経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

目指せ! 中小企業診断士

さまざまな中小企業診断士登録養成機関の実態に迫る

取材・文:岩村 信寿山下 典明

【第2回】中小企業診断士養成課程交流会参加メンバーに聞く [1]

取材日:2012年9月30日

第2回目の今回は、中小企業診断士養成課程交流会に参加されている城西国際大学大学院の山下典明さん、千葉商科大学大学院の折笠勉さん、東洋大学大学院の中村秀剛さん、名古屋商科大学大学院の松島大介さんの4名に、各養成機関の特徴やご自身のお考えをうかがいました。

<城西国際大学大学院・山下典明さん>
特徴:中小企業診断士、MBA、ITコーディネータを取得可能な2年コース

― 診断士資格取得を目指したきっかけを教えてください。

山下典明さん
山下典明さん

山下:私は現在、人事労務系を専門とする中小企業診断士となることを決意し、社会保険労務士法人D・プロデュースに勤務しています。以前は約10年間、IT企業でSEとして、現場でのボトムアップ活動を地道に行っていました。しかし、労使間の壁を破ることができない現実と直面して、労働者側の一方的な考えになっていた自身を反省し、使用者側の考えも知る必要性を感じました。これをきっかけに、診断士資格の学習をすることになりました。

― 診断士資格取得後に目指すのは、どのような姿でしょうか。

山下:人事労務、特に組織コミュニケーションに専門性を発揮する中小企業診断士でありたいと考えています。コンサルティングはもちろん、セミナー講師にも積極的にチャレンジしたいですね。「日本らしい国内産業」、「活力にあふれる職場環境の構築」、「子どもたちが誇りに思う日本」の実現のため、少しでも役立てる中小企業診断士になりたいと思っています。

― 山下さんは、1次試験通過後に養成課程を選択されたわけですが、養成課程を選択された理由や目的をうかがいたいと思います。養成課程に入る前に何を期待し、希望されていたのか、またその思いと現実とのギャップについてお聞かせください。

山下:養成課程に入る前は、「何かを教えてもらえる」という受け身的な期待はしていませんでした。むしろ、「自分を追い込める環境を手に入れたい」という気持ちで養成課程を選択しました。もちろん、MBAや診断士資格を取得することも重要ですが、一番の目的は、そうした環境に身を置くことにありました。

実際に入学すると、先生方から実務的なことを学ぶことも多々ありましたが、一緒に勉強している仲間から学ぶことも多かったですね。同期の方々は皆、社会経験が豊富で、コンサルタントをやっている方、会社の重役に就かれている方なども多く、たくさんのことを学びました。こうした多種多様な人脈を得ることができ、大学院に入って本当に良かったと思っています。

― 城西国際大学大学院を選んだ理由を教えてください。

山下:まず、他校に比べて学費が安い点がポイントでした。また夜学中心なので、会社勤めをしながら通える点や、麹町駅(東京都千代田区)から近く、自宅から1時間以内で通える点も私にとっては重要でした。診断士資格に加え、MBAやITコーディネータ資格の取得が可能な点にも魅力を感じましたね。

― 城西国際大学大学院の特徴は何でしょうか。

山下:城西国際大学大学院は教育面で、国際化とITを重視しています。先生方は実務経験が豊富で、特にIT系企業出身者が多く、比較的高齢という特徴があります。また、診断実習が関東近郊で行われるため、実費負担がほとんどありません。平日夜と休日を利用して受講でき、比較的仕事との両立がしやすい環境だと思います。

<千葉商科大学大学院・折笠 勉さん>
特徴:地元商工会議所との連携が活発な土日集中型の2年コース

― 診断士資格取得を目指したきっかけを教えてください。

折笠 勉さん
折笠 勉さん

折笠:現在、所属する企業の親会社の役員をしていた際に、経営危機を体験しました。そのときの痛恨の思いから、経営に関する理論を身につける重要性を認識し、経営理論を体系的に学ぼうとの思いに至り、診断士資格を取ろうと思いました。

― 診断士資格取得後に目指すのは、どのような姿でしょうか。

折笠:現在、60歳になったことから、コンサルタントとしての独立を目指しています。いまの会社を退職後は、国際的な展開も視野に入れていきたいと考えています。現在、別のビジネススクール(横浜国立大学大学院)でファイナンスを勉強していますが、近い将来に会社を立ち上げ、金融・財務にも精通し、アジアへの進出も視野に、グローバルな経営・金融のコンサルタントとして活躍したいと思っています。

― 折笠さんは、1次試験通過後に養成課程を選択されたわけですが、養成課程を選択された理由や目的をうかがいたいと思います。養成課程に入る前に何を期待し、希望されていたのか、またその思いと現実とのギャップについてお聞かせください。

折笠:2次試験について資格予備校で指導を受けた際、「出題者の意図を汲み、キーワードを入れて回答する」という対策・テクニックを中心に学びました。しかし現実の診断では、そのように一筋縄ではいかないと思いますし、整合性があるかどうかを見極めるほうが大事だと考えた結果、養成課程を選択しました。

私が養成課程を通じて一番良かったと思うのは、実習において、普段私たちが見られない企業の財務諸表やオペレーション等を確認し、自分の頭で考えて診断する機会を得られたことです。特に私の場合は、製造業に勘が働かなかったのですが、薬品会社の診断をした際、製造ラインやサイクルタイムをストップウォッチやビデオで計ったり、動線分析をしたりという体験ができてとても新鮮でした。

逆に残念だったのは、授業の質にバラツキがあったことです。しっかりと準備がされて、わかりやすい授業があった反面、1次試験で学習した範囲の話をくり返したような授業もありました。

そのほかに良かったことは、2年間をともに過ごすこととなる養成課程のメンバーとの出会いですね。たとえば、それ以前は金融機関の方と知り合う機会はあまりありませんでしたが、養成課程で知り合えたことで、さまざまな相談もできるようになりました。

― 千葉商科大学大学院を選んだ理由を教えてください。

折笠:私の場合は通いやすさで、自宅が近いので自転車でも通えたこと、また修士号が取得できる点も理由の1つです。修士論文を書くのは厳しかったですが、IFRS等、養成課程で学べない知識も習得し、商学修士を取得できたことは、非常に貴重な経験でした。

― 千葉商科大学大学院の特徴は何でしょうか。

折笠:授業が土日コースなので、平日夜は遅くなることが多いサラリーマンには最適で、通いやすいことが挙げられます。また商工会議所、商工会等、地元企業との連携があり、卒業後も連携の道が開かれていることでしょうか。さらに、自分の机とロッカー、充実した図書館等、学習環境が整っている点も特徴の1つだと思います。

【参考】