経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

目指せ! 中小企業診断士

受験生座談会―活躍する診断士を目指して

司会:村橋保春

【第3回】合格後の資格活用イメージ

司会:村橋保春
参加者:花畑裕香/伊東拓/伊藤和志

取材日:2008年09月30日

司会:受験はその資格の合格後の活用イメージをどのように持つかが大切だと思います。皆さんは、合格後どのような活躍を目指していますか。

資格取得後の活動をすでに始めている

伊東氏・花畑氏

花畑氏:大学院では、修士論文の他、プロジェクト(事業計画書の作成)が認められています。そのため、起業希望の学生は特に、在学中に起業の準備を進め、在学中や卒業後に起業しています。
 私は、故郷の徳島ブランドとして育成している「すだち」をテーマに、どのように認知度を上げるのか、プロモーションは、予算は、などブランディングに関する研究をしています。
 そのリサーチのため、関係者にご協力いただき、ゴールデンウィークや夏休みを利用して、関係する所を歩いて回っています。
卒業時には、その研究成果をまとめ、採用していただけるかわかりませんが、徳島県へ提案する予定です。
 卒業後は、診断士として活動をすると同時に、大学院での研究を活かし、地域ブランドの仕事にも携わっていければと思っています。

キーワードは教育

伊東氏:診断士を取って、いわゆる診断士の仕事というような仕事だけではなく、まだまだ色々な面で自分の可能性を探りたいと思っています。自分の中にあるキーワードの一つとして教育というのがあるので、診断士の受験指導は行いたいと思っています。
資格で食べていけるみたいな要素はほとんど期待していませんが、資格の良いところは相手に説明せずに認知してもらいやすいというのがあるのと、ネットワークは今よりは広げやすいというのはあると思うので、その部分に関してはある程度期待はしています。
 将来的には、コンサルタントとしては生きがいを持って働ける職場作りのお手伝いをしたいと思っています。

仕事に迫力を出す

伊藤氏:現在、すでにコンサルタントとして仕事をしていることもありますが、資格を取得したからといって特別な仕事ができるわけではないと思っています。
 私も教育をキーワードとして仕事をしていきたいですね。
 私と会社が共に力を合わせ、いかに楽しい組織を作るか、モチベーションを上げられるか、そしてその会社で人財をどれだけ育成、確保できるか、ということについて常に考えています。
 診断士資格を取得したら真っ先に名刺の肩書きに「中小企業診断士」と入れたいですね。診断士と銘打つことでクライアントからはより一層の信頼感を得ることができると思いますし、何より自分が自信を持つことで仕事に迫力が出るのではないかと考えています。
 ただ、診断士資格は取得までの学習負荷が高い割には、世間一般の認知度は決して高くありません。合格したあとは診断士という資格自体をもっと世に広めたいとも思っています。

伊藤氏・伊東氏・花畑氏

花畑氏: 独立した場合、診断士資格を持っていることは「身分証明」になると考えています。
診断士資格を取得することはきっかけであって、その後の仕事の成否は自分の経験や実績が重要になるのだと思います。

司会:皆さん、お忙しい中、熱心なお話をいただきありがとうございました。受験時代は何かと孤独感を感じるものですが、皆様のように目標を持ち、仲間と励ましあうことが大切だと思いました。今後のご活躍を期待いたします。 本日はありがとうございました。

(おわり)