経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

目指せ! 中小企業診断士

「目指せ!中小企業診断士」×月刊『企業診断』「伝説の合格者たち」 コラボレーション企画・座談会 合格の鉄則は自らの診断士像を描き、信じ抜くこと

取材・文:堀切 研一(中小企業診断士)

【第3回】2次試験は「価値観」を確かめる試験 [1]

参加者:鈴木孝史/黒澤元国/斉藤初和/中尾桂子(第1回発言順)
取材・文:堀切 研一(中小企業診断士)

取材日:2009年10月4日

大好評の座談会企画も、はやくも第3回。個性溢れる参加者の皆さんの勢いはとどまるところをしらず、議論は笑いを交えつつ中盤戦へ。

中小企業診断士に求められる「価値観」とは

司会(堀切):先ほど、黒澤さんから、試験委員が求める答えを書けばいいのでは、というお話をいただきました。本試験でも、題意を捉えることが大事だといいますよね。ここでは、本試験ではいったい何が求められているのかを議論したいと思います。中尾さんは、どう感じていらっしゃいますか。

中尾:問われ方が直接的でない問題が多く、何を聞かれているかを把握することが難しいですね。それを把握するためにどうしたらいいか、悩ましいです。私の場合、過去問重視の勉強をしていました。まったく同じ問題は出ませんが、突き詰めていくと、本質的には同じことを聞かれていると思うんです。過去問を何度もやっていると、「ここはきっと、こう答えてほしいのだろう」とわかってきます。それと、出題の趣旨が出るようになって、合格後に手打ちでWordに起こす作業をやったところ、毎年同じ内容だということに気づいたんです。顕著に表れているのが、事例3ですね。

司会:事例1から事例4まで、横断的に似ているところはありますか。

中尾:どの事例も骨子は似ていますね。よく出てくるのは、「助言能力」、「問題解決能力」、「分析能力」などを問う問題である、という言葉です。「発想力」を問う問題というのは、ほとんどありません。ということは、ひらめきは問われていないのだと思います。マニアックな事業をされているたったの4事例を解いて合格すると、中小企業診断士としてどこに行っても大丈夫、というお墨付きをもらえてしまうわけです。しかも、時間制限80分で無理やり解答する。「日本語としてどうなの?」という内容を書くこともありますが、それでも基準点を上回れば、中小企業診断士になれる。「その意味が何かをよく考えたほうがいい」と先輩に言われてきました。

斉藤 初和 氏
斉藤 初和 氏

司会:そんな短時間で、中小企業診断士を選別している意味ですか。

中尾:はい。わかりやすい設問は、そのまま素直に答えたらいいと思うんです。問題なのは、何を聞かれているかわからない問題です。各事例、1問か2問はありますよね。そういうときは、自分が目指す診断士像や、中小企業診断士になって中小企業に何をしてあげたいのかといった、その人の考えで答えたらいいのだと思います。

私が合格した年の組織事例では、組織がゴチャゴチャしていて、従業員が不満を持ったまま事業をやっているという内容でしたが、どうしたらいいかは問われていないんですね。私は、「提案することは求められていない」と判断しました。まずは、ゴチャゴチャしているのを整理することが求められている。であれば、与件に書いてあることで、私なりに整理しましょうと。題意をどう解釈するかが、自分の価値観につながってくるのだと思います。そのまま2次試験に当てはめていくと、どうしたらいいかわからないときには、「価値観」で勝負するしかないんじゃないかと思うんですよ。

司会:どういう価値観ですか。

中尾:個人の価値観は否定しませんが、「中小企業庁(国)が求めている価値観」で試験は設計されているから、それと自分の価値観にギャップがあるうちは、受からないんだろうと思います。その2つが近づいてきたら、受かりやすくなる。だから、題意で困ったら、価値観で書くしかないんです。「自分はこういう価値観で診断したいと思っていますが、この姿勢でいいでしょうか?」と逆に問いかける感じです。私は2次試験が終わったとき、落ち込んで天井を見上げていたタイプですが、「受験勉強ではこういう準備をしてきました」ということだけは表現できました。これでダメならば、また頭の中を切り替えて次に臨もう、と思っていましたが、結果的に「その考え方には合格点をもらえたんだな」と思いました。皆さん、言葉のテクニックは勉強されているので、そういった価値観や考え方をじっくり考えてみるのも、大切なんだと思います。

事例ごとの得意・不得意はありえない

黒澤:私は、科目ごとの得意・不得意って、本来はあまりないんじゃないかと思っています。「この事例は得意だ」と言う人がいますが、点を取る人は、どの事例もしっかり取るんです。事例4についても、事例1から3まできっちり取れる人は、記述もきっちり取るじゃないですか。取れない人は、どの事例でも取れない。得意な業界があるからといって、点を取れるかどうかは別問題ですね。

司会:逆に、書きすぎて点を取れないことも多いですよね。

鈴木:特に財務は、皆さんが思っているほど点を稼いでいないはずです。「これで指標は合っているから」と言いますが、「この書き方だったら、点数は入らないでしょう」というケースが多いです。

黒澤:指標で大切なのは、分析として何を書くかですよね。「指標が当たったから合格する」なんてことはないと思います。とんでもない指標さえ書かなければいい。

鈴木:問題点の原因をおさえることが大事ですね。

黒澤:どこを問題点の原因と感じたかが大事で、選んだ指標はたまたまこれでした、という流れですよね。事例や業界の得意・不得意で差がつくのであれば、私は受かっていないはずです。秩父の山の中で、海もないところで、ファインケミカルの商社なんかわかるわけないじゃないですか。「海外って何?」って感じですよね(笑)。でも、結果として合格できたので、関係ないんです。

中尾:私はその業界にいるので、その年に受けていたら、事例の会社ではなく、思わず自分の会社の経営戦略を書いてしまったと思います。

黒澤:そうなるんですよ。危ないんですよ。

鈴木:勉強会で、事例企業の業界のことを知っている人に解いてもらったんですが、最初はひどかったんですね。それで、「この業界を知らないことを前提に解いてみてください」と解き直してもらいました。すると、素晴らしい解答に生まれ変わる。

黒澤:業界のことを知っている人は、「この内容はおかしい」と、事例自体を否定してしまうんですね。その事例企業に対してどうなのかを問われているのに。

鈴木:書かれている内容で答えてほしいのに、事例以外から答えようとすると、ダメですよね。

中尾:そうなんです。「ないないづくし」の解答になってしまいますよね。

鈴木:つまり、業界のことを知っている人が有利になるような問題はつくられていないんです。そうしないと、1次試験と同じで、知識を問う試験になってしまいます。与件に書いてあることだけで解答できるように、問題はつくられているはずなんです。