経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

銀座セカンドライフ株式会社代表取締役・行政書士 片桐実央さん

宮脇 幹太(中小企業診断士)

【第3回】起業支援専門家の立場から見た中小企業診断士

取材・文:宮脇 幹太(中小企業診断士)

取材日:2013年11月20日

最終回は、シニア起業の支援専門家としての立場から、期待する中小企業診断士像について伺いました。

他士業との連携

― 片桐さんは、シニア層の起業支援事業を進める中で、他の士業と連携する機会はありますか。

片桐実央さん

非常に多いです。私自身が行政書士ですが、ほかに弁護士や弁理士、税理士、そして中小企業診断士など、ほぼすべての士業と関係があります。これは、お客様からの起業相談はもちろん、起業後のサポートのために、分野に応じて連携する必要があるからです。たとえば弁理士の場合、商標と特許など同じ士業でも得意分野が違いますので、起業に関するワンストップサービスを提供している当社としては、お客様のニーズに応えるために多くの士業の方と協業することは必須ですね。

― 貴社の事業において、中小企業診断士とはどのような分野で連携されることが多いのですか。

まず1つは、融資の分野でのお客様に対するアドバイス業務ですね。基本的にはすべて当社で対応していますが、業務の繁忙期には、お客様に中小企業診断士の方をご紹介することもあります。もう1つは、セミナーの講師です。当社では、起業準備を進めているお客様向けにさまざまな分野のセミナーを開催しているのですが、その中でも経営戦略やマーケティングなどについて講師をお願いしています。

個別相談では私がお話ししていますが、セミナーでは、SWOT分析や4Pなど経営戦略のフレームワークは、中小企業診断士の方にご説明いただいたほうが、理論に裏づけられた説得力があると思いますし、ご参加いただくお客様にも納得いただきやすいからです。

起業支援専門家はジェネラリスト

― 貴社の事業は、中小企業診断士の業務とも重なっていますね。

共通する部分もありますが、起業支援という分野全般では異なる要素もあると思います。中小企業診断士の方は、事業計画書の話がメインだと思いますが、当社の場合は、起業準備から起業後のフォローまでワンストップでサービスを提供しますので、幅広い範囲で長期間にわたり、お客様との関係が継続します。具体的には、起業コンサルティング、起業家交流会、レンタルオフィス運営の3本柱です。中小企業診断士の皆さんとは競合ではなく、協業する機会が多いのではないかと考えています。

― 経営者としての片桐さんは、中小企業診断士に専門性を求めていましたが、起業・創業支援をする場面では、守備範囲の広いジェネラリストが求められるということでしょうか。

起業支援の現場では、自分の専門ではないことまで相談されることもありますので、それに対して躊躇なく実践的な助言ができる資質と能力、経験が必要だと思います。相談者それぞれの固有の課題に対して、通りいっぺんではなく、細かいことでもいとわずに対応する姿勢も大事です。

中小企業診断士に求めるもの

― 今後の全国展開に向けて、中小企業診断士とさらに協業していくことも考えていらっしゃるのでしょうか。

片桐実央さん

現在、東京と銀座、横浜で5店舗を運営しており、今後、全国で均質なサービスを提供していきたいと思っているのですが、規模の拡大とともに、私1人で切り盛りすることは難しくなってきます。やはり、事業領域としてもっとも近いところにいるのは中小企業診断士の方なので、当社が不足する部分を補っていただくために、何らかの形でお手伝いいただけるとありがたいですね。フランチャイズ展開を考えていますので、フランチャイジーになってもらうとか、当社に登録していただき、専門家として活躍していただくといった方法も一案かと考えているところです。

― 協業したいと考える中小企業診断士像を教えてください。

ひと言で言うと、相談者に対して親身に接してくれる人ですね。私自身の経験から言っても、相談者側の立場では、さまざまな悩みや希望に耳を傾けて導いてくれるコンサルタントを求めています。起業支援は非常に間口が広い仕事で、従業員の雇用に関することや銀行口座の開設方法、効果的なPRの仕方やチラシの作り方まで、ありとあらゆることに対応して解決してあげないといけません。内容もレベルも本当にさまざまですので、起業関連を全般的に理解して解決できる方にぜひお願いできれば、と考えているところです。

― 本日はお忙しいところ、数々の貴重なお話をありがとうございました。

(おわり)

【参考ホームページ】

片桐 実央(かたぎり みお)
1980年千葉県生まれ。銀座セカンドライフ株式会社代表取締役、行政書士、CFP(日本FP協会認定)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士。学習院大学法学部卒業後、花王株式会社、大和証券SMBC株式会社(現・大和証券株式会社)に勤務。祖母の介護をきっかけに、2008年7月、銀座セカンドライフ株式会社を設立。一生を通じて生きがいを感じる、充実した生活を実現するための「シニア起業」支援をワンストップサービスで行う。NHK、テレビ東京などのテレビ出演、新聞コラム連載、雑誌執筆など多くのメディアで活躍中。著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人~定年後は、社会と繋がり、経験を活かす~』(講談社+α新書)。
銀座セカンドライフ株式会社ホームページ http://ginzasecondlife.co.jp/
レンタルオフィス アントレサロンホームページ http://entre-salon.com/
起業家交流 アントレ交流会 http://ginza-entre.com/