経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

西武信用金庫理事長・落合寛司さん

取材・文:小野史人菅生將人

【第1回】西武信用金庫が一番大切にしていること

取材日:2013年12月10日

お客様支援を重視し、ビジネスマッチングのためのビジネスフェアfrom TAMAの開催や、経営課題解決のための自前の専門家派遣制度も行っている西武信用金庫。預貸率は69.65%(平成25年9月30日現在)と、信用金庫トップクラスを誇ります。今回は、西武信用金庫理事長の落合寛司さんに、同金庫が一番大切にしていることや、中小企業診断士に期待することを伺いました。

「お客様の課題を解決するビジネスモデル」の実現を目指して

― 西武信用金庫が一番大切にしていること、目指していることを教えてください。

落合寛司さん

いま、私たちがもっとも大切にしているのは、「お客さま支援センター」です。「お客さま支援センター」には「地域に対しての街づくり支援」、「個人の方への資産管理支援」、「企業の方への事業支援」と大きく3つの柱があり、それらの支援を総称して「お客さま支援センター」と呼んでいます。

なぜ、「お客さま支援センター」を立ち上げたかというと、世界経済の主役が先進国から新興国に代わる大きな変革期の中で、日本では産業の空洞化が起き、経済の発展が止まり、成熟社会になってしまいました。また、少子高齢化で国内需要は伸びず、金融機関への借入ニーズも縮小してしまった。このような状況であるのに、金融機関は一生懸命お金を貸そうとしています。その結果、世の中はオーバーバンキングになり、私たちも知らないうちにメガバンクと同じような商品を売って、株式会社の銀行化してしまいました。

協同組織の信用金庫は、お客様保護のために作られました。成熟社会では顧客保護、利用者保護の協同組織の良さをより多く発揮しないと生き残れません。そこで信用金庫の原点に立ち返り、個人・地域・中小企業の事業者の方々のさまざまな課題を解決するために、「お客さま支援センター」を立ち上げました。

「お客さま支援センター」の業務に関しては、できることは自分たちでやりますが、事業支援などで自分たちにはできない内容は、1,000を超える外部の専門家に依頼しています。専門家の1つとして、(一社)東京都中小企業診断士協会もあります。「お客さま支援センター」とは組織のことではなく、お客様の課題を解決するビジネスモデルのことなのです。

体系だった総合コンサルの国家資格=中小企業診断士

― 落合理事長ご自身が中小企業診断士でいらっしゃいますが、資格を目指した経緯を教えてください。

若い頃に担当したある企業が、審査の正しい手順を踏んだ結果、融資ができずにつぶれてしまいました。当時は、そのジャッジが正しかったのかどうかわかりませんでした。審査業務は、見よう見まねや経験則で行うこともあり、職員が審査を行う際の教育ができているのかどうか、疑問を持ったのです。

たとえば、弁護士は国家資格を持ってジャッジをし、スポーツの世界でも審判は資格を持ってジャッジをしますが、私たちは何の資格も持たずに融資の諾否についてジャッジをしています。私は「ジャッジをするならば、専門的な知識を持たなければならない」と思い、体系だった総合コンサルの国家資格を探したところ、中小企業診断士と出会い、資格取得を目指すことにしました。

― 忙しい毎日を送りながら、どのように資格を取得されたのですか。

当時は、営業店で勉強会をやっており、朝や夜など空いた時間に先輩たちと勉強していました。日曜日も、図書館に行くなどして勉強に時間を費やしました。そして庫内試験に合格し、西武信用金庫の第1号として、中小企業大学校東京校中小企業診断士養成課程に派遣制度で行きました。

当時、私は26歳でしたが、理事長以下役員全員が壮行会をしてくれました。いまは日常的に職員を派遣していますが、当時は特別なことで、プレッシャーもすごかったですよ。

(つづく)

【参考ホームページ】

落合 寛司さん

落合 寛司(おちあい かんじ)
西武信用金庫理事長。中小企業診断士。
1973年西武信用金庫入庫。2010年6月より現職。「お客さま支援センター」のもと課題解決型提案活動を積極的に展開し、預金・貸出金の増加額、預貸率は信用金庫のトップクラスの業績。また組織内では定年を廃止するなど積極的な経営を展開。中小企業庁・中小企業政策審議会の委員、サプライヤー中小企業の事業展開のあり方に関する検討会の委員、'日本の未来'応援会議~小さな企業が日本を変える、のメンバーをはじめ、一般社団法人首都圏産業活性化協会の理事、関東経済産業局・成長産業育成戦略検討委員会の委員、金融庁金融審議会・専門委員に就任するなど、数多くの公職にも携わる。

会社名 西武信用金庫
設立(発足) 昭和44(1969)年
代表者(理事長) 落合 寛司
本社所在地 東京都中野区中野2-29-10
TEL 03-3384-6111(代表)
FAX 03-5340-2118
ホームページ http://www.seibushinkin.jp/