経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

目指せ! 中小企業診断士

女性診断士座談会 -女性の強みをコンサルティングに活かす

司会:村橋 保春

【第1回】中小企業診断士を目指したきっかけ

司会:村橋 保春
参加者:八木 田鶴子高重 和枝溝口 暁美

取材日:2008年11月22日

中小企業診断士として活躍する女性が増えてきています。男女の違いを語る時代ではなくなりましたが、女性ならではのお話はあるかと思います。今回は各方面でご活躍中の女性診断士の皆さんにお集まりいただき、お話を伺いました。

司会(村橋):本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。今回は、女性診断士の本音をお聞かせいただこうと考えております。にぎやかなお話をお聞かせください。

まずは、診断士資格を取ろうと考えたきっかけについてお伺いできますか。

私たちが診断士を目指したきっかけ

八木さん

八木氏:私が中小企業診断士を目指したきっかけは、仕事で関わりのある方から中小企業診断士の資格について聞いてからですね。そこで初めてその資格の存在を知りました。

当時、私は、会社勤めで企業の経営企画部にいて、中小企業診断士の勉強が会社での仕事に役立ちそうだという思いで資格を目指しました。割としっかり勉強もしましたので、資格には1年で合格しました。周りから難しいという声もありましたし、当時は珍しかったですね。

司会:難しい資格ですので、今でも1年で合格するのは珍しいですよ。

八木氏:そうですね。がんばった甲斐がありましたね。
 資格を取りましたが、資格を生かして独立しようとは、当初は考えていませんでしたね。
 しかし、合格後に中小企業診断士として独立した方の活き活きと仕事をしている様子をみて、独立への思いができていきました。

私自身にとって、当時勤めていた企業のなかには、自分に与えられた仕事以上のものはないと思いました。でも、周りの診断士の活躍ぶりを見ていると、診断士の資格を活かしたおもしろい仕事をしていきたいという夢がふくらんで、独立したわけです。

溝口氏:私が診断士を目指そうとしたのは、上司から中小企業診断士の資格を勧められたことがきっかけです。でも、当時は仕事もいそがしく資格についてあまり考えてはいませんでした。

その後、転職をしたのですが、そこでの会社の仕事は経理の仕事ばかりでした。もっと経営の本質に関わるおもしろい仕事をしたいと思うようになりました。ただ、経営に関わる仕事がしたいなどといっても会社は希望する部署に就かせてくれることはありません。
 そこで、診断士の資格を取れば、会社内でそのような仕事もやらせてもらえると思い目指したのがきっかけです。

でも、私の場合合格までがたいへんでした。合格まで5年もかかったんです。
 4回くらい2次まで進んだのですが、なかなか二次が合格できなくて。
 勉強している期間も、会社には診断士の勉強をしていることをアピールしてみたのですが、なかなか反応してもらえなくて。
 その一方で、資格を取得して独立して活躍されている先輩方をみているうちに、次第に独立へ向かって意識するようになりましたね。
 そこで、思い切って試験に合格するために会社を辞めました。

司会:まさに背水の陣をひいて、合格を期したわけですね。

溝口氏:そうなんです。
 それでなんとか合格することができたんです。

司会:なにか診断士の勉強、資格には自らの目標をより前に、より高いところに進めるような魔力があるように感じます。努力の結晶としての合格ですね。
 高重さんはいかがでしょうか。

八木さん・高重さん・溝口さん

高重氏:私は、お二方とは少し違ってはじめからコンサルタントとして仕事をしたいという思いで資格を取りました。
 私も以前は会社勤めでした。
 そこでの仕事は行政関係の仕事が多く、行政サービスの向上に興味を抱いていました。
 当時(90年代初頭)の出来事として、出雲市長に岩國さんが就任され、超一流の民間人の「地方自治体への転身」ということで世間を騒がせていました。
 そういったなかで、行政の経営の向上という面でなにか役立つ仕事をしたいなという思いで資格の勉強を始めました。
 今では、念願どおりの仕事をすることができています。
 それと、私の独立する前の思いは、診断士仲間で編集した本のなかでも紹介させていただいております。診断士を目指してがんばる人たちに元気付けることができればと思って書きました。

司会:診断士を目指すという共通の思いは、結束を固めるようですね。

 

(つづく)