経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

法政大学大学院政策創造研究科教授・坂本光司氏に聞く

取材・文:大石 幸紀(中小企業診断士)

【第1回】中小企業支援のきっかけ

取材日:2010年8月25日

今回は、法政大学大学院政策創造研究科教授で、著書『日本でいちばん大切にしたい会社』(あさ出版)の大ヒットでも知られる坂本光司氏にお話を伺います。ここでは、坂本氏と中小企業支援との出会いについて、お聞きしました。

人生を変えた、商工労働部への配属

― 坂本先生は、中小企業の経営論についてとても造詣が深いですが、どのようにして中小企業の経営を研究する世界に入られたのでしょうか。

坂本光司氏

学生の頃から、中小企業のことばかり考えていたわけではありません。私は大学を出て、県の職員として就職しました。その頃は、人生の目的や夢について確かな考えはなかったように思います。

でも、たまたま配属されたポストが、私の人生を変えました。商工労働部に配属されたのです。地方の商工労働部の仕事といえば、中小企業の支援や調査です。最初に与えられた仕事は、地元中小企業の景況調査でした。円高になれば、町に出て中小企業の経営者の話を伺います。いま考えると、この仕事をやらせてもらったことが、現在の自分につながっていると思います。中小企業の現場に行く機会を与えられて、新しい発見や驚きを得られる毎日でした。訪問すれば、経営者自らが私に語りかけてくれます。彼らの話から、さまざまなことを学びました。

そして、経営者のもとに何度か足を運んでいるうちに、「この人だったら、相談すれば何とかしてくれるのではないか」と思ってもらったのでしょう。しだいに、「こんなことに困っているのだが...」とか、「こういうことをやろうと思うのだが、あなたはどう思うか」といったように、経営に関する相談をされることが増えてきました。

ところが、その頃の自分は勉強不足で、満足に答えることができません。当時はまだ、中小企業診断士のような専門家で、事務所を構えている方はほとんどいませんでしたので、誰かを紹介することもできません。「自分が答えなければ、彼らには答えてあげる人がいない」と、自分が最後の砦であるかのような使命感を持つようになり、いろいろと調べて勉強し、その相談にお答えする日々が始まりました。

とはいえ、公務員ですので、特定の会社ばかりに何度も行くわけにはいきません。何かほかの仕事があるときの帰りに、相談を受けた会社を訪問したり、昼休みに訪問したりしていました。他の職員は、一度の外出で2、3社訪問するのが普通でしたが、私は一度外出すると、5社も6社も立ち寄るようになっていました。このあたりを境に、自分自身が組織の掟のようなものから外れてきたように思います。

こうして、多くの相談に触れているうちに、回答も的確になってきたのでしょう。中小企業の組合や同業者の会合の際、私が話題に上ることが増え、口コミで評判が伝わり始めました。さらに相談が多くなり、中小企業経営者から頼りにされて、ますます中小企業の支援という仕事にのめり込んでいくようになりました。

商工労働部には、中小企業の経営者から「坂本に相談したい」と名指しで電話がかかってくるようになりました。公務員は、配置転換をくり返し、広く浅くキャリアを積んでいくのが普通ですが、私の場合は中小企業経営者からの指名が多くなったこともあり、上司も異動させることができなくなっていました。私自身も、出世に対してあまり執着がなかったので、15年間ずっと、その仕事を続けることになったのです。

勉強会の立ち上げ

著書『日本でいちばん大切にしたい会社』(あさ出版)他

当時の中小企業施策には、現場のことを本当に理解してつくられているとはいいづらいものが存在していました。その改善を上司に提言するためには、感覚論ではなく理論武装、知識武装をする必要があります。そこで、何人かの知人に呼びかけて、勉強会を開くことにしました。

その会は、静岡県中小企業問題研究会と名づけたのですが、いまでいう産官学の交流会でした。産の中心は、中小企業診断士として活動されている方でした。大学からも数名、あとは役所の政策を立案している方が参加しました。あくまで私的な勉強会という位置づけで、アフターファイブや土曜日の午後など、月に1回くらいのペースで開催していました。私はまだ若かったのですが、言い出しっぺということもあり、事務局を引き受けました。会長は、後から話が出るでしょうが、当時私が尊敬していた中小企業診断士の方にお願いしました。この会は、いまだに月に一度、続けています。

会の活動としては、当時から夏休みを利用して毎年、海外へ視察に行きました。当然、視察の旅費は自腹です。いかに地元中小企業がアジアとの競合を避けるか、アジアのマネできないことをするかという、いまでも通用するようなテーマを研究していました。こうして、私は中小企業支援にのめり込んでいったのです。

(つづく)

坂本 光司(さかもと こうじ)
1947年6月4日生まれ。浜松大学経営情報学部教授、福井県立大学地域経済研究所教授、静岡文化芸術大学文化政策学部教授を経て、現在は法政大学静岡キャンパスキャンパス長・大学院政策創造研究科教授・大学院イノベーション・マネジメント研究科教授。
また、特定非営利活動法人SOHO・アット・しずおか理事長、特定非営利活動法人オールしずおかベストコミュニティ理事長を務める。他に国、県、市長や商工会議所等の団体の審議会や委員会の委員を多数兼務。専門は中小企業経営論、地域経済論・産業論。