経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

目指せ! 中小企業診断士

「目指せ!中小企業診断士」×月刊『企業診断』「伝説の合格者たち」 コラボレーション企画・座談会 合格の鉄則は自らの診断士像を描き、信じ抜くこと

取材・文:堀切 研一(中小企業診断士)

【第1回】中小企業診断士を目指したきっかけ [2]

参加者:鈴木孝史/黒澤元国/斉藤初和/中尾桂子(発言順)
取材・文:堀切 研一(中小企業診断士)

取材日:2009年10月4日

中小企業診断士のミッションにコミットした理由

合格の鉄則

司会:皆さん、中小企業診断士との接点はさまざまですね。鈴木さんや斉藤さんのように、ご自身やご家族が経営をされているという方がおられる半面、まったく接点がなく、自己啓発として勉強を始められる方も一般的には多いですね。

今まで、連載の取材をして感じたことですが、受験生時代から中小企業診断士試験を受ける目的を腑に落ちるまで考えたり、中小企業診断士のミッションに共感したりすることがとても大切だ、という意見がとても多かったんです。それがないまま遠回りしたり、方向性を間違ったりするのは、もったいないと思います。受験中に意識しておいたほうがよいことなどについて、皆さんが感じられていることを教えてください。

鈴木:勉強会で受験生のお手伝いをしていて感じるのが、何のために資格を取って、何をしたいのかが明確になっていない方が、非常に多いですよね。そういう方は、こちらが何を教えても自分の殻から出ず、聞く耳を持たない。しかし、「自分は中小企業診断士になって、これをやりたいんだ!」と目的がはっきりしている方は、その目的のために自分をおさえられるんです。人の話を素直に聞けるんですね。途中で諦めてしまう方は、その気持ちが弱いのでしょう。「なんで取りたいのか?」ということが後からぐらつくようでは、どうしようもありません。

ですから、黒澤さんのように何年もかかっている方は、本当にすごいと思います。何年もぐらつかないだけの強い動機が、最初からあったということですからね。「多年度の方はいい中小企業診断士になる」と言われるのは、苦労して勉強したという面もありますが、それだけ資格に対する思い入れが強いことも理由の1つでしょうね。

司会:受験生のうちから、中小企業診断士のミッションに、完全にコミットしているわけですね。

鈴木:コミットしていなければ、途中で脱落してしまうんです。私自身、会社の経営が忙しかったからという理由で、1次試験に合格してから26年間も2次試験を受けなかった。これは、中小企業診断士を受験したときの意識が低かったんですね。当時は、1次試験に合格すれば、何度でも2次試験に挑戦できたんです。本当に中小企業診断士になりたければ、どんなに仕事やプライベートが忙しかろうが、受験を続けていたはずです。

26年経ってから再挑戦しましたが、この資格を取って北海道に行き、地元の人たちに溶け込んでお役に立ちたい、という強い動機があったから、合格できたんだと思います。だから、本番でも経営者としての過信を捨て、自分をおさえられたんです。

司会:自分をおさえられた理由は何でしょう?

鈴木:試験に合格したい、と強く思っていたからでしょうね。本当に受かりたいと強く思えば、自分をおさえられるはずです。26年間忙しかったので受けなかったというのも、ただの言い訳なんです。気持ちが強くないとダメです。

司会:気持ちが大切なんですね。

黒澤さんも、中小企業診断士に対する思い入れがとても強いと思いますが、どのような思いで受験勉強をされていましたか。

黒澤:経営指導員という仕事柄、経営者の方と夜に懇親をする機会も週に3~4日あって、寝るのも遅いんです。勉強する時間は朝しかないので、受験生時代から朝5時に起きて勉強をしていました。本当に諦めずにやりたいことがあれば、睡眠をとっていなくても、眠くなくなりますよね。ただ、朝起きても、酔っ払っていることはありますけど(笑)。

目標を持つ、自分の現状を知る、その差を埋めるための行動を起こす、このプロセスは、コンサルティングと受験勉強に共通することで、これこそが中小企業診断士に必須な能力だと思っています。ある意味、試験で5回落とされたことも光栄ですよ。もうやりたくはないですけどね(笑)。今だから言えるし、大変でしたけど、それだけ強い動機があり、宣言したので、やり切ることしか考えませんでした。

鈴木:5年で気づいたのは、早いのかもしれませんね。私は26年経って、2回目の受験を決意したときに、ようやくそのことに気づきましたから。

黒澤:鈴木さんと比べると、5年なんて勉強したうちに入らないのかもしれませんね(笑)。

司会:お2人の中小企業診断士への強い思いが伝わってくるお話ですね。 斉藤さんはいかがですか。

斉藤:私は、ビジネスの基礎を固めたいという目的から入っているので、中小企業診断士に対する強い動機づけは、皆さんのレベルまでは達していなかったかもしれません。

司会:いえいえ、1年目で中小企業診断士を目指されている時点で、相当意識が高いと思いますよ。

斉藤:ありがとうございます。

私が中小企業診断士への思いでいちばん刺激を受けたのが、予備校講師の実務体験談でした。「日本の大部分を占める中小企業が、元気がなくなってきている。だから、日本経済は停滞しているのではないか。自分はそのために、中小企業診断士として中小企業のお役に立ちたい」といったお話をお聞きして、胸にズンとくるものがありました。私も将来的にそうなりたいな、と思えたことが、受験への強い動機づけになりました。

司会:授業の中で、あるべき中小企業診断士像をイメージさせてくれた方がいたことは、大きかったですね。

斉藤:そうですね。大きかったです。そういう先生は、珍しかったですね。

司会:ご実家が自営業をされていて、感じることはありましたか。

斉藤:実際に親が経営をしているわけですが、私からみても基本的なことでできていないことがありました。人間関係の流れの中でやっていることが多いので、理論的なことを私からアドバイスするとしたら、どうすればよいかをイメージしながら勉強していましたね。

司会:経営が身近に感じられるということは、中小企業診断士を目指すうえで大きな要因だったのですね。ありがとうございました。

次に中尾さん、お願いします。

中尾:今は中小企業診断士であることに、社会貢献的な意味合いを強く持っていますが、それは2次試験を勉強するうちに、自分の中で育っていったという感じです。

私の場合、勉強会で、「どうしてこういう事例が出ると思う?」と、つねに問いかけられていましたので、単純に技術で解くのではなく、心構えについても突っ込んで考えるようになったんですね。合格した先輩や、先に勉強を始めている方からもいろいろとお聞きするわけです。中小企業白書を読んで、中小企業の現状やあるべき姿についてディスカッションもします。自分起点ではありませんが、周りに盛り立ててもらった感じですね。「君はきっといい中小企業診断士になるよ!」っておだてられたりしても(笑)、「そうですか!」って素直に受け止めることにして、私が受からないとそう言ってくれた方が困るのではないかと思い、頑張ることができましたね。

司会:周りがそう言ってくれるのはなぜか、聞いたことはありますか。

中尾:知らない人ばかりのところにもどんどん入って、すぐに人と仲よくやっていたからかもしれませんね。

司会:人に共感して、実際に動かれているところをみて、「いい中小企業診断士になる」と言われたんでしょうね。

中尾:自分であまりブレーキをかけないから、周りがサポートしなきゃ、って思ってくれるのかもしれません。

鈴木:中尾さんには、相手をそうさせるものを感じます。まっすぐなんですよね。だから周りが、「自分が中尾さんのためにできることは何か」と考えるんだと思います。クネクネ曲がっていると、周りの人は応援してくれませんよね。「自分が言ってあげなければ、言わない自分のほうが悪い」と思わせてしまうんだと思います。

司会:どれだけすごい人なんですか!(笑)。

鈴木:だから自分が逆の立場になったとき、中小企業診断士として経営者に、「自分が言ってあげなければ」といった共感性をもって接することができるのではないでしょうか。そういう「真剣味」が、今こうやってお話をしていても伝わってきますね。

(つづく)