経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

メディアを診る

仕事し「続ける」心とは

文:高木 麻未

『モチベーションの行動学 仕事にかける人間心理』

なぜ働くのか

人は非常に多くの時間を仕事に費やします。なぜ働くかという根源的な問いに対しては、生活に必要な収入を得るため、多くの知り合いや友人を得るため、自分が持っている技能・資格などを活かしたい・・・と様々な答えがあるでしょう。このような目的を果たすために仕事をする動機づけこそがワークモチベーションにあたると指摘されています。私たちが働き「続ける」ために最も重要なものが、ワークモチベーションです。

本書では、人間が生きていく上で必要不可欠な、生理的で基礎的な動機づけから、二次的な欲求となる社会的動機づけというモチベーションの基礎研究から取り上げ、人が有している多様なモチベーションの中でのワークモチベーションの位置づけを明らかにしています。

仕事を続けるために必要な要因

本書は、「産業組織において管理者が従業員の基本的なワークモチベーションをどう見てきたか」という視点から整理された、4タイプに応じたモチベーションを紹介しています。

「合理的経済」人 自分の利益を最大にするように行動を計画し、そのように行動するタイプ
「社会」人 「仲間から受け入れられたい」、「仲間に好かれたい」という欲求を満たすことが、経済的刺激を与えられることと同等あるいはそれ以上に重要であるというタイプ
「自己実現」人 社会的欲求を満たすことよりも、自分の能力や技能を生産的な仕方で発揮することを重要視するタイプ
「複雑」人 上記3タイプよりもはるかに複雑で、多くのさまざまな欲求や潜在能力を持っているタイプで、その複雑さの面から個人差が大きいタイプ

これらの4タイプに対応して、仕事から得る収入に基づく「経済的な動機づけ」や経営者と従業員や、従業員同士の関係により生じる「人間関係による動機づけ」、より高次の欲求に基づいている「個人の欲求充足となる自己実現」、これらの特徴を兼ね備えた「多面的なワークモチベーション」を章ごとに取り上げています。これらのワークモチベーションの理論とそれに対する批判も含め紹介されており、それぞれのモチベーションの特徴と問題点が把握できます。
 特に、人間関係による動機づけでは、従業員のワークモチベーションのモチベーションの意味とその影響に関して画期的な知見をもたらしたホーソン研究を詳細に説明しています。ワークモチベーションに影響を与える社会的条件として、1.仕事における社会的関係、2.集団活動の特徴、3.コミュニケーション、4.リーダーシップを取り上げ、これらをまとめた経営管理システムを示しています。職場での人間関係がモチベーションに与える影響を、より深く理解できるでしょう。

モチベーションを認識(認知)する

個人が各々、いかなるワークモチベーションを抱いているのか、それを認識する過程が存在します。このような観点は、モチベーションの内容や特性ではなく、モチベーションがどのような心理的過程を経て成立するかという視点からのアプローチといえるでしょう。
 本書ではモチベーションの認知過程も取り上げられています。具体的には「外部環境からの情報や思い出された記憶情報を刺激」とし、「現実にはまだ充足していない潜在的満足を意識することによってモチベーションが生じ」、「自分に開かれていると感じる一連の選択肢の中から、潜在的満足に関する自分の意識とその満足を達成することに関する期待から成り立っている一つの目標を選び出し」、「設定した目標を達成することを意図して行動」し、「目標達成によって何らかの報酬が得られ、満足する」という認知理論の基本的な考え方に基づいたモチベーションの認知理論を紹介しています。
 ワークモチベーションがいかにして人の心で生じるかという過程を知ることで、先にあげられたモチベーションがどのような働きを持つかが、より理解できるでしょう。

モチベーションとは何か

また、最終章では個人と組織との関係に触れ、強いモチベーションが生じるためには仕事に関して設定される作業条件・制度的条件・人間関係的条件の3つの組織的条件と、その仕事に従事する人の個人的条件との間に調和・一致の関係が成り立つことが必要であることを指摘しています。
仕事に対するモチベーションがいかなる要因によって構築されているのか、また、そのモチベーションをいかにして認識するのかといったモチベーションの認識から特徴までを理解できます。本書は、ワークモチベーションを包括的に学び、ワークモチベーションに関する基礎知識を集約する一冊となるでしょう。

『モチベーションの行動科学 仕事にかける人間心理』

『モチベーションの行動科学 仕事にかける人間心理』

佐々木土師二[著]
A5版・142ページ
定価:円(税込)
日本創造教育研究所刊 http://www.nisouken.co.jp/