経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

一般財団法人女性労働協会専務理事・福沢恵子さん/業務第二課(起業セミナー担当)・富尾木綾子さん

取材・文:鈴木 佳文(中小企業診断士)

【第2回】女性の就業支援で求められること

取材日:2012年12月10日

前回は、起業セミナー講師、起業相談窓口の活動で、中小企業診断士への高い評価をいただきました。今回は、これから女性の就業支援に関与したい中小企業診断士に向けて、現場で求められることなどをうかがいました。

現場で求められるのは「共感力」

― 中小企業診断士で、これから女性の就業支援にかかわりたい人のために、現場で求められていることを教えてください。

福沢恵子さんと富尾木綾子さん
福沢恵子さん(左)と富尾木綾子さん

福沢:やはり、女性特有の悩みやスタート時点の社会経験の有無など、さまざまな事情に対して理解を示していただける方でないと厳しいと思います。会社で仕事に集中できる男性と異なり、背景として、家族との関係も大きく影響します。介護などを含め、家庭内でケア役としての役割を担うことも多いですから、自分が体験したことでなくても、それぞれの立場に共感できる力が求められます。一般的に、会社に勤務していない期間はマイナス要素と受け止められがちですが、これまでに起業セミナーで登壇いただいた女性診断士の方々は、会社で仕事をしていない期間を「消費者としての経験」、「マーケティングの実践」といった形で、価値のある時間として捉えるアプローチをしてくださっていて、さすがでしたね。

― なるほど。では、現場で求められていることと現実との間で、ギャップのようなものはありますか。

福沢:地方で、女性の就業にかかわるセミナーなどの講師ニーズがあるのですが、実際には女性の立場に理解を示してくれるような講師が少ないのが現状です。女性の場合、ビジネス語への変換が苦手な方も多いので、夢物語から現実への橋渡しをする必要があります。セミナーでも、知識だけでなく、ワークなども交えながらファシリテートできないと、なかなか成果につながりません。ですので、「講師デビュー講座」でも、ファシリテーションには大きく時間を割いています。

― 公的な窓口相談などはいかがでしょうか。

富尾木:単なる起業ではなく、キャリア相談を伴うことが多いので、窓口相談では対応が難しいようです。女性の創業にかかわる融資など、資金調達に関する環境は追い風と言えますが、個人の心理的な部分(たとえば、子育てや日々の家事に関する悩みなど)を含め、トータルにサポートできる方は本当に少ないです。女性の就業支援においては、起業や就職だけでなく、その方の「生き方」に対する理解も重要となります。

― なるほど。たしかに「共感力」が求められますね。

女性就業支援のプロが増えてほしい

― そういった意味では、中小企業診断士にこそ、トータルサポートをできる力が求められそうです。

福沢恵子さん
講師を務める福沢さん

福沢:そうですね。中小企業診断士が、経営コンサルタントとしてプロの国家資格であるように、私どもの女性労働協会認定講師も、女性就業支援のプロとしてのお墨つきであると考えています。女性の就業支援に興味のある先生方には、ぜひ参加していただきたいです。

― 中小企業診断士としては、創業セミナー講師が入口になりそうですが、特に留意すべき点を教えてください。

福沢:先ほども話題に出ましたが、ビジネスの話だけでなく、女性の生き方相談に対応できることが重要です。創業セミナーはどうしても、事業を始めることがゴールになりがちですが、私どもは「創業しない」ことも選択肢として提示しています。これまでのセミナーや相談でも、人生相談ができない人は満足度が低かったですね。本当であれば、中小企業診断士の先生方にはビジネスの話をしていただくべきなのですが、「迷える私の話を聞いてほしい」というニーズも多いので、これが重要な要素だということをご理解いただく必要があります。

― ビジネスにとどまらない、広範な知見が求められそうですね。

福沢:創業支援にとどまらず、女性の悩み相談に対応できると良いですね。たとえば、家事サービスを利用するにしてもさまざまな種類がありますが、どこに頼んだら良いか、品質は大丈夫かといったことがわからずに悩んでいる方から、アドバイスを求められます。創業や就業以前に、働くための環境が整っていないと、動きようがないのです。

― なるほど。女性の創業で、特徴的なことはありますか。

福沢:やはり、「在宅で」、「お一人で」、「個人事業主で」といった小規模のものが多いですね。先ほど、資金調達では追い風という話もありましたが、実際には経済に影響を与えるような大きな事業を立ち上げる方は少なく、「家庭で子育てをしているけれど、働きたい」といった方が大半ですから、スピードも規模も必要ないのです。どうしても「創業=ベンチャー」といった印象が強いですが、そうではない「スローワーク」というスタイルもあると知っていただきたい。そういう意味では、まだまだ女性の創業支援は環境が整っていないと言えます。

― 生き方や家庭の背景なども踏まえて、相談に対応する必要があることがよくわかりました。次は、中小企業診断士に期待していることをうかがいます。

(つづく)

【事業紹介】

福沢恵子さん

福沢 恵子(ふくざわ けいこ)
一般財団法人女性労働協会専務理事/昭和女子大学特命教授(キャリア開発論)
早稲田大学政治経済学部卒。在学中に女子学生が作る就職情報誌「私たちの就職手帖」を創刊、初代編集長。卒業後、朝日新聞記者を経て、1990年にフリーランスのジャーナリストとして独立。以後、労働・経済分野を中心とした執筆活動のほか、大学や自治体などで就業支援、女性労働、経済関連の取材や講演を行う。「女性の仕事と未来館」運営協議会委員、財団法人21世紀職業財団中央雇用管理アドバイザー、東京家政大学人間文化研究所助教授、同客員研究員、財団法人日本女性学習財団理事、日本女子大学客員教授を歴任。執筆活動や雑誌への寄稿も多数。女性労働に関する分野で、第一人者として活動。

富尾木 綾子(とみおぎ あやこ)
一般財団法人女性労働協会業務第二課
2005年より女性労働協会に入職し、主に広報・ホームページ企画や、女性就業支援セミナーの企画・運営を担当。女性を対象とした起業セミナー、起業相談・イベントの事務局として、多くの受講生とかかわってきた。最近は、全国の自治体、男女共同参画センターなどの講座・研修の企画協力を行う。

団体名 一般財団法人女性労働協会
会長 鹿嶋 敬
所在地 東京都港区三田3-5-21 三田北島ビル4F
TEL 03-3456-4410
ホームページ http://www.jaaww.or.jp/