げるということが前提ですが...。

やはり、経営コンサルタントで食っていける人が中小企業診断士を取るという流れが必要ですね。資格のステイタスという意味ではもっと絞り込んだほうがよい。年間に何件の実績があって、いくら稼いでいるかというのを登録や更新の要件にするべきでしょうね。仕事ができる人が取る資格であるというイメージが大切です。これから弁護士が増えて、弁護士事務所に入れないような人が出てくると思いますが、そうすると弁護士資格のステイタスも確実に下がるでしょうね。

経営コンサルタントとしての仕事の資格ですから、それで食べていける人が取るべきなのですね。今はMBAのような学位的な位置づけにもなっていますが、むしろMBAを取った人が診断士の資格を取る。コンサルティングファームで経営コンサルタントをしている人が取る。経営者などトップボードに位置する人が取る。

資格を取ることが目的ではなくて、活用して社会に役立てていくことが目的であると思います。ですから、独立して稼いでいる中小企業診断士にスポットを当ててもっと紹介してほしいですね。稼いでいる人が持っている資格ということであれば、価値は高まります。

― それでは、稼げる診断士に必要な能力を1つあげるとすると何でしょうか。

この人に仕事を頼みたいと思わせる力ですね。この人に頼めば問題を解決してくれる、この人に頼めば売上が増える、この人が傍にいてくれれば困難が乗り越えられる、そう思われる人間になることが大切です。知識じゃなくて非常にメンタルな部分、価値の創造やさまざまな工夫を積み重ねてきた経験からかもし出されるオーラのようなものですね。だから、若い人たちに頑張ってもらって実際にソリューションを提供していく仕事を積み重ねてほしいと思います。ともかく、稼げる診断士が増えることを期待しています。

原田 保さん:多摩大学ルネッサンスセンター教授

原田 保(はらだ たもつ)/1947年生まれ。1971年、早稲田大学政治経済学部卒業。㈱西武百貨店取締役、香川大学経済学部教授を経て、現在、多摩大学ルネッサンスセンター教授。主要著書に『デジタル流通戦略』『戦略的パーソナルマーケティング』『ソシオビジネス革命』『21世紀の経営戦略』『場と関係の経営学』『コーディネートパワー』などがある。