経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

銀座セカンドライフ株式会社代表取締役・行政書士 片桐実央さん

宮脇 幹太(中小企業診断士)

【第2回】経営者の立場から見た中小企業診断士

取材日:2013年11月20日

2013年12月、銀座セカンドライフ株式会社は、革新的なサービスの創造や地域貢献等において多大な成果を上げている企業として、経済産業省の「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選定されました。片桐実央さんへのインタビューの第2回目は、日々、直面する課題に取り組みながら事業を順調に拡大する、経営者の目から見た中小企業診断士について伺いました。

専門家派遣制度を課題解決に活用

― 現在は、社長として自社の経営課題の解決などのために、中小企業診断士に相談や依頼をすることはありますか。

片桐実央さん

特に顧問としてお願いしているわけではありませんが、新しい取組みを行う際は、その都度、各分野の専門家の方を行政から派遣していただいています。いわゆる専門家派遣制度ですね。これまで、テレワーク推進やウェブ戦略の構築、ホームページのリニューアルなどについて、専門家派遣をお願いし、実施しています。また、中小企業診断士の方から提案を受けて、当社の知的資産経営報告書を作成しました。自社の経営課題のすべてについて、自分たちだけで勉強しながら対応していくのは大変ですので、専門家の力を借りてプロジェクト的に取り組んでいきたいと考えています。

現在は、全国への事業展開に向けて、フランチャイズの形態をとろうと考えていて、やはり中小企業診断士の方にその本部づくりなどに関する相談をしているところです。それから今後、取り組んでいきたいと思っているのが、経営革新計画の申請ですね。

― 制度を上手に使われて、課題を1つひとつ解決されていらっしゃるのですね。

そうですね。やはり専門家の知恵やノウハウを取り入れたほうが効果的だと思います。また相談することによって、自分では気づかなかった問題点が明確になることもありますね。これまでお願いしている専門家は、中小企業診断士の方がほとんどです。当社のお客様にも、「専門家派遣制度を積極的に活用しましょう」とお話ししています。

求めるものは専門性

― 経営者として、中小企業診断士にさらに望むことや提供してほしいサービスなど、ご意見をお聞かせいただけますか。

片桐実央さん

まず私が望むのは、中小企業の経営課題の解決をはじめ、より良い経営につながるような特定分野の専門性です。漠然と経営戦略やマーケティングなどのコンサルティングをするのでなく、さまざまな施策やノウハウ、手段で、売上を拡大したり事業を安定させたりといった、具体的な提案とアドバイスができる中小企業診断士の方に、気軽にアクセスできるようになるとありがたいと思っています。

これまでは、テレワークにせよウェブ戦略構築にせよ、自分で公的な制度を調べて、自社が成長するための手段になると考え、専門家の派遣をお願いしました。経営者がすべての施策や制度を知ることは不可能ですから、その会社の成長ステージに応じた提案をしていただけるのが理想ですね。たとえば、知的資産経営報告書については、中小企業診断士の方からご提案をいただいたのですが、設立5年目に入った自社の経営と事業を棚卸しする良い機会と考え、作成しました。自社にとっては、とても良いタイミングでした。

学びが得られる問いかけを

― 中小企業診断士は、経営全般を広く理解しておく必要がありますが、日々、課題に直面している経営者としては、同時に分野ごとの専門性も求めたいということですね。

私自身がもっと経営のことを勉強したいと真剣に考えていますので、理論やフレームワークに加え、より具体的な実例などを併せて教えていただくと、目指すべき方向性が明確になりやすいと思いますね。ヒアリングや質問はもちろん必要ですが、もっと説明していただきたいと思うこともあります。相談相手に知識や考え方をインプットしつつ、目指すべき方向へ導くくらいの話の持って行き方でちょうどよいのではないでしょうか。

質問でこちらのアイデアや考えを引き出していただきながら、また違う角度からの質問を返してもらい、大きな気づきや学びを得ることもありました。自社の経営について、そのような相談やヒアリングの場を持てると、終わった後に自分が非常に成長した気持ちになれますね。

(つづく)

【参考ホームページ】

片桐 実央(かたぎり みお)
1980年千葉県生まれ。銀座セカンドライフ株式会社代表取締役、行政書士、CFP(日本FP協会認定)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士。学習院大学法学部卒業後、花王株式会社、大和証券SMBC株式会社(現・大和証券株式会社)に勤務。祖母の介護をきっかけに、2008年7月、銀座セカンドライフ株式会社を設立。一生を通じて生きがいを感じる、充実した生活を実現するための「シニア起業」支援をワンストップサービスで行う。NHK、テレビ東京などのテレビ出演、新聞コラム連載、雑誌執筆など多くのメディアで活躍中。著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人~定年後は、社会と繋がり、経験を活かす~』(講談社+α新書)。
銀座セカンドライフ株式会社ホームページ http://ginzasecondlife.co.jp/
レンタルオフィス アントレサロンホームページ http://entre-salon.com/
起業家交流 アントレ交流会 http://ginza-entre.com/