経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

目指せ! 中小企業診断士

さまざまな中小企業診断士登録養成機関の実態に迫る

取材・文:岩村 信寿山下 典明

【第3回】中小企業診断士養成課程交流会参加メンバーに聞く [3]

取材日:2012年9月30日

最終回となる今回は、中小企業診断士養成課程交流会に参加されている日本マンパワーの長田和弘さん、日本生産性本部の山之内謙太郎さん、兵庫県立大学大学院の村上健司さん、法政大学大学院の石川知穂さんの4名に、各養成機関の特徴やご自身のお考えをうかがいました。

<日本マンパワー・長田和弘さん>
特徴:仕事との両立が可能な1年コース

― 診断士資格取得を目指したきっかけを教えてください。

長田和弘さん
長田和弘さん

長田:私は税理士なのですが、普段訪問している企業は零細企業が多く、外部環境の変化への対応に苦慮しているケースが多く見受けられます。後づけの税務処理だけでなく、現在進行形で経営への助言を行いたいと思うようになり、診断士資格取得を目指しました。

― 診断士資格取得後に目指すのは、どのような姿でしょうか。

長田:現在の税理士という仕事は中心に据えながらも、積極的にコンサルタント業務にもかかわっていきたいと思っています。

― 長田さんの同期の方々についてお聞かせください。

長田:2012年度6期には24名が在籍し、20~60代と幅広い年齢層(平均40歳)で構成されています。在籍する方の3分の1が2~3年後にプロコンとしての独立を目指しており、学び舎としての活性度も高く、切磋琢磨できる環境が整っています。

― 日本マンパワーを選んだ理由を教えてください。

長田:私は、勤務のかたわら、2年制の学校に通い続ける自信がなかったので、働きながら通える養成機関としては最短の1年で卒業できる日本マンパワーを選びました。

― 日本マンパワーの特徴は何でしょうか。

長田:働きながら診断士資格取得が可能なこと、また1年という短期間でそれを実現できることが魅力です。一方で、土日の時間をほぼすべて、養成課程に注ぎ込むことになるので、適度な休養をとるタイミング等、体調管理には注意が必要です。家族がいる方にとっては、家族サービスが手薄になるため、その理解と協力が不可欠となります。また一部他校も同様ですが、基本的に土日出勤はできない旨、職場から承諾を得ておくことが必須です。

講師は大学教授、および実務家の中小企業診断士で構成されています。後者のほうが若干多い傾向です。現場で活躍されている方が多く、理論だけでは説明が難しいファジーな部分、経験や勘といった領域を熱く語ってくださり、受講生の満足度も高いようです。

診断実習(計5回)は、1回につき3週間をかけて実施されます。ここでは、講義で得た知識を実習に反映させる工夫が施されており、卒業後の即戦力化を視野に入れている姿勢がうかがえます。経験豊富な指導員から学ぶことも多く、診断実習の満足度は高いようです。

<日本生産性本部・山之内謙太郎さん>
特徴:6ヵ月の短期集中型、経営コンサルタント資格を付与

― 診断士資格取得を目指したきっかけを教えてください。

山之内謙太郎さん
山之内謙太郎さん

山之内:自身が会社経営をしていることもあり、まずは経営に関する知識を体系的に底上げしたいという気持ちがありました。そのうえで、経営の本質となる戦略策定段階から中小企業を支援することで、経営課題の解決手段としてのIT活用をより有効に提案したいと思い、診断士資格取得を目指しました。

― 診断士資格取得後に目指すのは、どのような姿でしょうか。

山之内:私はIT業界に10年近く在籍していますので、ITがわかる中小企業診断士として、中小企業のIT経営を実現するためのコンサルティングを行っていきたいと考えています。また、日本の事業所数が減少傾向にある中、それに歯止めをかけるためにも、創業支援や新規事業の立ち上げ支援等を通じて、成長性のある元気な企業を増やすサポートをしていきたいと思っています。

― 山之内さんの同期の方々についてお聞かせください。

山之内:2012年度9期には32名が在籍し、30~60代と幅広い年齢層(平均40歳)で構成されています。在籍する方の3分の1がプロコンとしての独立を目指すなど、卒業後の自己実現に向けた熱心な姿がうかがえます。

― 生産性本部は、もっとも短い期間で診断士資格を取得できるそうですね。

山之内:はい。通学期間は6ヵ月と、今回の調査対象8校中で最短です。この短期間に、診断実習5回を含む全課程の修了を目指すため、時間と気力を集中的に注ぎ込むことになります。短期集中型の方や休職利用者には、適している環境ではないでしょうか。一方、職場の立場上、どうしても仕事が外せない場合は、会社にスケジュール調整をしてもらうなど、周囲の協力が不可欠です。他校も同様ですが、一定の出席率を下回ると、診断士資格が取得できなくなります。

― 日本生産性本部を選んだ理由を教えてください。

山之内:現業を続けながらの通学が前提でしたので、通学期間が半年ともっとも短かったのが、一番の理由でした。

― 日本生産性本部の特徴は何でしょうか。

山之内:講師は、実務家のプロコンが多い傾向があります。ゼネラリスト系プロコンが主で、基本的フレームワークを駆使して底上げを図る形式が多いのが特徴です。授業内容は、コンサルティング経験を踏まえた現場重視の内容で構成されています。これは、ケーススタディにおいても同様です。

また、診断実習は10日間泊まり込みで行うため、非常に濃密な時間を体験できます。集団行動が苦でない人にとっては、最適な環境です。例年、金融機関に属する生徒が多く、診断実習においては、現実的な改善策を提案する傾向にあるとのことです。ご自身の目指すコンサルティング・スタイルがこの傾向に合致するならば、とても実り多い診断実習になると思います。

さらに成績優秀者には、「経営コンサルタント資格」((社)全日本能率連盟に登録されたわが国唯一の称号で、日本生産性本部が実施する当該カリキュラムを修了し、認定資格試験に合格した方に与えられるもの)が付与されます。これは、他校にない制度です。この資格を活用した卒業後の展開は魅力的です。養成課程で成果を出すうえで、より一層モチベーションを高める促進剤となるのではないでしょうか。

【参考】