経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

西武信用金庫理事長・落合寛司さん

取材・文:小野史人菅生將人

【第2回】西武信用金庫での中小企業診断士の育成と活用

取材日:2013年12月10日

第2回目は、西武信用金庫が取り組む中小企業診断士の育成と、その活用方法について伺いました。

全店に中小企業診断士を配置したい!

― 西武信用金庫様内部で中小企業診断士を育成する狙いを教えてください。

落合寛司さん

「お客さま支援センター」として総合コンサルを目指す以上、本当は職員全員に中小企業診断士資格を取ってほしいのですが、現実はそうもいきません。中小企業診断士資格の取得については、職員の能力や状況に応じて、さまざまな支援施策を講じています。

忘れてはいけないのが、「資格を取ることが目的ではない」ことです。試験に受かるための勉強も、たしかに必要だと思います。ただ、資格を業務に活用することを考えると、「経営を体系的に学んでほしい」という思いが強いのです。

当金庫では、中小企業診断士の育成の一環として、中小企業大学校に職員を派遣することがあります。そのことには、経営を体系的に学ぶことができる、そして全国各地から集った同志と6ヵ月間、切磋琢磨しながら人的ネットワークを作ることができる、という2点でとても価値があると考えています。

おかげ様で、のべ30人を超える中小企業診断士を育成することができました。本当は全店に1人、中小企業診断士を配置したいのですが、当金庫には事務所を入れると70ヵ所を超える拠点があります。量的にも質的にも足りません。ですから、外部の中小企業診断士をはじめとする専門家と連携して、お客様をサポートするのです。

お客様の客観的な現実と真の課題を把握する

― 西武信用金庫は、独自の専門家派遣制度を作って運用されているとお聞きしました。お客様からの評判はいかがですか。

専門家派遣制度を運用し始めてから10年以上が経ちますが、最初は、半分くらいはうまくいきませんでした(笑)。

理由は2つあって、1つは専門性です。中途半端な専門性ではダメなのです。私たちは当初、それぞれの中小企業診断士がどの分野に強いかがわからなかった。中小企業診断士資格を取る人は相応に優秀ですから、不得意分野であっても、本などで探して勉強し、アドバイスするのです。でも、この内容は、なかなか実務では使えません。アドバイスはできますが、成果は出にくい。

いまは、中小企業診断士の得意・不得意分野、そして経営者との相性を見て、「この課題だったら、この先生」という目利きができるようになりました。もう10数年やってきていますから、ご評価いただいた支援事例や、失敗した支援事例を通じて、たくさんのノウハウが蓄積されています。

もう1つは、中小企業診断士は、提案はするけれどフォローが弱かった。提案書を作ることまでが仕事で、改善することが仕事になっていなかったのです。

改善の方向性を提案されて、「これはいい!」と思っても、実行できるかどうかは別問題です。改善を実行する段階でも、さまざまなアドバイスをしていかなければなりません。いまは、フォローを一部職員にやらせていますが、本来、中小企業診断士は自ら提案した改善策については、成果を出すところまでフォローしてほしいですね。

― 現場の営業店が、「中小企業診断士を使うことができる」とわかったうえでお客様に接しているのは、大きいことではありませんか。

そうですね。中小企業診断士がお客様にアドバイスする際、うちの職員も同席しますから、お客様の悩みが見えるようになる。言い換えるなら、中小企業診断士を活用して、お客様の客観的な現実と真の課題を把握できるようになるのです。これは、お客様の事業を支援する西武信用金庫にとって、重要なことです。

(つづく)

【参考ホームページ】

落合 寛司さん

落合 寛司(おちあい かんじ)
西武信用金庫理事長。中小企業診断士。
1973年西武信用金庫入庫。2010年6月より現職。「お客さま支援センター」のもと課題解決型提案活動を積極的に展開し、預金・貸出金の増加額、預貸率は信用金庫のトップクラスの業績。また組織内では定年を廃止するなど積極的な経営を展開。中小企業庁・中小企業政策審議会の委員、サプライヤー中小企業の事業展開のあり方に関する検討会の委員、'日本の未来'応援会議~小さな企業が日本を変える、のメンバーをはじめ、一般社団法人首都圏産業活性化協会の理事、関東経済産業局・成長産業育成戦略検討委員会の委員、金融庁金融審議会・専門委員に就任するなど、数多くの公職にも携わる。

会社名 西武信用金庫
設立(発足) 昭和44(1969)年
代表者(理事長) 落合 寛司
本社所在地 東京都中野区中野2-29-10
TEL 03-3384-6111(代表)
FAX 03-5340-2118
ホームページ http://www.seibushinkin.jp/