経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

目指せ! 中小企業診断士

女性診断士座談会 -女性の強みをコンサルティングに活かす

司会:村橋 保春

【第4回】明日の女性診断士にアドバイス

司会:村橋 保春
参加者:八木 田鶴子高重 和枝溝口 暁美

取材日:2008年11月22日

司会:それでは、女性診断士を目指す方々にアドバイスをいただけますか。

溝口さん

診断士を目指す皆さんへのアドバイス

溝口氏:私が、ここまでやってこれた要因は人脈だと思うんですね。
 やはり、コンサルティングというのは自分から、企業のほうに、コンサルティングやらせて下さい、というようなことはできないんですね。
 ですから、やはり人脈というものにとても助けられましたね。
 女性は、やはり診断士の中でも目立つので、そういうことを活かしてやってほしいなと思いますね。

八木氏:やはり最初は、ネットワークが大事だと思うんですね。
 ですから、そのために中小企業診断協会をうまく活用してくれたらいいんじゃないかと思います。
 ちょうど協会のほうも、これから変わっていこうとしているところですし。
 もっともっと会員のニーズに応えられるようにしていこうという姿勢になっています。
 今はまさに、企業だけではなくて、診断士も変革のときであるという意識でやっています。
 シンポジウムでは、協会から企業の経営者を呼んで、経営変革に向けて役に立つ診断士をアピールしたりしています。

前回は、全国から経営革新に成功している企業さんと、その企業さんを診断をしている診断士の方に来てもらって、トークセッションをしてもらって経営革新に診断士がどう役立つのかをアピールしました。
 シンポジウムでは、論文発表会の機会も設けていて最近では女性の参加者だけでなく、受賞者も多いですしね。
 そういった意味では、協会を通じて女性が活躍できる場というのもどんどん増えてきていますしね。
 このように協会のほうも積極的な活動をしていますので、ぜひうまく活用してくれたらいいなと思います。

溝口氏:確かに診断協会は、女性に注目していますね。
 ワークライフバランスに関して中小企業がどのように取り組むべきかといった報告書も協会から私が所属している女性診断士の会(エルズ)に委託されていますし。

司会:診断協会には、女性のグループといったものはあるんですか。

八木氏:あります。
 私が診断士になってすぐに「女性診断士の会 Ami」というものをつくりました。
 女性がもっと、診断士の仲間のなかに溶けこめるように、会で教えあっていくためにグループをつくりました。

溝口氏:今でも活動しています。
 今は、私が幹事をやっています。
 二ヶ月に一回、例会といったものをやっております。

司会:協会以外の場で女性のグループをつくったりすることはないんですか。

溝口氏:私は、同期の女性でグループをつくっていまして、今も活動をしています。
 女性だけで活動していまして、それこそ、女性向けのセミナーだとか企画を立ててやっていますね。

八木氏:そういったネットワークとして協会などを利用していただければな、と思います。

司会:それでは最後に、これからみなさんはどのような方向に向かおうとお考えかをお伺いしたいと思います。

高重氏:私は、活力ある「人財の森」をつくるお手伝いですね。
 多様な人財づくりをしていくことが大事だと思っています。
 企業や組織にとって有益な人財をつくるということだけではなくて、この社会の中で、自分の持っている能力を活かせるような場づくりのお手伝いをしていきたいと思っています。

八木氏:私は、診断士をやる人間として、いろいろな人と出会い、ネットワークをつくること。
 そして、その人との付き合いを大事にすることですね。
 そうしたなかで、中小企業の経営者の方ともお互いに、支援できるような、教えあえるような関係を作っていきたいですね。
 相談者にも支援するけども、それだけじゃなくて、自分も教えていただいて成長することでお互いに良い関係をつくっていきたいですね。
 診断士としてそのような仕事をしていきたいと思っていますね。
 その先には、売り上げというよりも、みんなで良くしていこうねという取り組みをしていこうと思っております。

溝口氏:診断士として依頼される側として、仕事として、リアルな結果を出さなきゃいけないという現状はあると思うんですね。
 コンサルタントとしてできなければいけないというのはやはりあります。
 でも、その一方で、みなさんの言われたような地域とか社会に貢献することが大事だと思います。
 東京で得たものを地域になにか貢献していけたらなと思っていますね。

司会:皆様、大変熱心なお話をいただきまことにありがとうございました。女性診断士として、ご活躍の様子をしっかり伺いことができました。これからもいっそうご活躍されますことを心から期待しております。本日は、まことにありがとうございました。

(おわり)