経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

お菓子教室&食育コミュニティ キッチンスタジオ「横浜ミサリングファクトリー」代表・松本美佐さん

取材・文:平井 彩子(中小企業診断士)

【第3回】相談内容に合わせた中小企業診断士の活用

取材日:2015年5月25日

第3回は、更なるチャレンジで新事業創出に邁進する松本さんの活動と、中小企業診断士との付き合い方や距離感についてお話を伺いました。

クラウドファンディングを利用し、新事業に挑戦

-個人教室向け生徒管理システム「tetoco(テトコ)」を制作中ですが、作ろうと思ったきっかけは。

自分が一番困っていたことだからです。毎月何人もの生徒が「授業の振替をしてください」と希望するのを手動で管理していると、何が何だかわからなくなってしまうんです。データベース管理ができればいいので、アプリやソフトを探していましたが、教室で使おうと思ってもなかなか使い勝手のいい物に出会えませんでした。

-結局、どのように管理しているのですか。

ExcelとWEBカレンダーですね。受講生や卒業生はたくさんいますが、データベース化できていないため、過去に来てくれた人を掘り起こしできないのです。もったいないですよね。本当は定期的にメールでも出せればいいのですが。

他の教室を開いている先生も皆、同じことに苦労しているのです。来てくれている生徒さんがいつ、何のレッスンを受講しているかを管理できていないため、以前に受講したレッスンがわからないとか…。そんなに皆が苦労しているなら、いっそのこと自分で作ってしまおうと思ったのですね。

-新たな事業が増える形になりましたね。

そうなのです。今後の経営を考えたとき、教室の数を増やしていくのは体力的にもきついので、アプリ事業を1つの事業の柱にできたらいいなとは思っています。

-資金調達は大変でしたか。

開発しようにもお金がなく、融資にチャレンジしようと思いましたが、金融機関からは断られてしまいました。たまたま、この事業について地域支援をしている団体に話したところ、ちょうどクラウドファンディングを始めるとの話があり、起案してみればとお声掛けいただいたのです。多くの方の支援があり、無事に希望額の120%で達成し、横浜市の「クラウドファンディング活用セミナー」で成功事例として取り上げられ、登壇する機会もいただきました。

-テトコの開発にも中小企業診断士を活用しているそうですね。

IT系に強い専門家に、ある程度最初から見てもらおうと思っていたんです。「横浜市有望ビジネスプラン事業化助成金」に採択されており、その中での10回のコンサルティングを利用して、ITに強い専門家の方をお願いしました。事業の最初から見てくれる方が1人ついてくれているというのはとても安心です。

周囲を巻き込み、自分の力に変える

-松本さんは、ご自身のアイデアや困りごとを色々なところで話していますね。

オープンなところがいいと言われます。どうなるかわからないけれど、今自分はこういうことを考えていると言うと、色々なところで色々な人が反応してくれるのですよね。テトコの開発メンバーにはデザイナーの方に入っていただいていますが、その方も日常会話の中でテトコのアイデアに乗ってくださって参加されています。

それなりの経験と立場をお持ちの方がこの話に乗ってくれているのは、自分に実績がなければだめだと思うのです。ですから、誠実に実績を積むことは大事だなと思います。1つひとつ丁寧にといつも心がけています。今は毎日がとても楽しいです。

-起業するまでの期間もそうですが、すべてにおいて途中でくじけなかったのはすごいですね。

その点は、開業したい方を支援することに関して特にサポートしたいと思っている部分です。何かを始めるにはものすごく勇気がいりますし、私だってちょっとチラシを貼るにしても緊張しましたから、その気持ちがわかります。だから、一歩踏み出すときのお手伝いをしたいのです。

誰かに言ってもらいたい、背中を押してもらいたいという気持ちは皆にありますよね。そして、周囲から押されることで続けるモチベーションになる。自分もそうでしたから。

中小企業診断士に相談できる環境

-相談できる環境があるのはいいことですね。

私は、公的機関の無料相談をフルに活用しています。幸い、横浜では色々な団体が支援をしてくださっていますから、中小企業診断士の知り合いも多くなって助かっています。また、起業したときから今まで同じ先生に見ていただいて、個人的にもお付き合いさせてもらっていますので、わかってくださる中小企業診断士がいるのは心強いですね。

-お金のことも、マーケティング面もシステム開発についても相談されていますね。

この相談はこの方と決めて、うまく相談させてもらっています。今は少しずつ相談の必要がないタイミングに入ってきたかなと感じています。もちろん、個別で必要になるときは相談させてもらっていますが。

-中小企業診断士の活用の仕方が明確で上手ですよね。

中小企業診断士をどう活用したらいいかは、確かにわからない方が多いかもしれません。私は何でも相談する気質だったということと、地域の支援体制が充実していましたので、その環境をすぐに手に入れることができたのは大きかったですね。

-最後に、中小企業診断士を上手に活用する方法がありましたらお願いします。

最初から見てもらえる方、長く付き合える方を見つけることですね。長いお付き合いになると、相手もとても親身に相談に乗ってくれますし、話も早いです。何より自分が安心できますからね。

-今後が楽しみです。

楽しみながら、人生を謳歌します!

(おわり)

【お役立ち情報】

【関連情報】