経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

目指せ! 中小企業診断士

「目指せ!中小企業診断士」×月刊『企業診断』「伝説の合格者たち」 コラボレーション企画・座談会 合格の鉄則は自らの診断士像を描き、信じ抜くこと

取材・文:堀切 研一(中小企業診断士)

【第4回】「気づき」を克服するごとに、合格へ近づく [1]

参加者:鈴木孝史/黒澤元国/斉藤初和/中尾桂子(第1回発言順)
取材・文:堀切 研一(中小企業診断士)

取材日:2009年10月4日

回を追うごとに、参加者からの「金言」が多く聞かれるこの座談会。受験生の皆さんはもちろん、中小企業診断士の皆さんも必見です。

合格に足りないものに気づくことが大切

司会(堀切):今までのお話とも関連しますが、自分の答案を活用して、何か改善点を見つけることはできないでしょうか。たとえば、斉藤さんは「気づきノート」をつけられていましたよね。これは、過去の自分の答案を材料に、"ひとり淡淡くん"(第3回参照)をつくっているのかなと思ったのですが。

斉藤:そうですね。過去のダメな点を探して、本番ではやらないように気をつけていました。

黒澤:それが「気づき」ですよね。気づきノートをつくれる人は、ある程度合格のイメージが頭の中にできているのだと思います。

斉藤:そうですね。

黒澤:だから、「気づかないノート」があったら面白いですよね(笑)。

鈴木:「気づきは何でしたか?」と聞かれたら、それは一人ひとり違うはずなんです。足りないものは、それぞれ違うわけですから。「私は、これで受かりました」とは言えるけど、同じことをほかの人がやればいいかとなると、それはまた別ですね。

司会:気づきノートや「ファイナルペーパー」をみせてほしいと言われることはありませんか。

中尾:ありますね。でも、それは危険なんです。

黒澤:気づきノートやファイナルペーパーは、その人にとっての気づきであって、全員にとっての気づきではないということですね。

斉藤:そうなんですよね。

中尾:ほとんどの人は、同じような教材で学習していますし、斉藤さんから先生の言葉に感動された話もありましたが、多くの人が同じ教室で同じことを聞いているのに、全員が受かるわけではありません。気づいていることは、一人ひとり違うんですよね。他人のファイナルペーパーをもらっても、使えない。

鈴木:勉強会では、受験生にファイナルペーパーをつくってもらっていますが、「知識は書くなよ」とアドバイスしています。「今の冷静な自分が、試験当日に舞い上がっているであろう自分に対し、心構えや姿勢をどうアドバイスするか」という視点でつくるように言っています。

ファイナルペーパーは自分への応援メッセージ

司会:試験当日はある意味、自分ではなくなるということですか。

鈴木:そうですね。自分でなくなるから、落ちるんです。

司会:それが前提なんですね。

斉藤:事前に心構えを保存しておかないと、当日に思い出そうと思っても思い出せないんです。

鈴木:舞い上がった瞬間に、もうダメですね。でも、事前に自分の言葉で書いておくと、「あ、これはこのとき、こういう気持ちで書いたんだ」と思い出して、冷静になれる。

司会:ちなみに、鈴木さんはファイナルペーパーにどんなことを書かれたんですか。

実際の鈴木さんのファイナルペーパー

実際の鈴木さんのファイナルペーパー

黒澤:なるほど。マインドコントロールですね。

司会:自分がどういうプロセスで迷うかも、書いてあるわけですね。

鈴木:はい。当日はこうなるだろうな、と想像して書いたんです。休憩時間に何度も読み込み、何度も言い聞かせてから、試験に臨みました。言い聞かせた後は、目をつぶって心を落ち着かせることに集中していましたね。

中尾:勉強会で感じるんですが、真面目に勉強している人ほど、「ファイナルらしくないペーパー」をつくっていて......。

斉藤:ありますね。

中尾:テキストみたいなものをつくっている人もいます。そうではなくて、最後に持っていくものですから、1枚に収まるぐらいに絞らなければいけないんです。最後は、課題を消すための勉強をするんですね。どうやったら課題が消えるかをよく考えましょう、とアドバイスしています。これ以上、課題を増やさないでって(笑)。

黒澤:私もいろいろ書きましたが、読んでいるのは心構えのところだけでした。たとえば、「決め打ちせず、複数の候補を考えろ」とか、「設問をよく読め」とか、本当に基本的なことです。

鈴木:試験直前に知識を詰め込んだところで、頭に入るわけがないじゃないですか。

司会:むしろ、直前に頭に入ってきた知識を無理に使おうとしてしまうのは、危ないですよね。

鈴木:それができるのは、頭が働いている組織事例の前だけでしょう。それ以降に、テキストを広げて勉強している人もいましたよ。「あんた、元気やね。試験のとき、どんな頭の使い方をしたの?」って思いながらみていましたけど(笑)。

黒澤:当たり前のことを確認するだけでいいんです。

中尾:私の場合、脳を休ませよう、と(笑)。

鈴木:ファイナルペーパーに知識を書いている人は、ちょっと考え直したほうがいいですよ。

中尾:私は、自分への応援メッセージを書いたらいいと思います。

黒澤:いいですね。そのとおりだと思います。

鈴木:ブログに、「試験を受けてきます」と書いたとき、「お前の性格はこうだから、ここには気をつけてや!」ってコメント欄に書いてくれる。そんな感じでいいんですよ。それを、自分で自分に書くんですね。

黒澤:「この期に及んで知識の確認をするな」と、自分に言い聞かせるべきですね。知識の確認をしたとたん、そればかり頭に入ってしまいますから。最後は、「丁寧な字で書け」とか、そんなことのほうが大切です。

中尾:そうですね。私も、「丁寧に、丁寧に」と思いながら書いていました。

黒澤:私は、丁寧な字を書くことで、印象点でも何でもいいから、1点でも多くもぎ取りたかったんです。「こんなに丁寧に書いた人を落としたら、かわいそうだろう」っていうぐらい、丁寧に書きました。

鈴木:受験生の添削をやっていても、字がきれいなのはいいなぁ、と思います。第一印象で、ものすごくいいことが書かれているように感じるんです。

黒澤:私が狙ったのも、そこなんです(笑)。

鈴木:私は字が下手なので、下手なりに、丁寧に書いたことだけは伝わるように気をつけていました。コツは、ひらがなを丁寧に書くことです。そうすると、全体の見栄えがよくなるんです。

中尾:たしかに印象が変わりますよね。

黒澤:字を丁寧に書くときは、すごく頭を使うので、考えが雑にならないんです。私の場合、雑にメモをとったときは、与件をきちんと読めていないことが多い。

司会:字と思考の丁寧さは、連動していると。

黒澤:字は口ほどにモノを言う、ですね。

鈴木:じょうずか下手かではなくて、自分なりに丁寧に書けば、読む人にも伝わるものです。

中尾:読んでもらおう、という気持ちは、字に出ますよね。