経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

宮坂醸造株式会社執行役員 マーケティング部長・地域活性化担当 杉浦孝則さんに聞く

取材・文:鈴木 佳文(中小企業診断士)

【第3回】中小企業診断士に望むこと

取材日:2011年7月4日

中小企業診断士に対し、理論に偏っているという印象を抱く杉浦さん。ご自身は味噌メーカーの領域にとどまらず、生産者・加工者・販売者をつないで新商品を開発する支援を行っています。経営者の視点だけでなく、支援者としても活動されている経験から、中小企業診断士に求められる役割をうかがいました。

独立診断士には「つなぐ」役割を担ってほしい

― まず、独立診断士に求められることは何だと思いますか。

神奈川県知事に陳情
神奈川県知事に陳情

やはり、私のように現場に出て、「泥臭い」支援をできる人が増えてほしいですね。そしてもう1つ、さまざまな人たちを「つなぐ」役割も担っていただきたいと思います。

― 「つなぐ」というのは、どのようなイメージでしょうか。

私と商店街をつないでいただいたように、なかなか接点を持てない「企業と地域」、「お店とお店」、「メーカーと農家」といった形で接点をつくってほしいですね。一見、利害が衝突するような組み合わせでも、お互いの取り柄を持ち寄れば、1の力が10にも100にもなると思います。

― お互いの取り柄を持ち寄るというのは、素敵な考え方ですね。商店街の支援にはまさに、その発想が大切だと思います。

取り柄を持ち寄るには、お互いをよく知る必要があります。そのためにも、積極的に現場に出て、泥臭い活動をすることが大切だと思いますよ。

― しかし、活動と利益の狭間で、なかなか泥臭い活動につながりにくい現実もあります。

そこは、営業力ですね。実績を上げて、相手が稼いだ分から報酬をいただくような活動の仕方がおすすめです。私はそのつもりで動いているので、短期的には会社の持ち出しになっていますが、早急に改善するように仕組みを考えています。世の中のためになることをしているのですから、活用させていただけるのなら、国の助成金なども遠慮なく使っていいと思いますよ。私が6次産業化プランナーを引き受けたのには、いま行っている活動にプラスになるという計算もありました。中小企業診断士の方たちは、そうした制度に接する機会が多いわけですから、もっと積極的に利用できるのではないでしょうか。

― 営業で道を拓いてきた杉浦さんらしいお言葉ですね。

何をするにしても、まずは販路をつくっておかないといけません。6次産業推進化事業にしても、東京と地方をバラバラに考えるのではなく、東京の巨大な購買力をいかに地方とつなげていくかが大切だと思っています。中小企業診断士の方々にも、代行しろとは言いませんが、実効性の高い支援を期待したいですね。

企業内診断士は「組織の強化」を担ってほしい

― では一方で、独立せずに、会社に勤務している中小企業診断士の役割についてはいかがですか。

商店街で町おこしセミナー
商店街で町おこしセミナー

企業にお勤めの方であれば、ロジカルシンキングも大いに有効だと思います。組織として、効率化は避けられない課題ですから、経営に関する知識を持っている中小企業診断士には、組織の効率を高めることが期待されるのではないでしょうか。

― 以前行った取材でも、「センタープレイヤーになれ」という言葉がありました。ただ、組織の中で学んだことを活かす機会が得られない人もいるようです。

それは、本人の気持ちしだいだと思います。自分自身の仕事で、いくらでも取組めることはあるでしょう。中小企業診断士という資格を持って組織に所属しているのですから、それにふさわしい活動を期待してしまいますね。

― 「資格に伴う責任」といったところでしょうか。厳しいですね。

厳しいですよ。ビジネスの現場で専門家を名乗る以上、そこに責任や期待がかかってくるのは、当然のことと覚悟してほしいですね。

― それだけ期待が大きいという事ですね、どうもありがとうございました。み子ちゃんおじさんの今後の活躍も楽しみにしています。

取材を終えて

自らが最前線に出て、営業で実績を重ねてきた杉浦さんの言葉に、重みを感じます。逆風とも思える状況にありながら、前向きにチャンスをとらえて前進していくのは、並大抵のことではありません。簡単に乗り越えてきたかのようにも聞こえる語り口でしたが、自身の夢や使命を見定め、腹を据えて取組んでいるからこそでしょう。

現在は、マーケティング部長を退任され、丸高蔵のある信州を中心とした地域活性化に専任されることになりました。

支援者として、自らが同じように腹を据えて取組めるのか、あらためて考えさせられる取材でした。

(おわり)

圃場にて

杉浦 孝則(すぎうら たかのり)
宮坂醸造株式会社執行役員 マーケティング部長・地域活性化担当
(株)ピタルドール六本木を設立。(株)セブン-イレブン・ジャパン(株)と専用クッキーギフトを開発。その後、(株)銀座シェルシェを設立し、菓子ギフト事業を拡大。
大学の先輩が経営者というご縁で、食品加工全般に事業展開を広げる構想が一致し、宮坂醸造(株)に入社。創業350周年事業に向けた新規事業の企画、開発、販売に着手。辰巳芳子先生と出会い、大豆自給率の低さに着目。事業展開の中心的テーマを大豆とし、自給率向上、味噌文化の普及活動を開始。現在は、みそソムリエの資格を取得。小学校で味噌「仕込み教室」を実施するかたわら、「具沢山の味噌汁普及」の伝道を行う。農林水産省認定の6次産業推進化プランナーとして登録。現在は大豆の自給率向上や味噌の普及活動を中心に、広く地域活性化事業の応援活動を行っている。
【ホームページ】
宮坂醸造株式会社 http://www.miyasaka-jozo.com/
み子ちゃんおじさんのブログ http://ameblo.jp/mikochan-ojisan/