経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

株式会社パペラトレーダス代表取締役 西村朋恵さんに聞く

取材・文:柴田昌行(中小企業診断士)

【第1回】学生時代に起業した経緯とその道のり

取材日:2011年8月24日

株式会社パペラトレーダスは、主にアフリカやカリブ諸国に日本の中古車を輸出する貿易商社です。新宿御苑前でインドレストランも経営されています。社員の皆さんの平均年齢は若く、世界的な不況により業界全体の売上が落ち込む中で、堅実な業績を上げています。代表取締役の西村朋恵氏は、大学在学中に共同経営者でもある夫とともに起業し、今年で23年目を迎える女性起業家です。西村氏は、経営者として活躍される一方、家庭では、11歳の女の子と4歳の男の子、2人の母親でもいらっしゃいます。
 そんな多忙な日常にもかかわらず、西村氏は現在、診断士資格取得を目指して勉強中とのこと。西村氏はなぜ、経営者でありながら中小企業診断士を目指していらっしゃるのか。まずは、起業してから現在までの道のりを振り返っていただきました。

ロンドンでの運命的な出会い

― 初めに、起業までの経緯を教えてください。

西村朋恵さん
西村朋恵 さん

私の父方の祖父は、裸一貫で山形から上京して建設会社を立ち上げた(ご実家は現在も、東京・渋谷で西村建設を経営中)起業家です。また母方の祖父も、東京・麻布で電気工事会社を経営していました。そうした先祖からの、経営者としての遺伝子が影響しているのかもしれませんが、小さな頃から「将来は自分でビジネスを立ち上げたい」という思いを強く持っていました。女性ですから、普通は「お嫁さんになりたい」などと可愛らしい夢を持つのでしょうが、そうした思いはあまりありませんでした。

大学時代は、ちょうどバブル絶頂の頃です。ジュリアナ東京のお立ち台で踊ったりもしていました(笑)。在学中、英語を身につけるためにロンドンに短期留学し、留学先のインターンシッププログラムで、ある繊維商社で働くことになりました。そこで出会ったのが、現在の夫でもあり、共同経営者でもあるシェイク・カイザーです。

― 留学先で偶然、出会ったんですね。

共同経営者のシェイク・カイザーさん
共同経営者のシェ
イク・カイザーさん

当時、彼は国費留学生として来日することが決まっていました。私が軽い気持ちで、「日本で困ったことがあったら連絡をください」と日本での連絡先を教えたところ、彼は本当に連絡をしてきたのです。彼は繊維商社社長の息子で、商売人の血が流れています。「日本では勉強だけでなく、ビジネスもしたい」という思いを持っていた点で非常に気が合い、「一緒にビジネスを立ち上げよう」という話になりました。

日本の品質は高い

― 学生の起業ということで、開業資金の調達には苦労されたのではないでしょうか。

資金面で親や周囲に頼ることはしませんでしたので、すべて自分たちでまかなわなければなりませんでした。彼は、昼間は大学に通いながら、夜は印刷工場でアルバイトをして資金を貯めました。私もそれまでの貯金やアルバイトで同じくらいのお金を準備して、2人合わせて300万円の元手でビジネスを始めました。

― なぜ、数あるビジネスの中で中古車輸出業をなさったのですか。

インド料理のレストラン店内
インド料理のレストラン店内
ランチセット
ランチセット

2人とも、特に取り組むビジネスにこだわりはありませんでした。中古車輸出のビジネスを始めたのは、彼の海外の知人から、「日本の中古車を送ってほしい」というオーダーがあったことがきっかけです。最初は、車や輸出業務に関してはまったくの素人で、すべてが手探り状態でした。中古車販売店に片っ端から電話をかけて車を探したり、見よう見まねで輸出関連の書類を作成したり...。当時は、1台あたりの粗利益はいまよりずっと多くとれたため、学生起業としてはびっくりするほどの利益を上げることができました。そこで、すぐに事業を拡大し、1991年に法人を設立しました。

― 起業されてからは、順調だったのですね。

当時から、日本の中古車は世界中でその品質を高く評価され、中古車輸出市場は拡大を続けていました。そうした時代背景に乗じて、当社も順調に売上を伸ばし、それに伴って人員や設備を増強していきました。途中で、100台以上の自社の車を積んだ船が沈んでしまって数億円の負債を抱えたり、新事業に大きな投資をしたものの撤退したりといったピンチもありましたが、何とか20年以上にわたって事業を継続できています。現在の年商は約10億円で、主にアフリカやカリブ諸国向けの中古車輸出と、インド料理のレストランを新宿御苑前で経営しています。レストランは、東京ウォーカーのランキングで1位になったカレーが自慢なんですよ。

(つづく)

【こちらもおススメ!】

西村 朋恵(にしむら ともえ)
株式会社パペラトレーダス代表取締役。青山学院大学で英語を学び、ロンドンに留学後、学生時代に車の貿易事業を開始し、1991年に法人化。夫であり、共同代表でもあるシェイク・カイザー氏とともに、会社を経営中。現在は経営者であるとともに、2児の母であり、中小企業診断士受験生でもある。

会社名 株式会社パペラトレーダス
設立 1991年3月
代表取締役 西村朋恵
所在地 東京都豊島区高田3-20-11
TEL 03-5979-6271