経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

一般財団法人女性労働協会専務理事・福沢恵子さん/業務第二課(起業セミナー担当)・富尾木綾子さん

取材・文:鈴木 佳文(中小企業診断士)

【第1回】中小企業診断士とのかかわりと評価

取材日:2012年12月10日

一緒に仕事をしたことのある、あるいは仕事を依頼したことのある経営者、行政官、他士業専門家の方などに、中小企業診断士に対する印象や要望などをお聞きする「中小企業診断士に期待する」。今回は、女性労働協会を取り上げます。
 女性労働協会は、働く女性の地位向上および女性労働者の福祉の増進を図ることを目的に、さまざまな事業を展開していますが、女性の就労・創業の分野で中小企業診断士に期待される役割を、専務理事の福沢恵子さんと、業務第二課(起業セミナー担当)の富尾木綾子さんにうかがいます。第1回は、これまでの中小企業診断士との接点とその評価についてお聞きしました。

女性労働協会と中小企業診断士とのかかわり

― これまでの中小企業診断士とのかかわりについて、お聞かせください。

富尾木綾子さん
富尾木綾子さん

富尾木:女性労働協会では以前、「働く女性・働きたい女性への就業支援事業」として、キャリアカウンセリングや起業セミナーなどを実施しておりました。中小企業診断士の先生方には、起業相談の窓口業務や起業セミナーの講師でご活躍いただいていました。

― 現在は、どのような事業を展開されているのでしょうか。

福沢:基本的には、大きく2つの柱があります。ひとつは、女性の活躍推進のための環境づくり、もうひとつ母性健康管理です。環境づくりの中では、育児サポートの他女性が活躍する企業・組織づくりのための研修やコンサルティングも行っており、昨年から「女性活躍推進サポートプロジェクト」、通称"ジョカツ"を始めました。

― 認定講師とは、どのようなものでしょうか。

福沢:経済産業省の管轄でも、女性の社会進出や就業支援にかかわるテーマは重要視されてきていると思いますが、女性が社会でいきいきと働き、活躍するには、キャリア形成、ワークライフバランス、健康など幅広い分野での支援が欠かせません。さまざまな分野で働く女性支援につながるセミナーや、講座などの実施が望まれています。しかし、女性特有のキャリアの課題やニーズを正しく理解し、支援できる講師は、不足しているのが現状です。そこで、働く女性・働きたい女性を支援できる講師を育成する講座の開講と、修了生の認定・登録制度を始めることとなりました。平成25年2月に実施する「第1回講師デビュー講座」には、予想を上回る多くの方からご応募いただき、すぐに満員御礼となりました。今回受講できなかった方にも、なるべく早い時期にご参加いただけるよう、次回は平成25年5月の開催を予定しています。

― 興味や関心を寄せられる方が、たくさんいらっしゃるんですね。

福沢:私どもとしては、中小企業診断士の先生方には今後もぜひ、ご応募いただきたいと思っています。先生方にかかわっていただくことで、私どもも視野が広がりますし、先生方の活動領域を広げていただくことにつながれば嬉しいですね。講師スキルのブラッシュアップという位置づけで、すでに講師としてご活躍中の方もご応募くださっていますので、ぜひ検討していただきたいと思います。

中小企業診断士への評価

― 厳しくても構いませんので、かかわりのあった中小企業診断士への率直な評価はいかがですか。

福沢:とても高く評価をしています。

― ありがとうございます。高評価をいただいて嬉しいですが、他士業の方との違いについてはいかがでしょうか。

福沢恵子さん
福沢 恵子さん

福沢:たとえば社会保険労務士の方々には、労務関係の専門的な話をしていただいています。中小企業診断士の方々には、経営の視点でトータルに見ていただけるのが魅力です。これまでに登壇いただいた先生方は、ご自身が会社と家庭の関係に悩まれたり、独立に関して苦労をされたりした経験も踏まえて、実践的な話をしてくださいました。個人的な成功体験ではなく、理論に裏づけられた再現性のある話をしていただけます。専門性が不足する分野については、先生方のネットワークで信頼できる専門家を紹介するなどしてくださったので、本当に助かりました。

― 女性診断士の活躍するフィールドという印象があります。

福沢:もちろん、講師には女性が多かったですが、相談窓口には男性もいらっしゃいました。女性講師はやはり、女性としてのさまざまな経験をお持ちですし、独立して活動されている「起業の先輩」として、目標になる側面もあります。また、男性にも男性ならではの視点がありますし、私どもとしてはぜひ、男性にもご活躍いただきたいと考えています。

― とても高くご評価いただいて、嬉しいです。これまでに活動されてきた先輩たちに感謝ですね。次は、女性の就業支援現場で求められることと、現実のギャップについてうかがいたいと思います。

(つづく)

【事業紹介】

福沢恵子さん

福沢 恵子(ふくざわ けいこ)
一般財団法人女性労働協会専務理事/昭和女子大学特命教授(キャリア開発論)
早稲田大学政治経済学部卒。在学中に女子学生が作る就職情報誌「私たちの就職手帖」を創刊、初代編集長。卒業後、朝日新聞記者を経て、1990年にフリーランスのジャーナリストとして独立。以後、労働・経済分野を中心とした執筆活動のほか、大学や自治体などで就業支援、女性労働、経済関連の取材や講演を行う。「女性の仕事と未来館」運営協議会委員、財団法人21世紀職業財団中央雇用管理アドバイザー、東京家政大学人間文化研究所助教授、同客員研究員、財団法人日本女性学習財団理事、日本女子大学客員教授を歴任。執筆活動や雑誌への寄稿も多数。女性労働に関する分野で、第一人者として活動。


富尾木 綾子(とみおぎ あやこ)
一般財団法人女性労働協会業務第二課
2005年より女性労働協会に入職し、主に広報・ホームページ企画や、女性就業支援セミナーの企画・運営を担当。女性を対象とした起業セミナー、起業相談・イベントの事務局として、多くの受講生とかかわってきた。最近は、全国の自治体、男女共同参画センターなどの講座・研修の企画協力を行う。

団体名 一般財団法人女性労働協会
会長 鹿嶋 敬
所在地 東京都港区三田3-5-21 三田北島ビル4F
TEL 03-3456-4410
ホームページ http://www.jaaww.or.jp/