経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

目指せ! 中小企業診断士

さまざまな中小企業診断士登録養成機関の実態に迫る

取材・文:岩村 信寿山下 典明

【第2回】中小企業診断士養成課程交流会参加メンバーに聞く [2]

取材日:2012年9月30日

<東洋大学大学院・中村秀剛さん>
特徴:2年間で、中小企業診断士とMBAのダブルライセンスを取得可能

― 診断士資格取得を目指したきっかけを教えてください。

中村秀剛さん
中村秀剛さん

中村:私は、社会人経験としてはシステム開発会社のSEとしての期間が一番長いのですが、現在はITコンサルの会社で中小企業の業務改善コンサルと、それを実現するクラウドを活用した自社製品の導入を行っています。そして、システムの要件定義や運用後の保守にかかわる中で、システムだけでは解決できない課題に対する解決策を検討するようになり、より広い視野で解決を図りたいという欲求から、診断士資格取得を目指しました。

― 診断士資格取得後に目指すのは、どのような姿でしょうか。

中村:故郷の新潟に貢献できるような存在になりたいと考えています。

― 中村さんは、1次試験通過後に養成課程を選択されたわけですが、養成課程を選択された理由や目的をうかがいたいと思います。養成課程に入る前に何を期待し、希望されていたのか、またその思いと現実とのギャップについてお聞かせください。

中村:養成課程に入る前は、2次試験に対する行き詰まり感を感じていました。それを払拭できるのであればと思って申し込みました。実務経験を積めることと、2年間お金を払って通うため、優秀な方やさまざまな問題意識を持った方が入ってくるだろうという期待もありました。

入学後の授業内容等については、概ね満足しています。特に実習の現場では、さまざまな経験ができました。自分が得意な分野以外でも、強制的にやらざるを得なくなったこと等もあり、そうした経験は今後のコンサル活動にも役立つと思います。

一方で、優秀な方が集まるだろうという点については、MBAや診断士資格の取得を主目的に入ってくる人もいるかもしれません。そんな中で志を維持し、向上心を忘れず、環境を活用できるかどうかが、その後の自分自身の成長を左右すると思います。

― 東洋大学大学院を選んだ理由を教えてください。

中村:第一に、授業と仕事を両立できることです。また、MBAと中小企業診断士のダブルライセンスを取得できること、さらに養成課程の受験説明会で、2次試験に対する私の思いが教授の方と一致したことも理由の1つです。

― 東洋大学大学院の特徴は何でしょうか。

中村:コンサルティングの実務経験を、優秀な中小企業診断士の指導を受けながら経験できる点です。さらに、2年間の講義ではさまざまな先生との出会いがあり、今後の診断士活動の糧になると考えています。また、自ら学びの意志を持った仲間と2年間、行動をともにすることで、お互いに成長し合える環境であることも特徴だと思います。

<名古屋商科大学大学院・松島大介さん>
特徴:中小企業診断士と、世界2大評価機関の正式認証を得ているMBAを取得できる

― 診断士資格取得を目指したきっかけを教えてください。

松島大介さん
松島大介さん

松島:現職の、IT関連企業(中小企業)の総務課での業務に役立つと考えたからです。元々は、父が中小企業を経営していたものの、銀行の破綻とともに資金繰りが悪化して倒産してしまったため、何か中小企業の役に立つことをしたいという気持ちが根底にありました。

― 診断士資格取得後に目指すのは、どのような姿でしょうか。

松島:国内市場の縮小やアジア新興国を中心とした市場の拡大等により、国内の製造業をはじめ、工場が徐々に海外へ移転し、その波が中小企業にも押し寄せていることを、診断実習で目の当たりにしました。そして、海外進出に関する課題解決へのアドバイスが求められており、私の海外経験が役立つこともわかりました。今後は、日本と海外をつなぐ、日本で一番多くの国とかかわった中小企業診断士として活躍できればと考えています。

― 名古屋商科大学大学院を選んだ理由を教えてください。

松島:中小企業診断士だけでなく、MBAの勉強にも取組むことで、大企業から中小・ベンチャー企業までの経営視点を実践的に広く学べる環境に魅力を感じました。MBAにおける世界2大評価機関の正式認証を取得していることも、大きなポイントでした。また、素晴らしい実務経験者である教授陣が教鞭をとっていること、MBA、税理士等を目指す、より広範囲な人的つながりを将来にわたって得られると考えました。

― 松島さんは、1次試験通過後に養成課程を選択されたわけですが、養成課程を選択された理由や目的をうかがいたいと思います。養成課程に入る前に何を期待し、希望されていたのか、またその思いと現実とのギャップについてお聞かせください。

松島:2次試験には、出題者の意図する解答があります。資格試験という性格上、当然のことですが、残念ながら当時の私の実力では、試験委員が求める合格レベルの答案を書けるとは思えませんでした。そこで、自分の努力しだいで合格可能な養成課程を選択しました。

入学前は、より実務に近い演習を中心にできると考えていました。ただ、期待が大きすぎたのかもしれませんが、思ったより実務的なことはできませんでした。もちろん、1回1回の実習は勉強になりましたが、指導教官が毎回つきっきりで指導してくれるわけではないので、ヒントとして与えられる情報から少しずつ勉強していきました。その結果、時間はかかりましたが、自分なりのやり方やノウハウを身につけることができたと思います。

― 名古屋商科大学大学院の特徴は何でしょうか。

松島:MBA色が強いのが特徴です。受講生には大企業の幹部候補生や、すでに診断士資格を保持している人もおり、授業のレベルは高く、いままで考えてこなかった視点や気づきを得ることができます。座学はMBAの授業と同じで、実際のケース(事例)を使い、自らが経営者の視点で考え、プレゼンを行います。2年間で200ケース以上を学ぶことができ、そのケースが診断実習でもヒントとなり、実習で役立っていると実感できます。

また、(社)中小企業診断協会とのつながりが強い方や独立診断士が実習の指導教官であるため、卒業後も中小企業診断士としてのさまざまなアドバイスをいただくことができ、MBA等の人的ネットワークも構築できます。積極的に行動すれば、海外留学生との交流も可能です。

一方で、MBAの学生とともに相対評価で成績がつけられるため、養成課程の学生と言えども、成績が悪ければ容赦なく不合格となりますし、実習中の評価においても、成績が悪ければ不合格となります。ここ数年、成績や出席日数不足により、1~2割の方が養成課程を終えることができていません。しかしそれが、中小企業診断士としてのレベルを引き上げる要因の1つになっています。

(つづく)

【参考】